亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ついに来たか」と年配の知人。カメラの重さがこたえ、軽量カメラを購入。

   

春。
桜をはじめ様々な花が咲き乱れています。
被写体に困らないシーズンですね。

あなたは一眼レフで
撮影をされたりしていますか?

自分も中学時代から一眼レフ(フィルムカメラ)を
買ってもらい。高校時代は写真部に所属し、
ずっとカメラで写真を撮ってきました。

けれど社会人になってから、
写真から遠ざかり、
デジタルカメラに切り替わったこともあり、
今では、ほとんどカメラで撮影していません。

自分より一回り上の先輩。
自分よりさらに早く小学生時代から、
本格的カメラで写真撮影を楽しみ、
その後もずっとカメラを変えながら、
撮影を続けてきた方が、先日、こんな話を。

「自分もいつかはくると思っていたが、
ついに来たよ」。

なんのことだと思いますか?

「カメラの重さがこたえて、
撮影に出るのがおっくうになってね」。

知人曰く、写真の先輩方から、
年を取るとどうしても体力、筋力が弱り、
カメラの重さが体にこたえ、撮影がいやになる
という精神状態になるときがくるのだと
教えられたとのこと。

けれ一眼レフカメラは、
軽量化技術が進歩し、昔のカメラに比べると
ずいぶん軽くなったので、重さがこたえるのも
後ろ送りになったと。

けれど、カメラ本体だけでなく、撮影には、
交換レンズ、フラッシュ、三脚などが必要。
それらを入れたバッグがずっしりと身に
くいこむようになったと。

撮影の際には、あちこち歩き回り、
よい撮影場所を見つけるのが、
良い写真をとるひけつ。

しかし、重さで足があちこちに
向かなくなり、回る場所が限られてくる。
そうなると自分でも満足のいく写真が
出来上がらなくなるので、自分に対して
不満がつのり、楽しかった撮影が、
ストレスのもとになってしまったと。

という訳で、この春、ついに決意し、
一眼レフカメラをやめ、一体型で、
軽量の高級コンパクトデジタルカメラを
買ったそう。

望遠レンズやワイドレンズなどの交換レンズを
持ち運ばなくなってよくなっただけでも
かなりの軽量化が測られたため、若い時のように
身軽に動き回ることができるようになったそう。

心配していた画質の方も、撮像素子も
一眼レフのものと同じサイズのものが
使われている高級機種を選んだため、
それまでと遜色ないとか。

「重さがこたえる」。
それがなるべく遅くくるように
体はきたえておかなければ。

あとはさらなる技術の進歩で、
カメラ類の軽量化を祈るばかりです。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。 法律によれば、その趣旨は、 「勤労をたつ …

ホワイトノイズで瞑想。知合いが始めた集中法。

脳、体のストレスを減らしたい。 そのためには瞑想が良い。 ということで、最近、瞑 …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

1日の歩行時間30分未満は糖尿病のリスク2割増。国立がんセンターが調査結果発表。モールウォーキング。

あなたは、1日どれくらい歩いていますか? 1日30分未満の方、要注意です。 糖尿 …

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

先日、久しぶりにあった知合い。 日本酒の師匠ともいうべき方です。 新潟のご出身で …

家族を殺されたユダヤ人の父母の言葉「財産は頭と心に」。数学者ピーター・フランクルさん。

数学者で大道芸人でもあるピーター・フランクルさん。 最近では、Panasonic …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

田舎の土地や家屋を寄付しようと申し出たら、断られた。実家の不動産の処分で悩む人たち。

仕事仲間の女性。 ほぼ同じ年頃で、親も同年代。 その友人のご両親があいついで亡く …

ご先祖様どころか、祖父母についても知らないことばかり。三鷹がテレビに出てきたら、母が話し始めた……。

NHKの「ファミリーヒストリー」という番組。 ご覧になったことはありますか? 有 …