亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

   

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。

友人、知人、肉親の方が、
人となりを語っていらっしゃいます。

その中に藤村俊二さんは、
下着は一度着たら捨てる。
ホテルでそうしたら、捨てた下着が戻ってきた
といったエピソードが紹介されていました。

ここから知人と、
どれくらい下着を使い続けるか
など下着の話をしました。

知人は結構早く下着は変えてしまうそう。
使い古した下着はぞうきんや台所の油モノを
吸わせるのに使ったあと、処分するんだとか。

自分の場合、結構長く使う方。
洗濯後の下着を見た母があまりにも
みっともないからと、こっそりと
捨てるなんてこともあるぐらい。

知人は、大きな商談とかプレゼンなど
ここ一番という日は、朝風呂に入り、
新しい下着を身につけていくのだそう。

わが家のご先祖様は、商売をしていたので、
昔から験担ぎというか、運気には
気を遣っていました。

運気をあげることはもちろんですが、
運気を下げることはしてはならないと。

その運気を下げることの一つが、
古いくたびれた下着を使い続けるです。

身につけずとも、捨てないまま
タンス、ロッカーに、古い下着が
たまっていると、持ち主や家族の
幸運を奪っていく。

そう信じていました。

けばだったり、端がほつれたり、
またうすぼんやりと色が変わったりなどする前に、
下着としてではなく、知人のように、
別の用途で使って、モノの命を
全うさせてあげるということが重要と。

知人との会話があった日、
家に帰り、下着を入れたタンスの
引き出しをあけました。

うーん、どう見ても古びた下着がいくつも。
中にはゴムの部分がほころびているモノも。

これはまずい。

めについたものを取り出し、
汚れとり用として、ハサミで小さく
切り分けました。

そうそう、知人はかなり重要な時に
きまって着る下着があるとのこと。

それは赤の下着。
体を温め、体を活活性化してくれるとのこと。

自分も見習って買ってみますか。

まさに「運気アップ(アガるインナー)」という
売り文句の赤い下着が。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

うなぎ犬ならぬ、「うなぎ味のナマズ」を近畿大学が開発、鹿児島で養殖の予定。

近畿大学と言えば、マグロを完全養殖したことで知られていますね。 そのおかげか、受 …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

出会いの春。凶という名前の方と知り合う。その命名の由来は?

4月、新年度。 出会いの季節です。 新たに多くの方と知り合いますね。 自己紹介し …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

若き日の会議の録音テープを聞いて、時の流れと昔の自分のバカを思い知る。

先日、取引先を訪れた時、 そこの知合いから、 「整理したら、面白いものが出てきま …

空茶とおもたせ。一杯茶。馬鹿の三杯汁など祖母たちの言いつけを思い出す。

「空茶」という言葉。 ご存じですか? 2017年5月15日、毎日新聞の 《週刊漢 …

6歳の6月6日、稽古はじめの日。毎日稽古を欠かさなかった近所の芸者さんの母娘2人。いま、どこへ?

わが家の近くにプリマ楽器という 楽器 – 楽器・楽譜の総合卸商社があ …

取引先の新入社員。ネットワークカメラで一人暮らしのマンションを防備。実家、祖父母宅にも設置し見守る。

取引先の今年春からの 新入社員。 会社の近くの ワンルームマンションに 住んでい …

クイズを解いて、作って頭脳を活性化する知人。ネットで無料のクイズ作成ツール。

定年を迎えた知合いはクイズ好き。 新聞のクイズはもちろん、 雑誌のクイズなどを図 …