亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

   

先日、新聞の書籍広告に

が出ていました。

タイトル通り、子どもが語った
大人が感心するような言葉を集めたものです。

広告にあがっていたのは、
《ママ、いいにおい
ハートのにおい!》

いやー、なかなかですね。

お子さん・お孫さんをお持ちの方は、
一度は、
「うちの子、こんなことを言うなんて、
もしかして天才」って思ったことがあるかも。

友達のお子さんは、4歳位の時に、
ガソリンスタンドの前を通り、
「ブーブーがご飯を食べるところ」と表現したそう。

それを聞いた友達は、
「この子は、将来、天才的な詩人になるかも」
と思ったそう。
ひどく感激し、この話を自分にも
教えてくれたという訳です
(今は、国語のテストも平均点くらいの、
いたって普通の高校生だとか)

数少ない語彙で、なんとかしたいという制約が、
大人をもうならせる表現を生むんでしょうね。

もう一冊、テレビなどでも紹介され、
哲学的と高い評価を得ているのが、

10歳の中島芭旺(なかしま・ばお)くんという男の子が
書いた言葉です。

この芭旺くん。年齢からすると小学生なのですが、
小学校には通っていないのですね。

その変わりに、「おもしろい! 」と思った本の
著者の講演会にひとりで出かけて行ったりして、
自分で勉強しているんだそうです。

本を出したいと思ったこの少年が、
出版社の編集者とやりとりして
出来上がったのが、この本。

誤字を訂正し、句読点を入れ、
改行箇所を変えた以外、基本的に原文のまま。

広告などでも揚げられているのが、次の文章。

《「動物や植物の命を頂きながら人間は生きている。
嫌いだけど食べるなんてひどい。
嫌いなら食べなくていい。
好き嫌いを無くそうなんて、ひどい話。
命を頂くのだ。感謝して頂くだけだ」》

いかがですか。
続いてはこちら。

《「おなじばしょでも
ちがうほうこうをみれば
またちがうけしきがみえる」》

もしかして学校に通わないからこそ、
こうした言葉が生まれるのかもしれません。

その年齢の時にしか、表現できない言葉。
自分は、小さい時、どんな表現をしていたのだろう。

タイムマシーンに乗って、
確かめたくなりました。

母や周囲は、おそらく忘れているだけで、
もしかしたら自分も天才的なことを話したり、
書いたりしていたのかもと、希望をもつことにしましょう。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日記つけていますか? 80代の女性が買う日記は、3年日記、5年日記、それとも10年日記。

来年の手帳、カレンダーまた日記を買い求める季節となりました。 近所の文房具店、書 …

連れ子とは本当の親子ではないのか? 連続テレビ小説「まれ」の中でのセリフ。親子関係とは?

先日も、NHK連続テレビ小説「まれ」の主題歌についての、 知合いの厳しい意見をご …

朗読した後は声と言葉が出やすくなる。魚住式スピーチメソッド。知合いの通訳が仕事前に実行する、あることとは?

日本テレビの元アナウンサーの魚住りえさん。 声、話し方の本を出されており、話題に …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …

深交と親交。声帯を失うも奇跡的に復活した韓国テノール歌手のベー・チェチョルさんと日野原重明さんの関係。

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさん。 ご存じでしょうか? ヨーロッパでデビュ …

年度末、取引先を訪れたら段ボールの山。「人生には締めとキリが必要」。

2017年3月29日、長年の取引先を訪れたら、 大量の段ボールば廊下に積み上げら …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

噴火、地震。被害のない災害は、備えをしなさいとの警告。

2015年5月25日、月曜日。 午後2時すぎ、取引先の会議中に、地震が起きました …

「ヤマトナデシコ(大和撫子)」の意味を若い人に聞いてみたら……。

なでしこジャパン。 女子サッカーW杯が行われたカナダから 帰ってきました。 連覇 …

日野原重明先生、なでしこジャパンの試合を見て不整脈。スポーツ観戦は生ではなく録画で。

まもなく2015年のテニス全米オープンが始まります。 錦織選手の活躍、初優勝が期 …