亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

   

知合いの故郷は長野県。

蔵がある代々続く農家です。

東京に住む知合いのもとに、
故郷に住む親御さんから、
荷物が届きました。

あけて見ると、
味噌と梅干しが入っていました。

味噌を入れた容器には、
10年前の日付が書かれてあったそうです。

その日付を見て、
不意に記憶が蘇ったといいます。

知人が10年前に帰省した時に、
一家親戚総出で仕込んだ
味噌だったんですね。

梅干しも下の日付は違っていましたが、
同じ年に漬けたモノ。

そうどちらも十年物ということになります。

ご飯を炊いて、味噌汁をこしらえて、
おかずは梅干しのみの朝食をとったとのこと。

懐かしい故郷、というより
まさに実家の味を堪能したのでした。

自然に故郷の両親のこと、
田んぼ・畑のことなどを
考えたといいます。

十年前は元気だったご両親。
十年の間に、お母さんは亡くなり、
お父さんも小さく老いてしまいました。

お子さんはみな、
都会や長野の他の市町村で
暮らしているため、
広い家にはお父さん1人。

1人になってからも、
米作りは近所の親戚の力を借りながら
続けていますが、味噌造りも
梅干しを漬けるのも止めたんだそう。

家で使う味噌はずっと自家製。
古いものから順に使います。

けれど一緒に暮らす家族が少なくなったので、
味噌はちっとも減りません。

それでも毎日毎日、少しずつでも使い続け、
2017年の冬、ようやく10年前まで
来たんですね。

知合いは、それを悟りました。
そしてこらから将来のことに
思いをはせたといいます。

80代半ばのお父さん。
あと何年、元気で米を作り続けることが
出来るだろうか。

もう味噌は造っていないので、
後は仕込んだ分を消費するのみ。

お父さんは、亡くなるまで、
おそらく自家製味噌を食べ続けることが
できるだろうけれど、自分たちは、いつか
親が残してくれた自家製味噌を
食べ尽くす日がきてしまう。

そんなことを考えているうちに、
味噌以外の塩味を感じてしまったと言います。

話を聞いている内に、
こちらもぐっと胸が詰まって
返事もできなくなってしまいました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …

新幹線車内での焼身自殺で2人死亡。10人程度の怪我。テロ、爆発物。サミット、東京五輪。安全をどう守る。

先週の木曜日。 久しぶりに出張があり、東海道新幹線の、 東京・京都間を往復利用し …

旅先で自分に絵はがき・手紙を出す。あとあと最高の自分へのお土産に。ご当地フォルムカード、特別消印。

高齢になっても足繁く、様々な所に 出かけている知合いの方からちょっといいな と思 …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …

モスバーガーは糖質制限対応? 菜摘。トマトで具材をはさんだ「とま実バーガーセット」を大崎店で限定発売。

少し前、取引先で話題になったのが、 糖質制限の人にとって利用価値のあるファストフ …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …