亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「にらみ鯛」のないお正月。暮れになると毎年、魚屋に注文していた祖母。

   

Xmasがあけて26日。

近所では、毎年恒例の
「歳の市」が始まりました。
お正月用品の販売が始まっています。

わが町内は、取り決めで門松、注連飾りを
しないことになっており、そのかわりに、
紙に印刷された注連飾りが配られます。

今朝、町会の役員さんが配りにやってきました。

お正月の準備で思い出すことの一つが、
大阪の祖母の家で行っていた
「にらみ鯛」です。

ご存じでしょうか?

おめでたい魚の鯛。
その尾頭付きの塩焼きです。

お正月の三が日の間は飾っておき、
それが済むといただきます。

「にらみ鯛」は、お正月だけでなく、
おめでたいご祝儀の席でも出てくる縁起物。

その場では食べずに飾っておき、
見ている(にらんでいる)だけ
ということから、こう言われるのだそう。

祖母は、毎年、暮れの今頃になると、
近所のマート(マーケット)の中にある
魚屋さんに、にらみ鯛を注文していました。

大きさによって、値段が違い、
「目の下三寸」なんて大きな鯛は、
飛び上がるほどの価格がついていました。

いろいろな商売をしていて、
景気が良かった頃は、
そうしたかなり大きな鯛を買っていたよう。

このにらみ鯛。
他のお宅では座敷の床の間や
神棚に飾ってあったりするのですが、
祖母の家では、玄関を入ったあがり口のところに、
黒の漆塗りのお盆に和紙(紅白)、松、南天などと
ともに飾られていました。

なんでも外から魔がいるのを防ぐという
役割もあるからと言っていました(本当か?)

それもあるのでしょうが、座敷、神棚のある所は、
暖房もしているのに対し、玄関は暖房をしていないので、
傷みにくいということもあったのではないか
と思っています。

自分は、このにらみ鯛を食べた記憶がないのですが、
姉たちは、三が日が終わった4日の朝のお雑煮や、
夕飯におかずとして食べさせられたと話しています。

「食べさせられた」と書いたのは、
余り美味しくなく、いやいやだったからです。

残った頭や骨も無駄にはせず、
しっかりと焼いて、出汁をとったりしたとのこと。

祖母の姉はこうしたことにはうるさかったようで、
「ちゃんと出汁をとったか」と確認するのが
常だったといいます。

祖母が亡くなってから、お正月に
大阪の家を訪れることは
なくなったのですけれど、
誰も食べたがらないこの「にらみ鯛」は、
次第に買わなくなったそう。

なんだか寂しい気もしますが、
お正月の風習も時代とともに、
なくなっていくのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「率直に言って。ボク、結婚できますか?」 「41歳会員男性の成婚率は28.6%です」。結婚仲介サービスの広告に衝撃。

先日、地下鉄に乗り、ドアの近くに立っていたとき、 ドアの窓ガラスに貼られていた広 …

お母さんからプレゼントされたミルクパン。50年あまりで天命を迎える。

あなたの家には、 長年使い続けた製品はありますか。 わが家にもいくつかあるのです …

年を取ってから、小中高時代の教科書が懐かしくなり、買い求め、学び直し中の知合い。大人の教科書。

学生の時は読みのが苦痛。 卒業すると、もう不要とばかりに捨てた。 そんな方、多い …

みうらじゅんさんがもう何年も続けている修行とは? 安パイで落ち着いていいのか?

働き始めて間もない頃、 同じ職場の先輩から言われた言葉を 今でも覚えています。 …

若者と年配の2人組。若者が「生きている実感がしないんです」と相談。年配の人はどう答えたか。

先日、某所で、今年大学に 入ったばかりの若者(男性)が、 年配の男性に人生相談し …

豚シャブに使う料理酒とトイレットペーパー。「一度あげた生活レベルを落とすのは難しい」を実感。

わが家でこのところ使っているトイレットペーパー。 ドラッグストアで売られている中 …

読売新聞の連載「名言巡礼」。小説、映画などの名言の舞台となった土地を訪ね、言葉が生まれた物語・背景を伝える。

「旅には本を」。 この言葉を教えてくれたのは、 大学の同級生だったと思います。 …

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

温活をしています。 食べ物、サプリメント、運動、 様々なグッズを使って、 体が冷 …

暖かくなっても「冷え」にはご注意。靴下をはいて、冷たいものを避ける。

暖かいというか、時には 夏のような暑さも感じる季節になりました。 冷たいものが欲 …

足利尊氏の誕生日、ご存じですか? 偉人の生年月日。暗証番号の作り方。

いきなりですが、 足利尊氏の誕生日をご存じでしょうか? こんなことを突然書いたの …