亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

安倍総理、2017年、「丙酉」の仕事始めの言葉。大塩平八郎の座右の銘「山中の賊(ぞく)を破るのは易(やす)く 心中の賊を破るのは難し」

   

安倍総理が、2017年1月5日の自民党本部の
仕事始めで、次のような挨拶をしたそう。

「今年はただの酉(とり)年ではなく、『丁酉(ひのととり)』だ。
非常に大きな変化がある年で、新しいことが始まる年だ」。

そして、今から180年前の「丁酉」の年の1837年には、
大塩平八郎の乱が起きたことをとりあげ、

大塩平八郎の座右の銘
「山中の賊(ぞく)を破るのは易(やす)く
心中の賊を破るのは難(かた)し」
との言葉を引いて、
「目の前の敵を破るのは簡単だが、心の中の敵を倒すのは難しい。
この言葉を戒めとして、国民の信頼があってこその自民党、
安倍政権だという気持ちを持ちながら、一歩一歩進みたい」
と。

この言葉はもともと中国の王陽明の
「与楊仕徳薛尚誠書」からの言葉です。

自分の心を律すること、精神修養の難しさを説いた教えですね。

王陽明は、中国の明時代の儒学者、政治家です。
その下の名前をとった
陽明学の始祖として知られています。

元、明時代に主流であった朱子学の即物説を批判。
心即理・知行合一 (ちこうごういつ)・致良知を
唱え、陽明学を完成させました。

大塩平八郎は、その教えを学び実践した
江戸時代後期の陽明学者。
大坂町奉行所与力をしていましたが、辞職。

その後は、自宅で私塾洗心洞を開き、
門弟の教育、著述に専念しました。
(桜の通り抜けで知られる大阪造幣局の
北門に、洗心洞跡との史跡顕彰碑がある)

天保の大飢饉(ききん)の際に、
農民・民衆を救うため兵を
起こしましたが、失敗。
自死を選びました。

大塩平八郎の乱は、日本史の授業では
必ず習う項目。
ご存じの方は多いことでしょう。

不作で飢える民を尻目に米を買い占め
値をつり上げる商人。
それをほったらかしにするどころか、
将軍代替わりの儀式のためとして、
江戸にどんどんと米を送る幕府。

大潮はそれに我慢がならず、
貴重な書籍を売り払い、作ったお金を
民に分け与え、幕府に対して兵を挙げて
抵抗したのでした。

この乱はわずか半日で鎮圧されたものの、
当時の大阪の五分の一ほどを焼く被害を出しました。

普通なら、嫌われるはずですが、
その高潔な人柄、庶民を救うための行動を
起こしたということで、当時もまた現在も
人気があるようです。

大阪に住んでいた祖母なども、
まるで親戚か、今も元気でいる知人のように
「大塩さん」などと呼んで、その事績を
孫である自分に教えてくれたものです。

その祖母やほかの人からも、
今回の座右の銘を何度も聞いた覚えがあります。

この言葉の正しさ・重さが
年を取れば取るほど身にしみます。

「NHK 歴史にドキリ」
《大塩平八郎~庶民の反乱~》
http://www2.nhk.or.jp/school/movie/outline.cgi?das_id=D0005120242_00000

〇知行合一(ちこうごういつ)は、
知識は行動をともなってこそ意味がある。
知識は実践を伴わなければならないとの考え方。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手袋、マスクをつけて寝ると健康に? 試してみた。朝、起きてのどが痛いという人は……。

朝起きたとき、のどが痛くなっている なんてこと、ありませんか? 風邪をひいている …

日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

女性の更年期。 良くしられています。 男性にも同様な更年期があることが、 少しず …

「ポツリポツリと同級生の訃報が入る」。「ペコロスの陽だまりの時間」。岡野雄一さんの作品から。

2015年6月22日は、出張先でみかけた 中学の同窓会の古希の祝いについて記しま …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

誘導ミスで最後尾の小学生がトップに。小学校の時のマラソンの思い出。

岡山県笠岡市などが主催したマラソン大会の、 小学3~6年男女の部(3キロ)で誘導 …

梅雨、夏はお酢が大活躍。知人宅のお酢活用法。

あなたのお宅は、お酢を活用していますか? わが家は酸っぱいものが苦手で、 余りお …

「知っていることこそ、人に聞いてみる」。あなたの常識は一昔前の知識。アップデート。

あなたがよく知っていること、 もう常識になっていること、 いろいろあろうかと思い …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

フィリップスの機械に負けた、知合いのソバ打ち名人。

お蕎麦の美味しい季節ですね。 食べるだけでなく、 自分で打っている という方もい …