亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

新人営業マンの研修を見守ったベテラン営業マンが、「ここまで気を遣わねばいけないのか」と驚いた講師の教えとは? 

   

知合いの会社の新人研修について
先日、話を聞きました。

知合いは、ベテランの営業マンですが、
お目付役で研修を見守ったそう。

その研修の一つが、
営業マンの身だしなみ。

直接、お客さまに接する
営業マンの場合、身だしなみが
内勤の人以上に重要ですね。

もうずいぶん前になりますが、
大学時代の同級生があるホテルに就職。
研修を受けた後に会った時に、やはり
その研修の一部を教えてくれました。

自ら鏡を持ち、頭の上から靴の先まで
チェック項目(髪型、目やに、鼻毛、
無精ひげ、歯、口臭、ネクタイ、ボタンなどなど)を
一つ一つ確認していくんだそう。

手鏡に加え、控え室にある大きな姿見、
さらには、同じシフトの同僚とも互いの
特に後ろ姿をチェックしていくんですね。

それを聞いた時、まだ学生気分だった自分は、
やはりお金を稼がないと行けない社会人は、
生半可では勤まらないと思ったものです。

話を知合いの会社の話に戻しましょう。
知人がとくに気になったのは、
臭い、香りについての講義、注意だったそう。

最近は、臭いにより周囲を不快にさせる
スメルハラスメント(スメハラ)なんてことが、
言われていますね。

そのためか、接客する場合も、悪臭はもちろん、
オーデコロン、香水など良い匂いであっても
気をつけねばいけないのだそう。

男性に比べ、女性の方が一般に臭い、香りに敏感。
悪臭の場合、嫌悪感が強く出て、その人だけでなく、
お店、商品を嫌いになってしまう恐れがあるとのこと。

気をつける一つ目。
「臭い」の発生源を見極めそれを断つ。

汗、皮脂腺など新陳代謝により発生する臭い。

頭皮、耳の後ろ、脇の下、股間、足指など、
汗腺、皮脂腺の密集する場所と、
発生する場所は限られているで、そこを
重点的に注意して清潔に保つこと。

香りより前にそうした発生源から臭いをとる。

体だけでなく、服、持ち物にも注意。
下着などは、洗剤では取り切れない臭いが
蓄積していることがあり、それは煮沸洗浄、
皮脂を分解する重曹などで洗濯する。

Yシャツ、またスーツも古い場合は、
取り切れない臭いがあるので、一度、
第三者にチェックしてもらう。

そうした汚れ、臭いの発生源を
清潔にする時に気をつけるのは、
様々な消臭、防臭グッズに含まれている香り。

最近は、柔軟剤、除菌スプレー、防臭スプレーなど
様々な臭気を抑えたり、分解したりするグッズが
数多く発売され、使っている人も多いですね。

それらには、香料を使っているものが多数ある。
それらをバラバラに使っていると、香りが過剰になったり、
混ざってしまっておかしな香りになっている場合があるのだそう。

なのでそうしたグッズを使う場合は、
原則として、無臭のものを使う。

またコロンなどの香り付けは、
弱めに1種類が原則。
また一度に噴霧は1~2度で十分。
くれぐれもつけすぎないこと。

なお人の鼻は自分の香りに慣れてしまうので、
どんどんつけすぎになりがち。
なので、休日はつけない。

また数ヶ月に一度は、リセットする意味でも、
香りを断つ、香り断食をしてみると良いとも。

知人は、そこまで気を遣わねばいけないのか
と少しびっくりしたそう。

自分も驚くとともに、
気をつけねばと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

元手なしで大もうけ? 知合いのマンションで起きたこと。民泊ビジネス。

民家に外国人観光客などを泊める民泊。 今、日本でも大きな話題になっていますね。 …

肩凝り、眼精疲労。ドラッグストアなどでビタミン、サプリメントを買う前に。病院で処方すると10分の一以下で……。

眼精疲労、肩凝りで悩んでいる方、 多いのではないでしょうか? かくいう自分もそう …

ある焼き肉店の店主。味のためにどんどん捨てる肉。儲けより信念。誠実さとは。

先日、NHKの番組「プロフェッショナル」で、 山谷のコーヒー豆焙煎、喫茶店のカフ …

歌手の庄野真代さん。病室で記した「やり残しリスト」。

朝日新聞の中高年世代を対象にしたページの 中にある「(Reライフ)人生充実」とい …

「ポーチおじさんになりなさい」と管理職向けの講座で言われた知り合い。

男性のあなた。 外出するときにバッグの中に ポーチは持っていますか? 中に、汗ふ …

「ネズミに引かれないように」。意味、わかりますか? 知っている人は年配?

「ネズミに引かれないように」。 こんな表現がメールに書かれていたら、 あなたは、 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …