亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お歳暮・お中元、年賀状のやめ時、やめ方。

   

まだまだ先だと思っていたら、
お歳暮商戦が始まりました。

昨日、デパートから母に届いた封書に
お歳暮のカタログが入っていました。

あなたの家ではお歳暮を贈っていますか?

わが家ではずいぶん、少なくなりましたが、
数軒、お歳暮を贈っています。

先日、年配の方に話をする機会があって、
世間との付き合いを整理するという話になりました。

現役を引退し定年になり、嘱託になったとき。
その嘱託もやめたとき。
年金生活を始めたとき。

そうした節目ごとに、
様々な方との付き合いを
整理していったそう。

そして80歳を超えた時、
残っていた友人、親戚の間での
お歳暮、お中元をすっぱりとやめたと言います。

親戚との付き合いは完全にやめた訳ではなく、
なにかお祝い事があったら、お祝いや贈り物はする。

お歳暮、お中元などの
定期的なやりとりをやめただけだと。

そのかわりに、葉書、電話で、
互いの近況を伝える機会を増やしたそう。

そうそうお歳暮、お中元の後、
年賀状、暑中見舞もやめたとのこと。

特に年賀状は年末のなにかと忙しい時に、
時間をとられるので、やめたらすっきりしたと言います。

そのかわり、年が明けて、しばらくして、
節分の前、旧暦の新年にあわせて、
少数の友達、親戚に送るとのこと。

つまり自分がやりたいことはするが、
やりたいこと、虚礼となっていることはしない
を貫くというのがその方の姿勢です。

見栄を捨てると、
まだまだ人生、暮らしやすいと
話していました。

考えさせられる一言でした。

〇いただくお歳暮、お中元も断る。
頂いた後の礼状で次回から辞退する旨、告げる。

〇年末に付き合いのあるお店、企業から
もらう手帳、カレンダー類を断る

〇冠婚葬祭の出席も厳選する
出席せず、お祝い、香典、電報のみにするなど。
(「三欠く(さんかく)」。「恥かく 義理かく 人情かく」)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

先日、靴下、そして靴を買いました。 靴下は足の親指と他の指が分かれている 足袋型 …

温まる手袋(インナーグラブ)を室内でつけ、血行を良くし、マッサージ。指、腕の凝りを解消。高血圧の人にもお勧め。

パソコンを長時間使っています。 両手、両腕、特に右腕がとても疲れています。 お医 …

日本がラグビーのW杯第一次リーグで南アフリカに勝利。史上最大の番狂わせと表現。

それがどれほどすごいことなのか、 自分がその価値をよく知っていることに たとえて …

ママチャリで地球一周4万キロ。84歳男性、自宅近所を毎日、6年かけて。

先日、イチロー選手が4257本という安打の 記録を達成したときに、このブログでエ …

家に病気の人がいたら治す。壊れたものがあるなら修理しなさい。使わなくなったものは感謝して捨て成仏させてあげなさい。

最近、ルーター、ISDNのターミナルアダプター、 携帯電話、コーヒー豆のグライン …

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

元横綱・千代の富士関、九重親方が、 膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられま …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

「人生煎じ詰めれば……」。煎じた後に残るものは?

昔、近所におばあさん1人で 住んでいるお宅がありました。 その前を通ると、なんと …

老後破産。独身・一人暮らしの友達が老後について計算したら……。

同年代の独身の友人に、 先日久しぶりに会いました。 これまでいつも元気だったのに …

4月6日に発表。「HAPPY NEWS 2014」。大賞は「整頓されているから」に感想を寄せた鹿児島の古垣さん。

4月6日は新聞を読む日。 それを記念し、 読んで幸せな気持ちになった新聞記事とコ …