亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ご馳走続きで知る白飯と水の美味しさ。伯父さんの言葉を正月3日に思い出す。

   

1月3日。

年末年始続いたご馳走に
もう飽き飽きしていて、
残ったおせち、お餅を、どうしようか
と悩んでいながらも、
いつもの食事に戻っているお宅もあるのでは。

こうしたハレの日の食事について
見聞きするたびに、伯父さんの言葉を思い出します。

それは、
「普段食べる白いご飯と、
水道からくんで飲み干す水の美味しさ」です。

普段は、白いご飯、ただの水の美味しさを感じません。

けれど、例えば、たくさんお酒を飲んだ翌朝に
飲む一杯の水は、たとえようもなく美味しい。
普段と同じものなのに。

伯父さんが言いたかったのは、
普段から、そうした白飯、水を
美味しいと思う心持ち・感性を持て
ということ。

日々心を新たにとは思ってはいても、
すべてのことは、慣れてしまい、
当たり前となってしまう。

当たり前を当たり前にしないことを
伯父さんは、上の言葉で戒め
としていたようです。

新たな年のスタートをきったものの、
すでにその思いは薄れてしまった自分。

伯父さんの教えを不意に思い出したことでした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

薪割りと餅つきの共通性は? 薪割りは瞑想法だ。

あなたは薪割りをしたことがありますか? 薪割りは重労働で、肉体は疲れるのですが、 …

「マシュマロ・テスト」。あなたは誘惑に負けず成功する子どもだったのか?

小さい頃、飼っていた犬。 雑種が多かったのですが、どれも賢い犬ばかりでした。 そ …

オロナミンC とオロナインH軟膏の意味をご存じ? 「 オロナインの教え」とは?

オロナミンCとオロナインH軟膏。 おそらく日本のほとんどの方は、 この2つをご存 …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

レーザー財布。もしかして「レザー財布」の間違い。売込みメールを眺めてみたら…。春財布。使い始めの日。

ネット通販を利用していると、 これまで購入した店などから、 毎日、たくさんの売込 …

さざんか梅雨。低気圧で気分が下がる。不調の訳が初めてわかったと知人。気象病、天気痛。

家のサザンカが咲いています。 この花を見ると、 秋から冬に季節が移り変わっている …

砂糖をまくのが厄払い。ブルガリアで交通事故を減らすために市長が指示。

厄を落とすときや清めるときに、 まくものといえば、 日本だと塩ですよね。 ところ …

落語「八五郎坊主」と釈迦の弟子・周利槃特(しゅりはんどく)。そして「レレレのおじさん」。

落語「八五郎坊主」そして、 釈迦の弟子の一人周利槃特(しゅりはんどく)。 ご存じ …

水やりはやり過ぎると枯らす。筋トレは休養もトレーニング。記憶は間隔をあけて。

小学生の頃、丁度、これくらいの季節に、 学校で、朝顔のタネを鉢にまいて、成長を …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …