亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「速聴、高速音読」で頭のサビがとれたという知合い。

   

年とともに衰える記憶力、頭の働き。

ある程度、年齢を重ねた方なら
だれでも感じたことがあるのでは。

知合いがそれをなんとかしようと試して、
効果があったという方法を
話してくれました。

その方法とは、速聴、高速音読。

1,自分が覚えたい文章、本などを
自分の声で録音する。
(当初はICレコーダー、その後、
スマートフォン+録音ソフト)

2,録音した音声を速聴する
(ICレコーダー、1.2倍、1.5倍、2倍
といった具合に速度を速めていく)
(スマートフォンの場合、速聴ソフトを使う。
2倍より速い速度も可能)

3,慣れたら、速聴しながら、
高速で音読する。
自分で吹き込んだ音声の他には、
既存の音声を利用する場合も。

《NHKラジオニュース》
ふつう、ゆっくり、はやいと3つの速さの音声があります。
http://www.nhk.or.jp/radionews/
「はやい」は、1.6倍速。

NHKのアナウンサーが、読みあげており、
《NHK放送技術研究所が開発した
話速変換技術を活用してい》るためか、
はっきりと、自然に聞こえます。

YouTube 2倍までの再生速度に対応
https://www.youtube.com/
(設定、再生速度で選択)

毎日少しずつでも続けることで、
だんだん頭の回転が速くなった、
頭のサビがおちたような感覚になったそう。

〇最新のICレコーダーは、
2倍より速く再生できる機種があるようです。
3倍4倍6倍

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

長年使っていた羽毛布団を新素材の布団に変えた知人。暖かさと軽さに驚く。

寒い季節。 あなたはどんな布団でお休みになっていますか? 自分は、もうずいぶん前 …

今日、あなたは天使に会えましたか? 「その日の天使」。

以前、別のブログで、「いいこと手帳」について書きました。 「いいこと手帳」とは、 …

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

あなたは定期的 (毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を どのくらいされてい …

富士山の最多登頂記録の登山家・実川欣伸さん。エベレストに再挑戦。

人生で一度は富士山に登りたい。 そう思っている方は多いと思います。 2014年に …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

「ホラッチョ」は熊本弁か? 由来はトロンボーン漫談のホラッチョ宮崎? イタリア語では「アッチョ」と語尾につけると軽蔑の意味。

経営コンサルタントの経歴詐称問題で、 熊本の中高時代の同級生が、高校時代、 同級 …

形見分けするより、生前プレゼント。亡くなる前に親しい人を呼んで物を整理。

形見分け。 亡くなった人を思い出すよすがとなる品を、 親しい(目下の)人に分ける …