亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

   

童話作家の佐藤さとるさんが、
お亡くなりになりました。

89歳でした。

佐藤さとるさん。
とても懐かしい名前です。

小学校の図書室に置かれていたのが、
「だれも知らない小さな国」「豆つぶほどの小さないぬ」
などの佐藤さんのコロボックルに関する作品です。

なんの思い入れももたず、
タイトルに引かれて、
手にとって「だれも知らない小さな国」を
読み始めました。

「ぼく」が美しい小山に通ううちに、
「小法師さま」の不思議な伝説を聞きます。

昔から伝わる小山に住む小さな人の話です。

「ぼく」は、小学4年生のときに、自分に手を振る
小人たちを目撃したのでした。

不思議な、でもありそうな世界。
主人公と年も近かったせいもあり、
すぐ物語に引き込まれていき、
次々と本を読み進んでいったのでした。

自分が読んだのは、「ふしぎな目をした男の子」まで。

その後、完結編「小さな国のつづきの話」、
そして「コロボックルむかしむかし」が出されているのを
知りませんでした。

そして何年か前、新聞かネットで、
コロボックルの大ファンである作家の
有川浩さんが、この物語を佐藤さんに
勧められて書き継ぐという記事を読んだのでした。

そして2014年、有川浩さんの
「コロボックル物語」が
出版されたとのこと。

「コロボックル物語」特設ページ
http://kodanshabunko.com/colobockle.html

このサイト内の、佐藤さとるさんの挨拶に、
「くれぐれも霊前にそなえるような真似はしないでほしいな」
とありますが、有川浩さんの作品は、十分、間に合ったようです。

佐藤さんの訃報に接し、
もう一度、読み返し、
小さい時の自分をワクワクさせてくれた
あのコロボックルの世界にひたりたいと思います。

佐藤さとるさん、ありがとうございました。

公式サイト
https://www.k-akatsuki.jp/

2016年3月に自伝小説が発表されています。
朝日新聞のインタビューを読み、
お元気そうだと思っていたのに……。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

100歳のスイマー、長岡三重子さん。ジャパンマスターズ2015に出場。世界記録更新は?

何度かご紹介している100歳のスイマー・長岡三重子さん。 先日行われた「ジャパン …

母がロッカーを整理してみたら、1万円の旅行券が3枚……。整理のご褒美でも記憶の衰えを嘆く母。

大掃除の季節ですね。 わが家はずいぶん前から、 不要なものを捨て、家の中を すっ …

「黒木瞳のひみつのHちゃん」の第72回《「17歳の友」にお孫ちゃん》に思う。

黒木瞳さんが、朝日新聞夕刊に 連載している「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 その7 …

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、 今年の自分の目標、会社の社訓などを 貼っ …

LED付きの化粧鏡でよみがえった若さ。目を直し、照明を新しくすると若返る。

1日に鏡で、自分のことを何回見ていますか? 回数が多い人ほど、体も心も若い。 な …

知人から教えてもらったすぐに食べられるキウイとアボカド。ついに購入。知人がこの商品に抱く不安と嫌な気分とは?

昨日、近所のスーパーに行って、 ついにずっと欲しかったものを 買いました。 キウ …

「ついに来たか」と年配の知人。カメラの重さがこたえ、軽量カメラを購入。

春。 桜をはじめ様々な花が咲き乱れています。 被写体に困らないシーズンですね。 …

サントリー、「レモンジーナ」に続いて、「南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」でも出荷停止。

何十年前だか、パリに初めて行ったとき、 カフェで「オランジーナ」を初めて飲みまし …

木の音を聞いたことがありますか? 新芽の季節。1年で一番、音を聞くのに適した時期。

新緑が美しい季節となりました。 この時期に思い出し、実行することがあります。 そ …

ナス、トマトが美味しい季節。でも食べてのどがイガイガしたり、かゆみ、ありませんか? 隠れアレルギーにご注意。

冷やしトマト、焼茄子。 夏の時期、美味しいですよね。 これらを食べると、体の熱を …