亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母の故郷から送ってきた初よもぎの草餅。若草摘み。桑の実。

   

昼休みに家に戻り、リビングに行ったら、
母が、
「岐阜から草餅が届いたわよ」
と、緑色に染まったパックを見せてくれました。

母の故郷に住む弟のお嫁さんが
送ってくれたものです。

市販のそれではなく、ヨモギはもちろん、
あんこも手作りしたものです。

ヨモギは、故郷の実家から少し離れた川の
河原・土手に萌えた今年の初ヨモギ。

その年に出た若芽だけを摘むと、
まさに若草色で柔らかく香り高い
草餅にしあがるんだそう。

濃いめの緑茶を入れ、草餅を頂きながら、
母が故郷にいた頃の春の若草摘みの話を
聞きました。

母の実家は岐阜の市内、街中ですが、
それでも当時は、ほんの少し郊外に出れば、
田んぼ、畑があり、また川の土手もコンクリートに
覆われておらず土だったので、春先になると、
様々な野草がとれたとか。

母はそのお母さんや兄弟達と連れだって、
若草摘みに出かけ、とれたつくし、ヨモギを
卵とじ、草餅にして、食べたそう。

娯楽の少なかった時代、この時期の若草摘みは、
家族にとっての一つの実益を兼ねた
リクリエーションでもあったとか。

この初春の時期の若草摘みの後、
初夏、6月の梅雨入り前の頃には、
桑畑の桑の実を食べるのが楽しみだったそう。

童謡 「赤とんぼ」 の中にも、
「山の畑の 桑の実を 小篭に摘んだは まぼろしか」
と出てきますね。

今、桑の実はマルベリーなどと言われ、
抗酸化作用があるなんてもてはやされたりしている
そうですけれど、母の小さい頃は、食べてはいけない
と親に言われていたとか。

このため親に隠れてこっそりと食べたそう。
しかしあの紫色が舌や服などについてしまうので、
一発で食べたことがばれてしまい、叱られたとも。

昔のことを語る母はなんだか楽しそう。

貧しかったけれど、豊かな体験が
できた時代だったのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インスタントコーヒーとレギュラーソリュブルコーヒー。違いに気づかなかった自分。

この夏、お昼時にセブンイレブンの前を通ると、 レジに行列が出来ていました。 ラン …

五月病っていう言葉もありますが、お元気ですか? 心の栄養失調。

長いゴールデンウィークの連休も終わりました。 久しぶりに学校・職場に行く朝、 ス …

無塩朝食で本格的に高血圧対策を始めた知合い。

このブログでも何度もご紹介していますが、 日本人の食塩摂取量、1日あたり 成人男 …

高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

岐阜県高山市に住む母の同級生から、 母に、2015年11月14日、電話があったそ …

大橋巨泉さん。2016年7月12日にお亡くなりに。野坂昭如さん、永六輔さんとともにテレビ界を支えた人が去り、時代の移り変わりを感じる。

「11PM」「クイズダービー」 「世界まるごとHOWマッチ」など、 数多くのテレ …

拾った20ドルで宝くじを買ったら、100万ドルの大当たり。サンフランシスコ。

あなたは、道ばたで20ドル、 2400円ほど拾ったらどうされますか? 警察、交番 …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。 学生にもかかわらず、珍しく自分の車を …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

「冷暖自知」(れいだんじち)。ネット、ヴァーチャル時代。実際に体験することの重要さ。

中学の時だったか、町のパン屋さんが 新たに発売したパンが評判となったことがありま …