亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

   

「あずる」という言葉をご存知でしょうか?

突然この言葉について書き始めたのは、
2016年12月15日、日経新聞文化面に
《方言辞典「あずる」職場救う》
との見出しの記事が書かれていたから。

個人的にとても懐かしい言葉なのです。

阿部啓治さんという、山口県の
方言愛好家の方が書かれたものです。

この方は、ある企業につとめるかたわら、
生まれ育った山口県ならびに周南地域(県南東部)の
方言を記録に残したいと思い、
実際に「山口弁(周南地方)辞典」を出版されました。

その山口さんが、お勤めの会社の作業現場で、
よく使われている方言の一つとして
あげられているのが、「あずる」です。

《あいつはあの現場であずり回しちょるよ》

祖母は瀬戸内海をへだてた
愛媛県東予地方の出身ですが、
この「あずる」をよく使っていました。

《「あずる」とは「てこずる。窮する。もてあます」などの
意味で、より大変なときは「あずりかえす」「あずりまわす」
と表現する》。

祖母が使っていたのは「あずりまわす」でした。
祖母は20代半ばで神戸・大阪に移り、
以後亡くなるまで、そちらで暮らしました。

言葉はずっと故郷のままでした。

祖母が「あずり回る」というと、
その顔や言い方も含め、関西弁や標準語で言うよりも、
より気持ちがこもって、切実に感じたものです。

祖母が「あずり回る」というと、
その顔や言い方も含め、関西弁や標準語で言うよりも、
より気持ちがこもって、切実に感じたものです。

《足を地にすりつけるような動きを表す「足摺る」から
派生したと思われる。「彼はあの現場で作業が進まずに、
大変、困っている」という意味だ》。

四国の高知県に足摺岬がありますが、
あの足摺りが「あずる」の語源かもしれないのですね。

方言はより言葉が心に寄り添うように感じます。
祖母も近所の人と話すときは、姉たちによれば、
大阪弁を使っていたそう。

けれど、自分の本当に話したいことを語るときは、
田舎の言葉を話していたそう。
祖母のお姉さんが元気だったころは、
二人で田舎の言葉で語り合うのが
大きな楽しみだったよう。

お姉さんが亡くなって一番つらかったのは、
田舎の言葉で昔話ができなくなったこと
とも話していました。
(姉たちは大阪の生まれ育ちなので、
田舎の言葉が使えなかったので)

小さい頃に身につけた言葉はまさに母語。
その人を形作るとても大切な存在。

故郷を離れた祖母は、言葉で田舎を
思いだし、確認していたのでしょうね。

仕事がなかなかはかどらない時、
ふと「あずり回る」を思いだし、
「おばあちゃん。仕事にあずりよる」って
つぶやくと、祖母の笑顔と返事が返ってくる
気がします。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

あなたは、知らない場所に行くとき、 スマートフォンの地図アプリを使いますか? 昔 …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …

日本発見の新元素「ニホニウム」。リーダーの森田浩介教授。113円のお賽銭。「準備を怠っていないことの意思表示として神頼みする」

理化学研究所が発見した113番元素の 名前の案を「ニホニウム」にすることになった …

目、肩、背中の凝り・不調。原因は単純だった。40歳過ぎたら、3ヶ月に1度は目をチェック。老眼用コンタクトレンズ。メガネ。

50歳過ぎの男性。 この数年、頭が重い、 目が痛い、背中、肩が凝る といった症状 …

「黒木瞳のひみつのHちゃん」の第72回《「17歳の友」にお孫ちゃん》に思う。

黒木瞳さんが、朝日新聞夕刊に 連載している「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 その7 …

写真俳句に凝っている高齢の知合いが、最近、毎日作っているものとは?

以前、このブログで、携帯電話で写真をとり、 それに俳句を添える、いわゆる写真俳句 …

最新、小学校の遠足事情。おやつは禁止。「バナナはおやつですか?」の質問はできない?

5月、梅雨前のこの時期、 遠足、行楽にはもってこい。 小学校の遠足の時期なんでし …

「重要通知」と言う件名で、セゾンカードのNetアンサーのフィッシング詐欺メールが来た。

2015年12月9日、メールをチェックしていたら、 「重要通知」という件名のメー …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …