亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

   

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。
もう取引先を退職して11年が過ぎ、
来年は年男で72歳になると聞いて驚きました。

とてもとてもそんな年齢に見えなかったからです。

他にも周囲に60代、70代の知人がいますが、
みなさんほとんど年齢を感じさせない人ばかり。

中には、トライアスロン、マラソンを行い、
自分よりよほど体力も充実している人も。

いくつになっても、体力は鍛えられるのだなと
感じさせられます。

昔、自分が小学校の頃、60代というと、
いかにもお年寄りという風貌でしたが、
今はまったくそんな感じがしませんね。
(もっとも自分がその年齢に近づいている
からかもしれないが)

なので昨日のニュースには、納得です。

そう高齢問題の研究者らでつくる
日本老年医学会の提言です。

どんな内容かというと、
現在は65歳以上となっている「高齢者」の定義を、
75歳以上にするよう見直すというもの。

それに伴い、現在、前期高齢者である65~74歳は、
「准高齢者」として、社会の支え手として
捉え直すよう求めるとの内容も付け加わっています。
(仕事やボランティアなど社会に参加しながら、
病気の予防に取り組み、高齢期に備える時期)

この提言の根拠は、医療の進歩や生活環境の改善で、
10年前に比べ、身体の働きや知的能力が5~10歳は
若返っていると判断したからだとか。

いやー、若返っているのは嬉しいのですが、
「支え手」としてとらえ直すということは、
社会保障(年金・健康保険など)や
雇用制度をどうするかという方面にも
大きな影響を与えそうです。

年金支給を遅らせ、健康保険の負担割合も増やし、
高齢者に対する税金支出を減らす。

なんだかそれだけ先行されてしまい、
雇用制度の延長など収入を増やす方が
全然進まないという不安があるのですが、
どうなんでしょう。

以前、先輩に、
「実年齢の8掛けの気分で働け、遊べ」
と言われたことがあります。

そうそう、まもなく成人の日を迎えますが、
今の成人は20歳ではなく30歳にした方がよい
などと言われ始めた頃でした。
(最近は、逆に成人年齢を18歳にとの議論が
進んでいます。2015年、選挙権年齢は18歳に
なりましたね)

それはともなく、先輩の説によれば、
30歳なら24歳、40歳なら32歳、
50歳なら40歳、60歳なら48歳、
70歳なら56歳、80歳なら64歳、
となりますね。

75歳の場合は60歳となり、
提言よりさらに若いのですが……。

これからますます医療技術も進歩し、
食生活、環境も改善されれば、
さらに寿命(健康寿命)はのび、
場合によっては、7掛け、6掛けくらいの
気持ちで暮らすと丁度いいのかもしれませんね。

〇平均寿命を超える90歳以上は「超高齢者」
〇日本老年医学会によれば、
日本は50年以上前から、
慣例的に65歳以上を高齢者としているとのこと。

提言の概要
https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/proposal/pdf/definition_01.pdf

時間=年齢ではない。
どうしたらいつまでも健康で若くいられるのか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

100歳の現役写真家・笹本恒子さん。「野の花に感謝の気持ちを」。骨折し車椅子でも野の花を撮る。

日本ではじめての女性報道写真家・笹本恒子さん。 100歳で現役を続けていらっしゃ …

週刊SPA!の特集記事、《「40男が[秘めた夢]に挑戦》。バク宙、わずか40分で出来た……。

小学生の頃、運動神経が抜群に良くて、 宙返り、バク転(バク宙)、さらには鉄棒の大 …

睡眠不足を自作のバスタオル枕に白い粉で克服した知合い。

睡眠不足は万病の元だそう。 認知症も睡眠不足によって 引き起こされる恐れありなん …

「固有名詞が出るかでないかが大事だよ」。いつまでも脳を働かせるためには? 「自分のためでなく、人のために覚えるのがコツ」。

これまでこのブログで、何度か、 記憶力がものすごくよい、 高齢の知合いの話を取り …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

母が急にモズクをたくさん買ってきた。アルギン酸、フコイダンが腎臓によい? 幻の手摘みモズク。

モズク、 お好きですか? 毎日1個ずつ食べられるように モズク酢のパックを買って …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、 浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が 開催 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

自民党税調。国税をクレジットカードで支払えるようにする方針。税金のクレジットカード払い。

自民党の税制調査会は、来年度(2016年度)の税制改正に、 国税のクレジット決済 …