亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

近所からもらったタケノコを煮る。母が筍を掘っていた「城跡」の土手。

   

台所のテーブルの上に、
「筍と鶏肉」の煮物が
並んでいました。

尋ねたら、近所の方から
いただいた筍を、
母が調理したものでした。

筍は、その近所の方が
犬仲間からもらったものの
お裾分けでした。

その犬仲間の方は、
千葉に大きな竹林を持っているそう。

そこから掘り出したものを
多くの人に分けているそう。

竹林は、こうして筍を採ったりして、
手入れしないと、たちまちはびこり、
あちこちに広がって、手が付けられない状態に
なってしまうんとのこと。

人がいなくなり放置された竹林が、
周囲の畑、宅地などに広がり、
耕作できなくなったり、
建物を壊したりなど、
日本のあちこちで問題になっている
というニュースを見ますね。

まさにそうならないように、
しっかり管理をして、その成果として
筍をとっているとのことです。

母と昼食をとりながら、
そんな筍の話をしていると、
母が昔の筍堀りの体験を
披露してくれました。

以前にも何度か
聞いたことがあるのですが、
今日は、少し新情報が追加されていました。

母の実家は、岐阜市の中心。
なのでそこでの話ではなく、
母の姉が嫁いだ先の話です。

そこを母達は「城跡」と呼んでいた
らしいのですけれど、岐阜の中でも
人口が少ない郡部の高台に立つ大きな屋敷。

実際、中世・戦国時代にはお城だったんだとか。

なので「城跡」と呼んでいたのですが、
周囲の土手(土塁?)に竹林があり、
毎年春になると、
そこに筍を掘りに行っていたそう。

柔らかく白くてえぐみの少ない、
とても良い筍だったんだとか。

しかしそこは、屋敷は残っているものの
母の姉夫妻をはじめ、管理する人が
誰もいなくなり、現在、無人。

伯母さんがまだ若い頃は、毎年、
畑を作りにいったり、筍を採りに行ったり
していたのですが、年を取ったため、
いまでは放置されているのです。

何年か前、母が同窓会で帰郷した折、
その「城跡」がある町の
教育委員会にいた同級生が、
そこが町の史跡(文化財?)に
指定されていることを教えてくれたそう。

さすがにその時、
「筍はどうなっている」とは
尋ねられなかったとのこと。

今になって、母はしきりに、
「あの筍は今、どうなっているのか」
と、気にしていました。

城跡も、そして筍も大好きなので、
一度、母のかわりに、
その「城跡」を訪ねてみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「もしもピアノが弾けたなら」。ある曲を死ぬまでに弾けるようになりたいという知合い。最新の電子ピアノで実現。

昔、西田敏行さんが歌ってヒットした 「もしもピアノが弾けたなら」 という曲があり …

空に泳がぬこいのぼり。かわいい五月人形。

5月5日、子どもの日、端午の節句。 街中なので、ご近所に鯉のぼりは 空には泳いで …

2016年は60年に一度のお遍路、逆打ちの好機。閏年、丙申(ひのえさる)。

お遍路は春の季語。 この時期、四国八十八ヵ所は、 お遍路さんの姿を多く見かけます …

人生に遅すぎることはない。「遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則」。

「大器晩成」「遅咲き」。 大好きな言葉です。 反対に嫌いな言葉は、 「栴檀は双葉 …

初月給。母親の遺品を整理。鏡台の引き出しに残されていたのは……。

4月25日は、 「ファーストペイデー(初任給の日)」 と呼ばれるのだそう。 初め …

お正月だからこそ、ふだん手を抜いていることに手を掛け、時間をかけてみる。

2016年を迎えました。 年々薄れてきているように思えますが、 3が日は、1年の …

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。 9月、知合いの方が、阿藤快さんとお …

暑中お見舞い。暑中伺い。違いをご存じですか? 黒木瞳さんも知らなかった常識。お中元のタブー。

黒木瞳さんが、朝日新聞に連載の 「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 2015年6月2 …

知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

あなたは、知らない場所に行くとき、 スマートフォンの地図アプリを使いますか? 昔 …

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

家に少しだけ木が植わっています。 そこに様々な生き物がやってきます。 一番多いの …