亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

   

自分の身の回りに、がんになった人、
たくさんいます。

自分より年下なのに、亡くなった人も。

その人があるとき、仕事場に来て、
「一緒にお酒を飲みませんか?」と
誘ってくれたことがあります。

仕事場の別の部屋にはワイン、
グラスなどが置いてあり、
飲めるようになっています。

「外にいくのもなんだから、ここで」
と答えたら、
「そう、外より、ここの方が静かで、
じっくり話せるかな」との返事。

早速、生ハム、チーズなどを
つまみにワインを飲み始めました。

好きな趣味の話、最近の仕事の話など、
結構、語りあい、どちらとも顔が赤くなった頃、
急に彼はグラスを置いて、
「突然で驚かれるかもしれないけれど、
親しい人には自分の口から直接言いたいと思って……」
との前置きをして、静かに語り始めました。

その内容は、朗らかな、
明るい話しぶりとは対照的な重いものでした。

末期ガンで余命わずかだと。

どう返事していいか戸惑っていると、
医師からそう告げられて、
しばらく悩んだけれど、もう現代の医学では
どうしようもないと悟った時、
一気に気分が楽になった。

そうしたら、これまで生きてきた時間、
親や家族、友達の温かさ、思いやりを
ものすごく感じられるように。

毎朝、目ざめて、寝室に太陽の光が
差し込んでいるだけで、たまらなく
幸福な気分になる。
まさに自分は今、生きているんだなと
実感できる。

そんなことを話してくれました。

末期ガンの患者のそうした心境を、
「キャンサーギフト」=「がんの贈り物」と
呼ぶということも教えてくれました。

末期ガンという命にかかわる病気になって
初めてわかる様々な価値。
がんになったからこそ、出会えた場所、人。

それらは本当は憎いがんが与えてくれた
ギフトではないか。

そんな風に思えたと。

こちらはただただうなづき、
ワインをのどの奥に
流し込むだけでした。

でも彼の嬉しそうな顔を見て、
ほっとする自分がいました。

「みんなにバカかって言われたんですけど、
新しい自転車、注文したんですよ。
届いたら見せに来ますから、また」

そういって、その日は
いつもの自転車でなく、
タクシーで帰って行きました。

彼とはそれが最後でした。

今日、少し風があるものの、柔らかな日のさす
両国橋を渡り、京葉道路を直進して、
両国のあるお店に行く途中、彼が注文したのと
同じ自転車が走り抜けるのを見ました。

不意に彼、彼との最後の話、
そして、キャンサーギフト
という言葉を思い出したのです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「頭と尻尾はくれてやれ」。近所に住んでいた株式の達人の教えてくれた相場格言を思い出す梅雨の夜。

「頭と尻尾はくれてやれ」。 この言い回しをご存じでしょうか? これは株式相場にま …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …

60過ぎの知合いの記憶力強化法とは? 無駄なことは覚えない。

あなたは、記憶力が良い方ですか? 自分は平均的だと思っていたのですが、 先日、あ …

久しぶりにあった知合い。劇的にやせていた。その秘密は?

久しぶりに会った知合い。 一瞬誰だかわからないほど、 劇的にやせていました。 病 …

ついに自家焙煎まで。凝り性の知合いがコーヒー豆、緑茶を自宅で焙煎。

人形町の甘酒横丁の入り口近くにある 森乃園。 http://morinoen.j …

横綱・大鵬。忍と夢。刺身を食べるときに醤油皿に醤油を注ぐ量。

2015年11月6日、BS-TBSで 《昭和の巨星スペシャル 戦後最強の横綱 大 …

2017年8月19日、世田谷区に落雷でけが人。雷の被害を受けた祖母の格言「災害は隙あるところを襲う」。

2017年8月19日、関東地方は大気が不安定で、 各地でゲリラ豪雨、雷に見舞われ …

忘れないためにする大人のドリル。算数、国語、社会など。

知合いが最近、ドリルを毎日行っていると教えてくれました。 ドリル。懐かしい。 小 …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

ドラマ「愛という名のもとに」。 40代以上の方は覚えているのではないでしょうか? …