亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

   

「あずる」という言葉をご存知でしょうか?

突然この言葉について書き始めたのは、
2016年12月15日、日経新聞文化面に
《方言辞典「あずる」職場救う》
との見出しの記事が書かれていたから。

個人的にとても懐かしい言葉なのです。

阿部啓治さんという、山口県の
方言愛好家の方が書かれたものです。

この方は、ある企業につとめるかたわら、
生まれ育った山口県ならびに周南地域(県南東部)の
方言を記録に残したいと思い、
実際に「山口弁(周南地方)辞典」を出版されました。

その山口さんが、お勤めの会社の作業現場で、
よく使われている方言の一つとして
あげられているのが、「あずる」です。

《あいつはあの現場であずり回しちょるよ》

祖母は瀬戸内海をへだてた
愛媛県東予地方の出身ですが、
この「あずる」をよく使っていました。

《「あずる」とは「てこずる。窮する。もてあます」などの
意味で、より大変なときは「あずりかえす」「あずりまわす」
と表現する》。

祖母が使っていたのは「あずりまわす」でした。
祖母は20代半ばで神戸・大阪に移り、
以後亡くなるまで、そちらで暮らしました。

言葉はずっと故郷のままでした。

祖母が「あずり回る」というと、
その顔や言い方も含め、関西弁や標準語で言うよりも、
より気持ちがこもって、切実に感じたものです。

祖母が「あずり回る」というと、
その顔や言い方も含め、関西弁や標準語で言うよりも、
より気持ちがこもって、切実に感じたものです。

《足を地にすりつけるような動きを表す「足摺る」から
派生したと思われる。「彼はあの現場で作業が進まずに、
大変、困っている」という意味だ》。

四国の高知県に足摺岬がありますが、
あの足摺りが「あずる」の語源かもしれないのですね。

方言はより言葉が心に寄り添うように感じます。
祖母も近所の人と話すときは、姉たちによれば、
大阪弁を使っていたそう。

けれど、自分の本当に話したいことを語るときは、
田舎の言葉を話していたそう。
祖母のお姉さんが元気だったころは、
二人で田舎の言葉で語り合うのが
大きな楽しみだったよう。

お姉さんが亡くなって一番つらかったのは、
田舎の言葉で昔話ができなくなったこと
とも話していました。
(姉たちは大阪の生まれ育ちなので、
田舎の言葉が使えなかったので)

小さい頃に身につけた言葉はまさに母語。
その人を形作るとても大切な存在。

故郷を離れた祖母は、言葉で田舎を
思いだし、確認していたのでしょうね。

仕事がなかなかはかどらない時、
ふと「あずり回る」を思いだし、
「おばあちゃん。仕事にあずりよる」って
つぶやくと、祖母の笑顔と返事が返ってくる
気がします。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

80代の知合いが8月に受けた健康診断、栄養指導で、栄養不足中でもタンパク質不足を指摘される。

先日、80代の知合いに合った時、 「いやー、栄養不足だっていわれちゃって……」 …

7月10日は納豆の日。臭いのしない納豆。夜納豆。加熱しない。オリーブオイル納豆。栄養、効能を生かす食べ方は?

7月10日は納豆の日。 あなたは納豆、お好きですか? 先日、テレビを見ていたら、 …

「ついに来たか」と年配の知人。カメラの重さがこたえ、軽量カメラを購入。

春。 桜をはじめ様々な花が咲き乱れています。 被写体に困らないシーズンですね。 …

ANAがベトナム航空に出資、業務提携へ。マイレージも。2016年秋に共同運航を予定。

全日空が、ベトナム航空と提携を合意したと、 2016年01月12日に発表しました …

2015年ノーベル物理学賞、ニュートリノ研究の梶田隆章さんら2人に。

2014年そして昨日に続いて、日本人の研究者が またノーベル賞受賞です。 スウェ …

人生、いつ何が起こるかわからない。備えの大切さを改めて。以前、泊まったホテルの露天風呂が流される。

台風にともなう大雨で、大きな被害が出ています。 まさかこれほどの被害になるとは。 …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …

「おいど(お尻)をしめなさい」。元気、精気を逃がさず。心も安定。

先日、テレビを見ていたら、 京都の祇園が特集されていました。 (再放送) 新日本 …

忘年会シーズン、スマホ、かばん、財布、家の鍵など、忘れ物防止法。

忘年会、クリスマスパーティ、 そして新年会と飲む機会が増える季節です。 年に一度 …