亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

近所からもらったタケノコを煮る。母が筍を掘っていた「城跡」の土手。

   

台所のテーブルの上に、
「筍と鶏肉」の煮物が
並んでいました。

尋ねたら、近所の方から
いただいた筍を、
母が調理したものでした。

筍は、その近所の方が
犬仲間からもらったものの
お裾分けでした。

その犬仲間の方は、
千葉に大きな竹林を持っているそう。

そこから掘り出したものを
多くの人に分けているそう。

竹林は、こうして筍を採ったりして、
手入れしないと、たちまちはびこり、
あちこちに広がって、手が付けられない状態に
なってしまうんとのこと。

人がいなくなり放置された竹林が、
周囲の畑、宅地などに広がり、
耕作できなくなったり、
建物を壊したりなど、
日本のあちこちで問題になっている
というニュースを見ますね。

まさにそうならないように、
しっかり管理をして、その成果として
筍をとっているとのことです。

母と昼食をとりながら、
そんな筍の話をしていると、
母が昔の筍堀りの体験を
披露してくれました。

以前にも何度か
聞いたことがあるのですが、
今日は、少し新情報が追加されていました。

母の実家は、岐阜市の中心。
なのでそこでの話ではなく、
母の姉が嫁いだ先の話です。

そこを母達は「城跡」と呼んでいた
らしいのですけれど、岐阜の中でも
人口が少ない郡部の高台に立つ大きな屋敷。

実際、中世・戦国時代にはお城だったんだとか。

なので「城跡」と呼んでいたのですが、
周囲の土手(土塁?)に竹林があり、
毎年春になると、
そこに筍を掘りに行っていたそう。

柔らかく白くてえぐみの少ない、
とても良い筍だったんだとか。

しかしそこは、屋敷は残っているものの
母の姉夫妻をはじめ、管理する人が
誰もいなくなり、現在、無人。

伯母さんがまだ若い頃は、毎年、
畑を作りにいったり、筍を採りに行ったり
していたのですが、年を取ったため、
いまでは放置されているのです。

何年か前、母が同窓会で帰郷した折、
その「城跡」がある町の
教育委員会にいた同級生が、
そこが町の史跡(文化財?)に
指定されていることを教えてくれたそう。

さすがにその時、
「筍はどうなっている」とは
尋ねられなかったとのこと。

今になって、母はしきりに、
「あの筍は今、どうなっているのか」
と、気にしていました。

城跡も、そして筍も大好きなので、
一度、母のかわりに、
その「城跡」を訪ねてみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2月22日は、ニンニンで忍者の日。甲賀忍者の子孫発見。昔、従兄弟が打ち明けたわが一族の秘密。

2月22日。 一般には「猫の日」で知られていますね。 ニャーニャーという鳴き声か …

早朝に2日続けて地震。「備えは大丈夫」とメールを送ってくれた福島の知り合い。

2016年11月21日22日と 2日連続で早朝に大きな地震がありました。 地震で …

鏡を見る人ほど寿命が長い。体重計に毎日乗るだけで適性体重に。

会社の定期健康診断で気になる数字が出て、 医師・栄養士の指導を受けなければ なら …

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

歴史小説家・山本周五郎。 今なお多くのファンを持つ、 作家の一人です。 2017 …

井村屋の「あずきバー」。小さくなります。プレミアムタイプ「ゴールドあずきバー」発売。2015年4月14日発売。

1973年発売のロングセラーのアイス「あずきバー」。 2015年4月14日から、 …

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

取引先の新入社員。ネットワークカメラで一人暮らしのマンションを防備。実家、祖父母宅にも設置し見守る。

取引先の今年春からの 新入社員。 会社の近くの ワンルームマンションに 住んでい …

元手なしで大もうけ? 知合いのマンションで起きたこと。民泊ビジネス。

民家に外国人観光客などを泊める民泊。 今、日本でも大きな話題になっていますね。 …

大人向けの塗り絵「コロリアージュ」。教室、本、色鉛筆。ストレス発散、認知症予防に効果。

以前から気付いてはいたのですけれど、 「大人の塗り絵」がブームのようですね。 実 …