亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

   

先日、新聞の書籍広告に

が出ていました。

タイトル通り、子どもが語った
大人が感心するような言葉を集めたものです。

広告にあがっていたのは、
《ママ、いいにおい
ハートのにおい!》

いやー、なかなかですね。

お子さん・お孫さんをお持ちの方は、
一度は、
「うちの子、こんなことを言うなんて、
もしかして天才」って思ったことがあるかも。

友達のお子さんは、4歳位の時に、
ガソリンスタンドの前を通り、
「ブーブーがご飯を食べるところ」と表現したそう。

それを聞いた友達は、
「この子は、将来、天才的な詩人になるかも」
と思ったそう。
ひどく感激し、この話を自分にも
教えてくれたという訳です
(今は、国語のテストも平均点くらいの、
いたって普通の高校生だとか)

数少ない語彙で、なんとかしたいという制約が、
大人をもうならせる表現を生むんでしょうね。

もう一冊、テレビなどでも紹介され、
哲学的と高い評価を得ているのが、

10歳の中島芭旺(なかしま・ばお)くんという男の子が
書いた言葉です。

この芭旺くん。年齢からすると小学生なのですが、
小学校には通っていないのですね。

その変わりに、「おもしろい! 」と思った本の
著者の講演会にひとりで出かけて行ったりして、
自分で勉強しているんだそうです。

本を出したいと思ったこの少年が、
出版社の編集者とやりとりして
出来上がったのが、この本。

誤字を訂正し、句読点を入れ、
改行箇所を変えた以外、基本的に原文のまま。

広告などでも揚げられているのが、次の文章。

《「動物や植物の命を頂きながら人間は生きている。
嫌いだけど食べるなんてひどい。
嫌いなら食べなくていい。
好き嫌いを無くそうなんて、ひどい話。
命を頂くのだ。感謝して頂くだけだ」》

いかがですか。
続いてはこちら。

《「おなじばしょでも
ちがうほうこうをみれば
またちがうけしきがみえる」》

もしかして学校に通わないからこそ、
こうした言葉が生まれるのかもしれません。

その年齢の時にしか、表現できない言葉。
自分は、小さい時、どんな表現をしていたのだろう。

タイムマシーンに乗って、
確かめたくなりました。

母や周囲は、おそらく忘れているだけで、
もしかしたら自分も天才的なことを話したり、
書いたりしていたのかもと、希望をもつことにしましょう。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、 肩も凝るというので、眼科、整体などに …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …

枕元の「宝水」入れに最適なストロー付きのボトル。深夜、のどの渇きをうるおす。脳梗塞の予防にも。

「宝水」をご存じですか? 以前、このブログで書いたことがあるのですが、 旅館など …

現役時代、精算大嫌いだった知人が定年退職後、つけはじめたスマホの家計簿ソフトで節約。

新年になったら、 新たに家計簿をつけて、 節約しようなんて考えている方、 いらっ …

「東京の丸ビルも丸いと思ってた」。人生の中の小さな勘違い。「つもりちがい十ヶ条」

先日、同級生と丸ビル内の居酒屋で お酒を飲みました。 その席で友達が、大阪の取引 …

都内のイオン、シニア向けに朝7時開店。千葉の知合いは無料バスでイオン通い。ウォーキング。

去年の12月初めのことになりますが、 都内のイオンが午前7時から開店 というニュ …

あなたの利き腕はどちら? 反対側の腕、手は使っていますか? 逆を鍛えると脳を活性化し、認知症予防になるとか。

右利きの方、多数派ですね。 事務の仕事をされている方は、 パソコンのキーボードを …

人の心を強くし、力を与える活人剣。「切ってみたいと思わせるなら、それはすでに鈍刀です」。刀匠・河内國平さん。

最近、漫画、ゲームなどの影響で日本刀が好きな女性、 いわゆる刀剣女子が増えている …

「琴安倍も、私情により引退した」。私情の使い方。「私情により欠席」、使いますか?

2015年5月8日、日刊スポーツの記事の 中で気になった表現・言葉が出てきました …

常総市の堤防決壊。糸電話で励まし合った姉妹。直接、顔を見ることの効能、力。

2015年9月14日、夜7時のニュースを見ていました。 茨城県常総市の鬼怒川の堤 …