亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

   

2月6日は海苔の日だそう。

http://www.zennori.or.jp/day.html

2017年2月6日、毎日新聞連載の
TOKIOの城島リーダーのコラムで知りました。

《海苔がオススメ》とのタイトル。

TOKIOも作っている海苔には、
鉄分、カルシウム、ビタミンA、Cなど
12種類ものビタミン、食物繊維、
さらに植物には珍しいEPAまで
含まれていて、お勧めと。

1日2枚程度で十分な摂取量。
乾燥剤とともにチャック式の保存袋に入れ、
冷蔵庫で保管するのが一番。
常温に戻してから開封することと、
細かい注意も添えています。

最後に、今日が海苔の日であることを記し、
《東京湾にて江戸前のアサクサノリの復活を目指す
城島でした》と締めています。

TOKIOがやっている番組は見ていないのですけれど、
アサクサノリは絶滅危惧種で、
現在出回っている海苔は、
アサクサノリとは別物とは知っていました。
(熊本で復活のために頑張っている人たちが
いるということも)

TOKIOはそれをなんとか復活させよう
と頑張っているんですね。

自分よりかなり上の知合い。
毎月のように病院に通っています。

医師や栄養士の先生からいろいろ
食事、栄養指導を受けています。

先生方は知人が年配なのを配慮してか、
海苔を食べることを勧めたんだそうです。

下手なサプリを飲むより、
海苔を毎日、少しずつ食べなさいと。

栄養価があるのはもちろん、
癖がないので、嫌いな人が余りおらず、
食欲がなくても食べられ、食事以外でも
時を問わず、基本的にあぶるだけで
簡単に口に出来るからと。
(焼き海苔で密封したものならそのままでも)

自分も小さい頃から海苔が好きで、
よく食べていましたが、そんなに
栄養価が高いとは知らず、
はっきり言って見くびっていました。

とんだ認識不足でした。

昔よく海外に行っていた頃は、
海外に在住する友人たちから、
頼まれたのが、美味しい海苔。

彼らにとっては、まさに海苔は
日本を代表する大切な食べ物なんですね。

現在は全世界的に日本食が人気で、
日本の食品を扱う店が増えています。

有機大豆のお醤油なんて、わが家の近くの
スーパーで扱っていない醤油が、ローマの
有機食品の店で売られているのを見て、
驚いたことも。

海苔も寿司人気もあってか、
いい海苔が売られるようになりましたけれど、
20年ほど前は、探してもなかなかなかったのですね。

なので、海外在住の日本人が、
海苔を求める気持ちは今より、
ずっとずっと切実だったのです。

海苔は軽くてコンパクトで腐らないと、
持っていく方も扱いが楽なので、
よく持参しました。
(なかには来る友人、知人がみんな、
虎屋の羊羹と山本山の海苔を持ってくるので
困ったという知人もいたが……)

プラハかウィーンのどちらかに
行ったときだったか、
現地の知合いの家で食事をしました。

その時に出してくれたのが日本食。
(私=客のためというより、おそらく
知人が食べたかったのだと思う)

出してくれたのは、
白いご飯に味噌汁、塩鮭に海苔。

これらはみんな普段、日本でよく
食べていたもので、おそらく日本で
同じモノを食べても当たり前すぎて、
全く感激しないことでしょう。

けれど海外で長い間暮らしている知合いと
一緒に食べたそれらは、なんだか感激するくらい、
美味しかったのですね。

特に海苔の香り。
海苔ってこんなに香りがしたっけ
という位、部屋中に漂ったのです。

「いろいろ日本を思い出すものってあるんだけど、
海苔の香りって、まさに日本なの。
これをかぐと、涙が出てくることがあるんですよ」

そう知人は話してくれました。

故郷を離れた者にしか感じ取ることが出来ない
感覚なのかもしれません。

それとともに、日本にいると当たり前すぎて、
本当の価値がわかっていないものが、
たくさんあるのではないかと思わされました。

「当たり前を当たり前としない」

海外で一枚の海苔が自分に
教えてくれたのでした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

唱歌「故郷」の4番を考えよう。「自分にとっての『故郷』」とは?

唱歌「故郷」。 年をとるとともに、その良さがわかってきました。 都会生まれで育ち …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …

歌は心と体に良いと歌の個人レッスンを受講。さらに歌声コンサートに参加する知合い。

歌が大好きな知人。 学生の頃、ずっとコーラスを やっていました。 社会人になって …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …

年寄りは年寄りが嫌い。年寄りが出ているテレビ番組を見ていると、変えろという母。

朝や昼など、食事をとりながら、 母とテレビを見ることが結構あります。 その時、大 …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

60歳を超えた従兄弟が始めた趣味は、義太夫、浮世絵そして街道巡り。定年後の趣味の始め方のアドバイス。

先日、久しぶりに従兄弟に会いました。 結構、年が離れているのですが、 アパレル関 …

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …