亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

   

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。

五月ころの季節になるとこの句を思い出します。
これは江戸中期の俳人である山口素堂が詠んだ作品で、
目にも鮮やかな「青葉」、
美しい鳴き声の「ほととぎす」、
そして食べておいしい「初鰹」と、
春から初夏にかけての、
江戸の人々が好んだものを題材にしています。

上五(かみご)が、字余りとなっています。
五感のうち視覚、聴覚、そして味覚の3つを
取り込んでいます。
またいわゆる季語が3つあり、俳句のルールからは
外れた句でもあると言われています。

この時期になるとこの句とともに、
先輩から教えてもらった、
目のついた言葉を3つ思い出します。

一つ目は、「目の毒」。
これは「 見ると欲しくなるもの」とか、
それが目にいると、心をかき乱し、
精神によくないものといった意味ですね。

その先輩はその意味とともに、
「ノイズ」といった意味で使っていました。

すなわち、今の断捨離、ミニマリストではないですが、
その人が身を置く様々な空間に、多くのモノがあると、
しらない間に、そのモノが精神に様々な思いを
引き起こし、心をかき乱してしまう。
すなわち、精神上、ノイズとなって、考えをむしばむと。

なので、なにか考えをまとめるとき、
生み出すときは、ノイズ=目に入るモノを
減らしなさいとアドバイスしてくれたのです。

特に気を付けるのは、「文字」が書いたもの。
本、雑誌、カレンダーなど、読んでいないようでも、
脳は不思議に認識していて、読んでしまう。
そうすると、この背景の文字が、考えていることに
影響を与えてしまうのだとか。

そうした言葉を拾わないように、目から文字を
入れないようにしたほうが良いと。

続いて二つ目は、目の薬。
目薬ということではなく、
「目の保養」「目の正月(目正月)」
などとも言われる言葉です。

すなわち良いもの、素晴らしいものを見て、
心・精神を楽しませること、感じることです。

先ほどの「目の毒」の逆。

心がギスギスしたり、イライラしたり、
そうした場合、いろいろと足りないものが
あるのですが、その一つが、目への栄養。

そうした時は、
目に薬・栄養を与えることが必要と。

人でもよいのですが、
もっとも効果的なのは、自然。

花鳥風月といいますが、
花、樹木、そして動物などが、
目そして心を潤わせてくれるのですね。

3つめの言葉は、目垢(めあか)。

これはもともと骨董の世界の言葉なんだとか。

蔵などにずっとしまわれて、
誰の目にも触れずにいたものを「うぶ」。
そこで初めて市場に出たモノを「うぶだし」
などと呼びます。

骨董の世界ではこの
「うぶだし」というのが、
一つの価値。

多くの人に目に触れ、
何度も市場に出回ることを、
「目垢がつく」といい、
その分、価値が下がっていくとのこと。

先輩はこれを次のように解釈していました。

すなわち目垢とは、常識、固定概念にとらわれること。
決まり切った物の見方で見ること。

社会人として経験を積んでいくと、
成功体験、失敗体験をつみ、
あることが起こった場合、
こうしたらいいと自分なりの対象方法が
できます。

それはそれで素晴しいことですが、
定型やルーチンに流れてしまう恐れも
大いにあります。

絶えず初めての時の気持ち、「うぶ」な気持ちに
なってそんもことに対処するということが大事と。

すなわち「いつまでも初心を忘れるな」
ということでもあります。

取引先からの帰り、
代々木公園の若葉を見ていて、
ふいに山口素堂の区と、先輩からもらった
目に関する3つの言葉を思い出したのでした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、 母が新聞を持ってきて、尋ねました。 「こ …

年を取れば取るほど薬、サプリメントに注意。分解、排泄する肝臓・腎臓の機能が低下するため。

昨年の秋に受けた健康診断。 以前に比べて、腎臓、肝臓の値が悪くなっていました。 …

全国の水車を巡る旅。この夏、またどこかに行きたいなー。

先日、東京新聞夕刊に 兵庫県神河町の新野地区にある 水車が紹介されていました。 …

アメリカ東部の長距離自然歩道アパラチアン・トレイルを歩く二人。映画「ロング・トレイル!」、2016年7月30日から公開。

いつかはと描いている夢の一つが、 長距離の自然歩道トレイルを歩き通すこと。 その …

仏壇をどうするか? 実家の始末。お墓そして仏壇。売るに売れず、処分するにもお布施、処分料。

お宅に仏壇はありますか? 仕事仲間で、実家の片付け、始末、 お墓の移転などをした …

「もう浅草の『まるごとにっぽん』に行った?」と蔵前のおばさん。「新しいことに興味がなくなったらおしまいよ」。

2015年12月14日、浅草六区に 日本全国の名産が集まった商業施設 「まるごと …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

「にらみ鯛」のないお正月。暮れになると毎年、魚屋に注文していた祖母。

Xmasがあけて26日。 近所では、毎年恒例の 「歳の市」が始まりました。 お正 …

「ゲスの極み乙女。」「ゲス不倫」「ゲス男」。「ゲス」ってなんだっけ?

テレビのワイドショー、週刊誌などで、 最近、目に付くのが、 「ゲス不倫」「ゲスの …