亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

   

形見分けというのは、
本人が亡くなった後、遺品を遺族、
親戚などが分け合うというものですね。

知合いは、生前にそれをしよう
と思い立ち、実際に始めているとのこと。

きっかけは、あるドキュメンタリー番組を見たこと。
それは身寄りが無く亡くなった人の遺品を整理する
業者の仕事ぶりを紹介する内容だったそう。

生前、故人が大切に集めていたり、
使っていた物が不要なものとして
処理される。
それが他人事とはいえ、とても切なく思ったとか。

そこで生きている内に、まだ誰かに必要とされるなら、
譲って活用してもらおう。
そうしたらモノも喜ぶのではないかと。

自分が今後も使うものは、
厳選してあるジャンルで1つだけにする。
(例えばマグカップなら1つ)
他のものは譲る。
服も他のものも、1年以上使っていないものは、
原則として譲る。

同年代に譲っても、活用という点では
意味がないので、若い人に譲ることに。

そこで最初に呼んだのは
甥っ子、姪っ子やその友達。

古いカメラ、コレクションしていた万年筆、
また写真集などの本、ぐいのみ、おちょこなどの
食器類、タンスなど、喜んでくれ、
かなりのものが引き取られたといいます。

残ったモノも、近所の若者や、
サークルなどで知り合った人たちに
引き取ってもらったと。

自分が現在、使うものだけが残った家。
すっきりして気分も爽快とか。

そして嬉しいのは、モノを譲った人から
送られた(知らされた)譲ったものの現在。

こんな感じで使ってますよとか、
置いていますよという写真付きのメールを
何人もの人が届けてくれたといいます。

かつて自分が所有していたモノ達の、
新たな活躍の姿を見ていると、
譲ってよかったと心の底から喜びが
わいてきたといいます。

自分には不要でも、他人には必要。
そうしたモノはたくさんありそう。

自分も使わなくなってしまったモノの、
新たな活躍の場を探してあげたいと
思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近、広い空を見ていない。湘南に行って富士山と海と空を見てきました。

毎日、パソコン、タブレットなどの画面を 見続けることが多く、疲れ目、眼精疲労です …

コーヒー、緑茶で病死の危険が減少。国立がん研究センター、東大が発表。

毎日、朝と夕に緑茶。 そしてコーヒーを飲んでいます。 下の死亡率が低い条件にぴっ …

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

富士山の最多登頂記録の登山家・実川欣伸さん。エベレストに再挑戦。

人生で一度は富士山に登りたい。 そう思っている方は多いと思います。 2014年に …

親のための自分史製作サービス「親の雑誌」が2015年5月1日から始まる。

以前、別のブログで自分史の制作サービスを ご紹介したことがあります。 自分が書い …

ふるさと納税で楽天スーパーポイントを付与。楽天がサイトを開設。

「ふるさと納税」。 人気ですね。 多くの人がふるさと納税を行い、 実質的な手取り …

自称・韓国人俳優ユ・ミンソンさんの京都でのヘイトスピーチ騒動。「無断で撮影するな」と言うのはヘイトスピーチ?

自称・韓国人俳優ユ・ミンソンさんが、 京都のラーメン店で、客から、 差別的な発言 …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …