亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

近所の柳橋がテレビドラマの舞台に。いつもの風景を初めて訪れた場所のように見られる感性。

      2017/04/11

家のすぐ近所に、柳橋があります。
神田川の一番下流の河口にあり、
その先はは隅田川。

昔は、東京一の格を誇る
柳橋芸者がいた料亭街。

柳橋近くの神田川には屋形船がうかび、
橋自体の意匠もさることながら、
橋の両詰には、小松屋(佃煮屋、船宿)があり、
絵になる景色なので、これまで数多くの
テレビドラマ、映画の舞台となっています。

先週の土曜日から始まったNHK総合の
「4号警備」
http://www.nhk.or.jp/dodra/yongou/

「ブラタモリ」からの流れでなにげなく
見ていたら、この主人公が働く民間警備会社が、
柳橋のたもとにあるという設定になっていました。
(ついでに言えば両国橋に西詰めでもある)

1回目の再放送。
《4月15日(土)総合 午前1時45分(金曜深夜)
4月15日(土)総合 午後4時40分》

このため主人公達が、柳橋のあたりを渡ったり、
上流の浅草橋の上から、下流の柳橋をとった
映像などが、出てきました。
(さらについでにいえば、隅田川両岸も舞台。
清洲橋の上でのシーンもあった)

その映像を見ていて思ったのは、
いつも見慣れている風景がまるで
違ったアングル、表情に思えたこと。

もちろんビデオカメラのレンズを
通したものなので、肉眼の焦点距離とは
違うので、当たり前と言えば当たり前なのですが、
ともかく、その場所の異なる側面を見せてくれた
と感じました。

これは撮影をしたカメラマン、ディレクターが
普段この場所で生活をしていない人だから。

すなわち第三者としての新鮮な目で
その場所を切り取ったからではないかと
思いました。

以前、ある先輩に、優れた芸術家、天才とは
どんな人かについて教えてもらったことがあります。

その先輩曰く、
「いつもの風景、人でもいつも新鮮に見られる人のこと」。

そう何年も住んだ場所でも初めてその地を訪れたような
フレッシュな気持ちで初見の気持ちをもてる人こそが、
芸術家だと。

そしてそれは、人や物でも同じ。

常に新たな側面を見出すことができるということが、
優れた芸術家の条件だと。

見慣れた場所を初めて見るように感じることが出来る。

なかなか難しいことですが、テレビドラマという
他人の目を通して、眺めることでそれが疑似体験できた
のはとても嬉しいことでした。

その意味で、同じ本、同じ場所、同じ料理を
読んだり、行ったり、食べたりなど、
複数の人で共通体験し、あとで互いにその感想を
語りあうというのは、自分の見方、感性を広げて
くれるとの言葉を思い出しました。

そうしたことを語り合える友達の大切さを
改めて感じたことです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …

タンデム自転車(2人乗り)、群馬県で解禁。一般道でも乗れるように。

タンデム自転車。 ご存じですか? サドルとペダルが2人分ある2人乗り自転車です。 …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

夏バテとは無縁? 飲む点滴甘酒を使ったアイスを手作りする知人。

ヨーグルト製造機を使って ヨーグルトのみならず、甘酒など 発酵食品を自宅で手作り …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

サツマイモの教訓。サツマイモはやせた乾いた土地に育つ。肥料を与えすぎると芋はやせる。

収穫の秋。 秋の味覚の一つサツマイモ。 今年とれたサツマイモは もう召し上がりま …

京王線新宿駅で電車待ち行列でトラブル。後から来て3列目を作った母娘が、ブロックした男性を痴漢扱い。

春から夏にかけての3ヶ月、毎年、 京王線沿線の取引先に通っています。 幸いなこと …

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

歴史小説家・山本周五郎。 今なお多くのファンを持つ、 作家の一人です。 2017 …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

ここ最近、病院に通ったり、 大病を患って通院、入院した身内、 友人の話をいろいろ …