亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

   

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、
最新の流行、モードなどを取り入れてきた友達。

少し前から日本の文化を見直すことに力を入れています。

その一つが仏教。

四国遍路を自転車で巡り、
高野山にも行きました。

2ヶ月ぶりに今日あったら、
月に一度の写経を始めたと。

場所を尋ねたらびっくり、
なんと我が家とは目と鼻の先の
薬研堀不動尊でした。

こちらは1585年、江戸開府以前に開かれた
川崎大師の東京別院。
江戸(東京三大不動)と呼ばれ、
江戸時代は多くの人を集めていました。

http://www.kawasakidaishi.com/about/yagenbori.html

現在の順天堂大学の前身が置かれた場所。
また近くの両国西詰め、広小路が辻講談の
発祥の地であるところから、毎月28日の
お不動さまのご縁日に奉納講談
(講談の会)が催されています。
(入場無料)

なんといってもよく知られているのが、
年末に行なわれる
《納めの不動・歳の市
(26,27,28日の3日間)》。

正月用品を買い求める歳の市。
この薬研堀不動尊は、江戸の中でも一番おそく
開かれたので「納め」の歳の市と呼ばれています。

一時廃れたのですが、昭和になって復活、
今に至っています。

その薬研堀不動尊は、真言宗。

空海に憧れている友達は真言宗で
写経をしたいと探したところ、
この薬研堀にあたったそう。

確かに毎月15日に写経の会が行なわれています。
《写経会(8月は除く、日にちの変更あり)》

開かれているは、よく知っていましたが、
まさか友達がそこに来ていたとは。

まだ回数は少ないのですが、
写経をすると、心が落ち着く。
より深く空海、仏教の教えを知ろう
という気持ちになるのだとか。

今後も参加したいと話していました。

自分もこの薬研堀ではありませんが、
別のお寺で何度か写経を体験したことがあります。

気持ちが浮ついていたせいか、
また若かったこともあったせいか、
それほど写経に意味を見いだせませんでした。

それからずいぶんたちます。
もう一度、体験してみると、
写経に対する考え方、受け止め方が
違ってくるかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

月待ち、スーパームーンの中秋の名月、そしての後の月。三夜の月見。

2015年9月27日、明日は、旧暦の8月15日、 中秋の名月ですね。 東京地方は …

「泥棒も客や」。今も覚えている母の言葉。がんこフードサービス会長小嶋淳司さん。

「ねじり鉢巻きのおやじ」が看板の 「がんこ寿司」、ご存じでしょうか? あの看板は …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

2016年7月、今発売されている4Kテレビでは、2018年から始まる4K放送は見られません。総務省が注意呼びかけ。

まもなく始まるリオデジャネイロ五輪。 ボーナスも出たので、これを機に新しいテレビ …

某女優さんが、生産している超高級イチゴ。生産拡大のために投資を募っていますとの勧誘電話。

2015年は下二桁が「15」で「イチゴ」と読めるとして、 なんだか「イチゴ」に関 …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

少し前、友達が5年経過のお祝いをした。何のことかと思ったら、「5年生存率」だった。自分の命を守るのは自分。

先日、友人と食事をしました。 その席で友人が、5年経過のお祝いをした と話してく …

初月給。母親の遺品を整理。鏡台の引き出しに残されていたのは……。

4月25日は、 「ファーストペイデー(初任給の日)」 と呼ばれるのだそう。 初め …

愛媛県の故郷の味「鯛めし」と県民の誇り・村上水軍。「秘密のケンミンSHOW」で特集。

「鯛めし」。 あなたは召しあがったことはありますか? 2016年6月16日の読売 …