亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

   

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。
学生にもかかわらず、珍しく自分の車を
持っていました。

あるとき、それでドライブをしようということになり、
ゼミの仲間何人かと奥多摩に。

連れて行ってくれたのは、わさび田でした。

わさび田と言えば、静岡と思っていたので、
東京の多摩でも山葵が栽培されることに
びっくりしました。

そしてその場で、わさびをわけてもらい、
鮫皮のおろし器ですったわさびで食べた
ご飯の美味しかったこと。

それまで刺身の脇に添えられていた山葵は、
本わさびといいながら、香りや甘みが
抜けていたんだなと強く感じました。

わさびって爽やかな香りがして、
甘みがあり、その後に辛みがくるんですね。

食の仕事をしていた知合い。
現在は現役を引退しています。

がやはり食に関心が強く、
自分なりに立てた食のテーマをもとに
各地を回っているんだとか。

今、一番興味を持っているのが、わさび。

小さな所を含めればわさびって、
日本各地の清流のあるところで
栽培されているんですね。

3月にはこんな本も出ています。
《知って楽しい わさび旅 <大人の学び旅>シリーズ3》
http://www.shc.co.jp/book/detail/000993.html

《わさび栽培発祥の地・有東木(静岡)
日本有数のわさび産地・中伊豆(静岡)
湧水が育む類のないわさび田・安曇野(長野)
たくましく育つ伝統のわさび・奥多摩(東京)》

春になるまえ蕾みの状態の「花わさび」。
2月から4月頃に出荷されます。

お浸し、天麩羅などにして食べると
美味しいですね。

蕾みが開いたわさびの花は、
白くて、十字の形をしており、
3月~4月半ば頃に咲きます。

知人は、安曇野にわさびの
花見に出かけたとのこと。

もちろんわさびの花や、それを使った
おやきなどが販売されています。

《安曇野のわさびの花・わさびの花の収穫祭(花まつり)》
http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/event/wasabi.htm

素晴しいところばかりとのことですが、
お勧めは島根県の匹見町。匹見わさび。

《美しい水と森と「匹見ワサビ」掲載日:2014年12月 2日》
http://www.shimane19.net/column/2014/12/02-1406.html

このわさびで、現地で、
そばやお刺身を食べてみたいですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

母が頭を悩ます「ひな人形問題」。家に2揃いのひな飾りが眠る。人形供養か、どこかに寄贈か……。

3月3日、ひな祭り。 お宅では、ひな人形を飾られましたか? わが家では、もうずい …

全日空、日本航空。2016年4月発券分から、燃油サーチャージがゼロに。6年半ぶり。

原油が値下がりしています。 ガソリンは、東京でも リッター100円を切るところも …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …

ジョギングしている70代の人と、全然、運動していない70代の人の遅筋の量は同じ。筋トレの必要性。

毎日、ウォーキングをしています。 といっても、日常生活での中の動きを含めて、 1 …

「お父さん、臭くなくなった」と娘に言われた友達の秘密兵器とは?

結婚されて子どもがいらっしゃるお父さん。 奥さんや娘さん、息子さんから、 「お父 …

大人のための粉ミルク「ミルク生活」。森永乳業が販売開始。昔はやった粉ミルクダイエット、美容法。

もうずいぶん前になりますが、 赤ちゃん、乳児が飲む粉ミルクを 大人が飲むというの …

足、手のしもやけの予防法。生姜足湯、指湯、紫雲軟膏。意外に足は汗をかいている。

小学校の頃、冬の季節、 外で遊び回っていると 出来たのがしもやけ。 手の指、ひど …

唱歌「故郷」の4番を考えよう。「自分にとっての『故郷』」とは?

唱歌「故郷」。 年をとるとともに、その良さがわかってきました。 都会生まれで育ち …