亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ご馳走続きで知る白飯と水の美味しさ。伯父さんの言葉を正月3日に思い出す。

   

1月3日。

年末年始続いたご馳走に
もう飽き飽きしていて、
残ったおせち、お餅を、どうしようか
と悩んでいながらも、
いつもの食事に戻っているお宅もあるのでは。

こうしたハレの日の食事について
見聞きするたびに、伯父さんの言葉を思い出します。

それは、
「普段食べる白いご飯と、
水道からくんで飲み干す水の美味しさ」です。

普段は、白いご飯、ただの水の美味しさを感じません。

けれど、例えば、たくさんお酒を飲んだ翌朝に
飲む一杯の水は、たとえようもなく美味しい。
普段と同じものなのに。

伯父さんが言いたかったのは、
普段から、そうした白飯、水を
美味しいと思う心持ち・感性を持て
ということ。

日々心を新たにとは思ってはいても、
すべてのことは、慣れてしまい、
当たり前となってしまう。

当たり前を当たり前にしないことを
伯父さんは、上の言葉で戒め
としていたようです。

新たな年のスタートをきったものの、
すでにその思いは薄れてしまった自分。

伯父さんの教えを不意に思い出したことでした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三谷幸喜氏が講演会の仕事を解禁した理由。あなたは毎日会話していますか? 言葉が出にくくなったことは?

朝日新聞夕刊、2017年10月12日、 《三谷幸喜のありふれた生活》は、《ただい …

「打って反省、打たれて感謝」。昔教わった剣道の教えを記事に見つける。

昔、剣道を習っていました。 今から考えると、ためになることを いろいろ教わりまし …

夏に向けて、土いじり、苗を植える。成長が楽しみというご近所さん。

すでに退職されたご近所さん。 今朝、プランターに土を入れ、 何種類かの苗を植えて …

「新入社員に戻りなさい」と先輩社員に訓示したトップ。その心は?

毎年、4月から3ヶ月ほど、 伺っている取引先。 今年度はじめて伺いました。 新し …

七五三の思い出。写真はなし。千歳飴と仕立ての背広。だがその記憶は違っていた。記録と記憶。

明日、11月15日は七五三ですね。 最近は15日よりも、近い土日に 神社などにお …

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、 浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が 開催 …

ものは言いよう。失敗を責め立てない魔法の言葉は「惜しいなー」。

知合いから聞いた話です。 「物は言いよう、ハサミは使いよう」。 言い方ひとつで、 …

2020東京五輪エンブレム。著作権侵害問題。新国立競技場にならい白紙撤回? ベルギーの劇場は使用差し止めを求める。

2020年の東京五輪のエンブレムと、 2013年に公表されたベルギーの リエージ …

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

健康で長生きするためには、 動くこと、歩くことだと言われます。 けれど足の筋肉の …

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

あなたは1日、どれくらいご飯を 召しあがっていますか? 病気などで、ご飯を控えて …