亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

伊豆・宇佐美のペンションから、ホタル観賞のお誘いが来たが。

   

静岡県伊東市の宇佐美にあるペンション。

もう10年ほど前になりますが、
定期的に泊まっていました。

そこから毎月、催しもののお知らせとともに、
ペンション近くの季節の花、動物、虫などの
自然についてのお便りがメールで届けられます。

先日、来ていたものには、6月初めから、
近くの川、公園で毎年恒例のホタルの観賞が
出来ますと書いてありました。

そう言えば、6月に泊まった時、
夜にペンション近くの川に、
ホタルを見に行ったことを思い出しました。

当時、そこはホタルを見る場所としては、
有名ではなく、地元の人だけが知っている
まさに知る人ぞ知るという穴場。

なので、その宿で一緒だった人と、
ご近所に住む家族連れくらいしか
人はいませんでした。

また遠くに街灯などの人工的な光がなく、
ホタルのかぼそい光を味わうには最適な
場所だったのです。

ところがメールによれば、なにかで
紹介されたらしく、年とともに人は
増えていき、混雑するようになったそう。
その一方で、川の水量が減り、そのせいか
ホタルの数が減ってしまったとのこと。

伊東観光協会オフィシャルサイト
《ほたる観賞会》
http://itospa.com/hotaru/

なんだか残念ですね。

それとは逆に、一度、激減してしまったホタルを
町の人の努力で復活させた所もあります。

長野県辰野町
《ホタル保護の歴史》
http://kankou.town.tatsuno.nagano.jp/firefly/info/detail16.html

この辰野町とは違う場所ですが、
長野県の村にやはり定期的に通っていた頃、
村の人から、ホタルの名所に連れて行って
もらったことがあります。

そちらの方は都会からかなり離れているためか、
まだ以前と同じくホタルが群れ飛んでいるようです。

こうしてまだ現状を維持している場所もありますが、
先に書いたように、数が少なく荒れている場所も。

行けるときに、無理をしてでも、
行かないと、後で嘆くことになるかもしれません。

ホタルから、今、
行動する大切さを
知らされました。

2004年の出版ですが、現在はどうなっているのでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「もっと早くから使っていれば良かった」と知合いが話したグッズ。買って失敗しても良いから、買ってみる。

こんなにいい物だったら、 もっと早くに買って、 使っておけば良かった。 誰にも、 …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

年配の知り合いが、かかりつけの医師から飲むように言われた意外なものとは?

年配の知り合いが、 先日、かかりつけのお医者さんのところに。 持病があり、定期的 …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

「おかわりはいかが?」「大丈夫です」。果たして、おわかりは、いるのかいらないのか?

「大丈夫、大丈夫」。 あなたは、この言葉、 日常会話の中で使っていますか? 自分 …

養子に出された子どもは知能が高い。異なる価値観に触れる。

2015年9月7日の朝日新聞、 《Journal M》《反抗期を乗り切るために》 …

電動スープメーカーを買って、1年365日スープを飲んで健康になった知合い。スープ健康法。

料理研究家の辰巳芳子さん。 映画にもなったスープ作り。 病床のお父さんのために …

涙のカステラパン。中学の時に食べたパンで同窓会が大盛り上がり。食の記憶。

中学生の時って何であんなに お腹をすかせていたんでしょう。 部活の前と後、学校の …

「重要通知」と言う件名で、セゾンカードのNetアンサーのフィッシング詐欺メールが来た。

2015年12月9日、メールをチェックしていたら、 「重要通知」という件名のメー …