亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知合いが最近、こり始めたのは豆乳作りと豆腐作り。タンパク質をとるよう勧められたが乳製品が体に合わず。

   

自分より上の知合いが、健康診断・栄養診断で
栄養不足、特にタンパク質が足りていない
と言われ、積極的に乳製品、卵、肉・魚類などを
とるよう言われたそう。

ところが知合いは牛乳・乳製品が苦手。
というかアジア人に多いと言われる
乳糖不耐症。

小さい頃から、牛乳をのむと
お腹がゴロゴロして
体調が悪くなる体質です。

乳製品のかわりに大豆などを初めとする豆製品、
鶏肉を中心にタンパク質を補うことにしたそう。

別の知人は、この間、このブログで書きましたが、
蒸し大豆を利用しているよう。

けれど乳製品がわりに使える豆乳にして、
飲むだけでなく、料理に使おうと考えたんだそう。

牛乳を料理特に和食に使うのは乳和食と呼ばれ、
ここ最近、ブームになっていますね。

そこで使われる牛乳を豆乳で代用しようと
いうことのようです。

実は知人は、以前、もう20年以上も前、
やはり豆乳がブームになったときに
豆乳を取り入れたことがあるそう。

しかし、味に特有の苦みがあることに気づき、
1ヶ月もたたないうちにやめてしまったといいます。

その時以来、豆乳およびそれを取り巻く状況は
大幅な進化を遂げていたと。
豆乳メーカーは機能・デザインともに改良されており、
ほぼ全自動で手間なく失敗なく簡単に美味しい豆乳を
作ることが出来る。

後の手入れもとても簡単。
こうして作りたての豆乳を飲んだり、
料理に使ったりすることで、タンパク質をとる。

毎日のようにこうした自家製豆乳を取り入れる
食生活を続けた結果、栄養不良状態が改善された上に、
減塩効果もあり、血圧の数値も正常範囲内になったとのことです。

知人のお勧めレシピは、
「豆乳そうめんつゆ」。

そうめんを食べる時のつゆに半量くらいの
つくりたて豆乳を混ぜるだけ。

さらにすりごまなどを加えてもよいそう。

ともかく、こくがでて、醤油のとんがった味を
まろやかにしてくれるとのこと。

さらに市販のにがりを作り、豆腐(おぼろ豆腐)作りも。

これまた出来たては、同じ豆腐とは
言えないほどの、美味しさだそう。

試してみたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

料理名人の曾祖母の教え。一寸切り(切り口一寸、一口一寸)。わが家では一寸二分。食べる人への思いやり。

先日、ご近所から頂いた筍の話を書きました。 そのときにも、そして今日、 家人が作 …

「転ばぬ先の杖」。母が杖がほしいと希望したので、買ったら、進歩に驚く。

先日、母が急に、 「なんだか足下が不安になったので、 『転ばぬ先の杖』の言葉通り …

あなたの心がほっこりすることってなんですか? 「HAPPINESS IS… 幸せを感じる500のこと」。ふわふわのタオル。

夜7時のNHKニュース。 母と一緒に見ていることが多いです。 以前は初めから終わ …

年をとればとるほど歴史を知りたくなる。世界史の勉強を始めた友達。「世界史20話プロジェクト」。

絶え間なく揺れ動く世界情勢。 今の世界の動きを深く知るには、 世界史の知識が欠か …

「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

先日、料理人の方々と食事。 いろいろと興味深い話を伺ったのですが、 その中で、一 …

スロージューサー。人参林檎ジュースを毎日、作り飲んでいる友の悩み。大量の絞りかすの消費。コールドプレスジュース。

朝日新聞土曜版。 青木奈緒さんの連載「作家の口福」。 《うまし悩まし健康ジュース …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

「日本はお菓子でアメリカを征服できるよ」。毎日かあさん。「第609回息子からの便り」。

漫画家・西原理恵子さんが、 毎週月曜、毎日新聞朝刊に 連載している「毎日かあさん …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …