亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

   

還暦を過ぎた知人。

何年か前にスマートフォンデビューをして、
今ではすっかり使いこなしています。

最近、ずっと凝っているのは、
脳トレのゲームとか。

短い時間でトレーニングを
することができるので、
ちょっとしたすきま時間に
やっているのだとか。

けれどスマートフォンの画面を
ずっと見続け、指を酷使するのは、
とても疲れることにも気づいたそう。

そこで始めたのが、
アナログな自作の脳トレカード。

といってもそれはとても
シンプルなもの。

活用しているのが、新聞の折り込みチラシ。
スーパーのチラシが一番役立つとのこと。

それをどうするか?

商品、製品ごとに切り抜き、
ちょっと厚手な紙にはりつける。

ただそれだけ。

使い方は、自作カードを裏返しておき、
それをひっくり返す。

貼り付けられた物の名前を言う。
例えば、ゴールデンキウイといった具合
(商品名などはとっておく)
できるだけ早く名前が言えるようにする。

他にはゴールデンキウイが出たら、
果物の名前を、他に5つ言ってみると
いったトレーニングをする。

「いちご」が出たら、
品種名をできるだけ言ってみる。
(書き留めて、後で調べる)

ほかには、値段が書いたものも作っておく。
こちらは、テーブルの上などに、
何枚も並べておき、4つほどとる。

そして買い物したとして、合計額を暗算。
手元の紙に書きます。
後で電卓などで計算し、正解かどうか確認。

この他、やっているのは、人物カード。
これは、新聞・雑誌などにでてきた有名人を
切り抜いておく。

顔を見たら、名前を言うというトレーニングです。

こうした訓練をしているうちに、
以前より頭の働きが良くなり、
物や人の名前がすっと出るようになってきたとか。

訓練しないと本当に、どんどんと
ものごとは忘れるし、新しいことも
入ってきませんよね。

自作カードで脳トレというのは、
アナログだけれど、なかなか
よい方法なのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お歳暮・お中元、年賀状のやめ時、やめ方。

まだまだ先だと思っていたら、 お歳暮商戦が始まりました。 昨日、デパートから母に …

コーヒー、緑茶で病死の危険が減少。国立がん研究センター、東大が発表。

毎日、朝と夕に緑茶。 そしてコーヒーを飲んでいます。 下の死亡率が低い条件にぴっ …

知人がぎっくり腰で車椅子で仕事に。冬先、寒さで発症も。前兆に気をつけろ。

ぎっくり腰。 経験した方、多いのではないでしょうか> 今日、仕事場に行ったら、 …

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

ここ最近、病院に通ったり、 大病を患って通院、入院した身内、 友人の話をいろいろ …

「食の記憶」。卵かけご飯の思い出。一個を妹と二人で。先に卵をかけさせていた姉の思惑とは?

卵かけご飯。 今はほとんど食べなくなってしまったのですけれど、 聞くだけで懐かし …

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

高齢の現役の医師として有名なのは、 104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。 …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

養子に出された子どもは知能が高い。異なる価値観に触れる。

2015年9月7日の朝日新聞、 《Journal M》《反抗期を乗り切るために》 …

春は名札の季節? 知合いの高齢者が便利という連作先名札アイロンプリント。

小学校にあがるとき、制服やカバンはもちろん、 道具箱、体操着、教科書などなどに名 …

友達のお母さんと、姉の戸籍の秘密。

そんなに前のことではないと思うのですが、 ある有名人女性の戸籍が、実際に生まれた …