亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

スーパーのバナナチップスを見て、戦中・戦後、配給された干しバナナの思い出を語り出した母。

   

日曜日、家からちょっと離れた
スーパーに母と買い物に行きました。

その売り場にあったのが、
ドライフルーツ、ナッツ、チョコ類の
量り売りのコーナー。

そこに何種類かのバナナチップスが
売られていました。

それらを見て母が突然、話し始めました。

「このバナナチップスは黄色くてつやつやして
美味しそうだけれど、昔、戦時中に配給で配られた
干しバナナは真っ黒で、見た目が悪くて……」。

干しバナナは文字通り、バナナの皮をむいて、
中の実を乾燥させたドライフルーツ。
今でも売っていますね。

その干しバナナ。
戦中また戦後に配給で配られていたんだそう。

戦時中は本来ならば米、小麦など主食の穀物を配るところが、
それらがないので、「代用食」ということで、
配給されていたようです。(1942年昭和17年)

本来ならば甘い物がない時代、
干しバナナは貴重な甘みなので、
大事にされたはずなのですが、
母にとっては余り美味しいものでは
なかったらしく、配給で家に持って帰ってくると、
がっかりしたんだとか。

戦争が終わって、進駐軍がいた時代。
進駐軍の放出品だかともかく配給があり、
やはり乾燥バナナ(干しバナナ)があったそう。

こちらは戦時中のものよりは、
美味しかったとか。

もしかしたら戦争が終わった解放感が、
より味を美味しくさせていたのかもしれません。

戦時中の乾燥バナナで思い出したのは、
女優の余貴美子さん。

現在、終わってしまいましたが、
有名人のルーツを本人にかわって調べて発表する
「ファミリーヒストリー」(NHK総合)。

余さんはそのナレーターを務めていらっしゃいました。
と同時に余さんのルーツを紹介した回がありました。

余さんの祖父は台湾から日本にやってきましたの方。
神戸で事業をおこし、貿易商として仕事をするのですが
うまくいかず倒産。

その失敗にもめげず、太平洋戦争勃発時に
新たに始めたのが、
保存の効く干しバナナの輸入販売。
これで大成功したと言います。

母の実家に来ていた干しバナナも
台湾バナナなのかもしれません。
しかし古くて質の悪いものだったので、
母にとっては美味しくなかったのでしょうか。

母にとって、平和な時代になった、
豊かな時代になったと心底、実感したのは、
乾燥バナナではなく、生の台湾バナナが、
無理をしなくても食べられるようになってから。

昭和30年代のはじめ、戦争が終わって
10年以上もたったころだったとか。

美味しいプレミアムバナナ、さらに、
乾燥バナナでも味のよいものが食べられる今は、
本当に豊かで平和な時代ということなのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「水五則」は黒田官兵衛(黒田如水)が作者なのか?

黒田官兵衛。 大河ドラマ「軍師官兵衛」にもなったので、 一気に知名度があがりまし …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

元横綱・千代の富士関、九重親方が、 膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられま …

自分にとって男らしさ、大人の象徴は腕相撲だった。あなたは腕相撲、強いですか? 腕相撲道場。

あなたは、最近、腕相撲をしたことがありますか? そんなことを思ったのは、 201 …

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

2月6日は海苔の日だそう。 http://www.zennori.or.jp/d …

夏でも朝のホットタオル(蒸しタオル)に冷しタオル。血行よくなり、顔色もピンクに。

汗ばむ季節となりました。 朝、起きた時、冷たい水で 顔を洗うとさっぱりとして 気 …

知合いの趣味は庭とお屋敷の見学。 都立9庭園共通年間パスポートで毎週、どこかへ。

大学の頃、別の大学に通っていた後輩は、 休みの度に、いわゆる大名庭園に通っていま …

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

形見分けというのは、 本人が亡くなった後、遺品を遺族、 親戚などが分け合うという …

アメリカ、ニュージャージー州ホーボーケン駅で電車が駅舎に衝突し100人余りが負傷。ホーボーケンの思い出。

アメリカのニュージャージー州の ホーボーケン駅で、2016年9月29日の朝に、 …