亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

   

自分の身の回りに、がんになった人、
たくさんいます。

自分より年下なのに、亡くなった人も。

その人があるとき、仕事場に来て、
「一緒にお酒を飲みませんか?」と
誘ってくれたことがあります。

仕事場の別の部屋にはワイン、
グラスなどが置いてあり、
飲めるようになっています。

「外にいくのもなんだから、ここで」
と答えたら、
「そう、外より、ここの方が静かで、
じっくり話せるかな」との返事。

早速、生ハム、チーズなどを
つまみにワインを飲み始めました。

好きな趣味の話、最近の仕事の話など、
結構、語りあい、どちらとも顔が赤くなった頃、
急に彼はグラスを置いて、
「突然で驚かれるかもしれないけれど、
親しい人には自分の口から直接言いたいと思って……」
との前置きをして、静かに語り始めました。

その内容は、朗らかな、
明るい話しぶりとは対照的な重いものでした。

末期ガンで余命わずかだと。

どう返事していいか戸惑っていると、
医師からそう告げられて、
しばらく悩んだけれど、もう現代の医学では
どうしようもないと悟った時、
一気に気分が楽になった。

そうしたら、これまで生きてきた時間、
親や家族、友達の温かさ、思いやりを
ものすごく感じられるように。

毎朝、目ざめて、寝室に太陽の光が
差し込んでいるだけで、たまらなく
幸福な気分になる。
まさに自分は今、生きているんだなと
実感できる。

そんなことを話してくれました。

末期ガンの患者のそうした心境を、
「キャンサーギフト」=「がんの贈り物」と
呼ぶということも教えてくれました。

末期ガンという命にかかわる病気になって
初めてわかる様々な価値。
がんになったからこそ、出会えた場所、人。

それらは本当は憎いがんが与えてくれた
ギフトではないか。

そんな風に思えたと。

こちらはただただうなづき、
ワインをのどの奥に
流し込むだけでした。

でも彼の嬉しそうな顔を見て、
ほっとする自分がいました。

「みんなにバカかって言われたんですけど、
新しい自転車、注文したんですよ。
届いたら見せに来ますから、また」

そういって、その日は
いつもの自転車でなく、
タクシーで帰って行きました。

彼とはそれが最後でした。

今日、少し風があるものの、柔らかな日のさす
両国橋を渡り、京葉道路を直進して、
両国のあるお店に行く途中、彼が注文したのと
同じ自転車が走り抜けるのを見ました。

不意に彼、彼との最後の話、
そして、キャンサーギフト
という言葉を思い出したのです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ホームステージングで自宅を高く売却。見た目が大事。「地では家(屋敷)。旅では衣装」。

2015年8月29日の読売新聞朝刊に、 「ホームステージング」についての 記事が …

タンデム自転車(2人乗り)、群馬県で解禁。一般道でも乗れるように。

タンデム自転車。 ご存じですか? サドルとペダルが2人分ある2人乗り自転車です。 …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。 友人、知人、肉親の方が、 人となりを語っ …

全国の水車を巡る旅。この夏、またどこかに行きたいなー。

先日、東京新聞夕刊に 兵庫県神河町の新野地区にある 水車が紹介されていました。 …

あなたは妻・夫・恋人のことをどれくらい知っていますか? 

お子さんのことをどれだけ知っているか。 それが端的にわかる質問。 「お子さんの一 …

まもなく定年を迎える知合い。「人生の楽園」みたいな夢の実現に向けて準備中。

テレビ朝日で土曜日の夕方 午後6時から放送している 「人生の楽園」。 http: …

「琴安倍も、私情により引退した」。私情の使い方。「私情により欠席」、使いますか?

2015年5月8日、日刊スポーツの記事の 中で気になった表現・言葉が出てきました …

熱中症を注意する余りの水の飲み過ぎにご注意。むくみ、だるさなど水毒にも注意。常温でこまめに補給。

東京は2016年7月3日、暑い一日でした。 夕方に買い物に出かけたのですが、 外 …

進行すれば介護の必要。4700万人の衝撃。ロコモ(運動器症候群)の新基準を日本整形外科学会が発表。

4700万人。 この数字に驚きました。 日本整形外科学会が発表した、 ロコモ度1 …