亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

朝バナナならぬ夜バナナを始めた知合い。1日5食。午前1、午後2の間食が低栄養を防止。

   

少し前、「朝バナナダイエット」が
ブームとなりました。

その名前通り、朝食にバナナだけをとって
ダイエットするというもの。

一時はこのダイエットの影響で、
スーパーマーケットなどの売り場から
バナナが消えたほど。

今はどうなんでしょう?

先日、バナナが大好きという
年配の知合いに会った時に、
バナナの話をしたら、
今でもしっかりとバナナを食べているとのこと。

ただ朝はバナナとは別に
朝食をとっているとのこと。

そのかわりというか、
心がけているのが
「夜バナナ」とか。

これは夕食の前にバナナを食べること。

半分もしくは小さなものなら
1本ほど、食べるとのこと。

よく聞いてみると、この夜夕食前のみならず、
それも含め1日のうち3度、バナナを召しあがっているよう。

理由はお医者さんから、バナナなどフルーツを、
こまめに少しずつ食べることを勧められたから。

高齢になると食欲がなくなると
同時に、消化の力も落ちてくる。
一度に多くを食べられなくなる。

そのままにしておくと十分な
栄養がとれなくなる。

なので朝昼晩の3食のほか、
午前1度午後2度ほどの
間食をして補うのが良い。

その間食として優れている食材が、
消化吸収がよく、ビタミン、ミネラル
そしてカロリーも含まれる栄養豊富な果物。
中でもバナナなんだそう。
(手でむけば、そのまま食べられ、
後始末も皮を捨てるだけと簡単)

果物(バナナ)は、生の酵素、食物繊維も豊富。
高齢者に多い便秘の解消にも役立つ。
また余分な塩分を排出する
カリウムも多く含まれているとよいことだらけ。

といった訳で知合いは、
午前10時、午後3時、さらに午後5時ころに
バナナを食べているとのこと。

以前に比べても体調もずいぶん良くなったとか。

バナナなど果物を、1日の中で、
こまめに食べるという習慣。
見習いたいと思いました。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢の知人が修理・交換してうれしいモノとは?

先日、会社と仕事場で使っている ボールペン2本の芯を使い切りました。 近所の文房 …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

大暑。7月23日は天ぷらの日。毎月23日も。7月24日土用の丑の日はうなぎ。そして8月29日は焼き肉の日。

毎日、暑い日が続いています。 夏バテしないようになんとかしよう。 それにはしっか …

懐かしい。「昭和の消えた仕事図鑑」。赤帽、金魚売り、ポン菓子屋、ロボのパン。

自分が小さい頃、夏の暑い自分に、 近所を回ってきたのは、金魚売りでした。 たらい …

口笛を覚えたのはいつですか? 口笛研究家・福井大学准教授の森幹男さん、原理を解明。

口笛を吹けるようになったのは 何歳のときですか? 昔は、年齢に関係なく、近所の年 …

ホームのベンチを線路と垂直に。コの字形で授業をしたら学力向上。夫婦の座る位置を変えたら。

毎年、春から夏にかけて通っている取引先は、 京王線の沿線にあります。 このため、 …

月待ち、スーパームーンの中秋の名月、そしての後の月。三夜の月見。

2015年9月27日、明日は、旧暦の8月15日、 中秋の名月ですね。 東京地方は …

まずは3分間の踏み台昇降運動から。続けるコツは、好きな歌を聞きながら、歌いながら。フレイル・認知症予防。

以前、友達のお母さんが、 お医者さんに勧められ、 家の中で踏み台昇降運動を毎日し …

「勝利と敗北を同じように見つめられる者のみ、入るがいい」。ウィンブルドンのセンターコートに入る扉に記されているキップリングの詩の一節。

吉田沙保里選手が、4連覇を逃しました。 驚きました。 少し前に書きましたが、 か …