亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知人が実家を整理して見つけた小中高時代の作文、卒業文集。そこに書かれていた将来の夢は?  

   

スポーツ選手、芸能人、文化人など、
何かをなしとげ、知られるようになると、
きまったように紹介されるのが、
小学校の卒業文集。

例えば、全豪で活躍中の錦織圭選手は、
「ぼくの夢」と題して、
《この六年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったこと》。
練習での苦労、工夫、テニスが好きな理由などを書いた後、
《これからは誰だれにも負けないように、苦しい練習も絶対にあきらめずに
全力でとりくんでいこうと思います》と努力することを誓い、
最後に《夢は世界チャンピオンになることです。
夢に向かって一歩一歩がんばっていきます》としめています。

今、彼はその目標に近づくため、地道に努力を積み重ね、
手の届きそうなところまできています。

「栴檀は二葉より香(かんば)し」
という言葉がありますが、優れた人は、
小さい頃から、なにがしかの志をもち、
それにむかって力を尽くしている
と言えるのかもしれません。

知合いが、田舎に帰り、実家の片づけをしたそう。
今はやりの「親の実家の片づけ」=「親家片(おやかた)」なんて言うそう。

親が長年、ためこんできたがらくたや、
生活用品を整理するとともに、
自分が暮らしていた時代の不要品を
片づけるという目的もあったそう。

自分の勉強部屋は、ほとんど当時のまま。
ガラス扉のついた本棚とその下の引き出しは、
小中高時代に本、教科書、参考書などがそのまま
置いてあり、引き出しの箱の中には、通知表、
さらには、試験答案、作文、絵、文集などがきれいに
整理されて保管されていたといいます。

学年順に並んでいたので、おそらく
母親がそうしたのだと気づいたとのこと。

昔の漫画、本などはどんどんと捨てられたのですが、
自分が書いた作文、答案などは、ついつい見てしまい、
片づけの手がとまり、座り込んで、読みふけったとのこと。

そして、小学校の作文、卒業文集、さらには、
中学、そして高校の作文には、それぞれ、
「将来の夢」「未来の自分に」といった
タイトルのものがあったそう。

書いた本人もすっかり忘れていたくらい。
読み返しているうちに、小学校、中学校、
高校とそれぞれの時代に自分が考えていたこと、
当時の状況がどんどんと思い出されてきて、
自然に涙があふれてきてとまらなくなったと。

自分は今は、昔、夢として書いていた職業とは、
全く違う職業についている。
でも昔はそれに向けて、少しは努力したんだなー
と感慨にふけったよう。

そして、今の自分から、過去の自分に、
作文(手紙)を書きたくなったとも。

「君が書いた夢とは違った職業についているけれど、
自分なりに幸せで結構、頑張っているよ」

そんな話を同級生にしたら、その人の同じような
経験をしたそう。
そしてまだまだふけこむ年でもない。
今もう一度、「未来への自分」にあてた作文を
書くべきではと言われ、励まされたといいます。

おそらく小さい時の夢を
かなえられなかった大人の方が多いはず。

けれど夢は変わってもいいから、いくつになっても、
自分なりの夢を持ち続けることは、今の生活を
より充実させることなのかもしれませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あの吉野家が野菜だらけの「ベジ丼」を発売。野菜11種類170グラム。

毎年、春から3ヶ月ほど通っている取引先。 若い人が多いので、お昼に吉野家などの …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

形見分けするより、生前プレゼント。亡くなる前に親しい人を呼んで物を整理。

形見分け。 亡くなった人を思い出すよすがとなる品を、 親しい(目下の)人に分ける …

ノートパソコンの故障で反省。モノへの感謝の気持ち、忘れていなかったか。故障はあなたの身代わり。

2016年7月16日、毎日、メインで使っている ノートパソコン、レッツノートが突 …

忙しい時ほど呼吸を深く。ストレス解消し、頭スッキリ、脳活、アンチエイジングに。

師走もいつの間にか12日になりました。 2015年12月5日に放送された、 TB …

春風亭昇太さん。「人の誘いには乗ってみるものだ」。

今や笑点の司会として知られる 落語家の春風亭昇太さん。 多趣味で知られます。 な …

「転ばぬ先の杖」。母が杖がほしいと希望したので、買ったら、進歩に驚く。

先日、母が急に、 「なんだか足下が不安になったので、 『転ばぬ先の杖』の言葉通り …

消費期限間近の「高級カニ缶」を母と一緒に食べた。母と自分の感想。

ちょっと気が早いですけれど、 まもなく9月1日。 この9月1日と1月17日、 そ …

噴火、地震。被害のない災害は、備えをしなさいとの警告。

2015年5月25日、月曜日。 午後2時すぎ、取引先の会議中に、地震が起きました …

「あずる」。祖母が生前よく使っていた方言。新聞記事を読んで、久しぶりに思い出す。

「あずる」という言葉をご存知でしょうか? 突然この言葉について書き始めたのは、 …