亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

   

童話作家の佐藤さとるさんが、
お亡くなりになりました。

89歳でした。

佐藤さとるさん。
とても懐かしい名前です。

小学校の図書室に置かれていたのが、
「だれも知らない小さな国」「豆つぶほどの小さないぬ」
などの佐藤さんのコロボックルに関する作品です。

なんの思い入れももたず、
タイトルに引かれて、
手にとって「だれも知らない小さな国」を
読み始めました。

「ぼく」が美しい小山に通ううちに、
「小法師さま」の不思議な伝説を聞きます。

昔から伝わる小山に住む小さな人の話です。

「ぼく」は、小学4年生のときに、自分に手を振る
小人たちを目撃したのでした。

不思議な、でもありそうな世界。
主人公と年も近かったせいもあり、
すぐ物語に引き込まれていき、
次々と本を読み進んでいったのでした。

自分が読んだのは、「ふしぎな目をした男の子」まで。

その後、完結編「小さな国のつづきの話」、
そして「コロボックルむかしむかし」が出されているのを
知りませんでした。

そして何年か前、新聞かネットで、
コロボックルの大ファンである作家の
有川浩さんが、この物語を佐藤さんに
勧められて書き継ぐという記事を読んだのでした。

そして2014年、有川浩さんの
「コロボックル物語」が
出版されたとのこと。

「コロボックル物語」特設ページ
http://kodanshabunko.com/colobockle.html

このサイト内の、佐藤さとるさんの挨拶に、
「くれぐれも霊前にそなえるような真似はしないでほしいな」
とありますが、有川浩さんの作品は、十分、間に合ったようです。

佐藤さんの訃報に接し、
もう一度、読み返し、
小さい時の自分をワクワクさせてくれた
あのコロボックルの世界にひたりたいと思います。

佐藤さとるさん、ありがとうございました。

公式サイト
https://www.k-akatsuki.jp/

2016年3月に自伝小説が発表されています。
朝日新聞のインタビューを読み、
お元気そうだと思っていたのに……。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新茶の季節。緑茶はミルで粉にして飲むという知合い。

2015年5月2日は八十八夜。 お茶の産地では、茶摘みが行われたところが 多かっ …

スロージューサー。人参林檎ジュースを毎日、作り飲んでいる友の悩み。大量の絞りかすの消費。コールドプレスジュース。

朝日新聞土曜版。 青木奈緒さんの連載「作家の口福」。 《うまし悩まし健康ジュース …

知り合いが自宅でラーメン作りに挑んだ結果は……。素人が手を出せることとそうでないこと。

ラーメン好きの知り合い。 学生の頃からもう30年以上も ラーメンを食べ歩いている …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

夏木マリさんのご先祖様はフランス人? わが家の言い伝えも……。

家族の歴史を本人に代わって取材し 紹介するNHKの「ファミリーヒストリー」。 2 …

久しぶりにジーパンをはいた知人が気づいてあせったこと。太ももサイズの減少は要注意。

同年代の知合いが、春先、温かくなって 久しぶりにロッカーの中にしまい込んでいた …

106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した 嘉義農林学校の活躍をテーマにした映画「K …

早朝に2日続けて地震。「備えは大丈夫」とメールを送ってくれた福島の知り合い。

2016年11月21日22日と 2日連続で早朝に大きな地震がありました。 地震で …

北干住、銀糸町でもOK。ジョルダンの乗り換えサービス。間違いはビジネスのもと。

東京メトロ千代田線の北千住駅の 駅名表示が間違って、「北干住」と なっていた。 …

周囲に眼瞼下垂の人、多数。額が凝っていませんか?

先日、テレビのニュース番組を見ていたら、 昔から見知っている方が出演していました …