亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

   

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。

友人、知人、肉親の方が、
人となりを語っていらっしゃいます。

その中に藤村俊二さんは、
下着は一度着たら捨てる。
ホテルでそうしたら、捨てた下着が戻ってきた
といったエピソードが紹介されていました。

ここから知人と、
どれくらい下着を使い続けるか
など下着の話をしました。

知人は結構早く下着は変えてしまうそう。
使い古した下着はぞうきんや台所の油モノを
吸わせるのに使ったあと、処分するんだとか。

自分の場合、結構長く使う方。
洗濯後の下着を見た母があまりにも
みっともないからと、こっそりと
捨てるなんてこともあるぐらい。

知人は、大きな商談とかプレゼンなど
ここ一番という日は、朝風呂に入り、
新しい下着を身につけていくのだそう。

わが家のご先祖様は、商売をしていたので、
昔から験担ぎというか、運気には
気を遣っていました。

運気をあげることはもちろんですが、
運気を下げることはしてはならないと。

その運気を下げることの一つが、
古いくたびれた下着を使い続けるです。

身につけずとも、捨てないまま
タンス、ロッカーに、古い下着が
たまっていると、持ち主や家族の
幸運を奪っていく。

そう信じていました。

けばだったり、端がほつれたり、
またうすぼんやりと色が変わったりなどする前に、
下着としてではなく、知人のように、
別の用途で使って、モノの命を
全うさせてあげるということが重要と。

知人との会話があった日、
家に帰り、下着を入れたタンスの
引き出しをあけました。

うーん、どう見ても古びた下着がいくつも。
中にはゴムの部分がほころびているモノも。

これはまずい。

めについたものを取り出し、
汚れとり用として、ハサミで小さく
切り分けました。

そうそう、知人はかなり重要な時に
きまって着る下着があるとのこと。

それは赤の下着。
体を温め、体を活活性化してくれるとのこと。

自分も見習って買ってみますか。

まさに「運気アップ(アガるインナー)」という
売り文句の赤い下着が。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した 嘉義農林学校の活躍をテーマにした映画「K …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルト、蜂蜜入りを食べてみました。

3月30日、 《イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルトを食べてみまし …

2016年7月、今発売されている4Kテレビでは、2018年から始まる4K放送は見られません。総務省が注意呼びかけ。

まもなく始まるリオデジャネイロ五輪。 ボーナスも出たので、これを機に新しいテレビ …

小型デジタルオーディオプレイヤー製品名「rubato」が気にある。イタリア語で「盗まれた」という意味。外国語だと変な商品名。

町を歩くとお店、マンション、 商品の名前で「これは」と 気になる物に、出くわすこ …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、 国産松茸が木箱の中に納められ 売られていま …