亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「云々」、読めますか? 安倍総理、「でんでん」と読み間違える。

   

民進党の蓮舫党首に対する、
安倍総理の国会答弁で、
「訂正でんでん」という発言が飛びだしたよう。

答弁書には、「訂正云々」と書かれていたそう。

「云々」は「うんぬん」という読みですね。

云々は、《引用した文や一言では言い切れない
ことばを中断し、あとを省略するときに用いる語》。
または、《あることについて、あれこれいうこと》。
(新明解国語辞典)

「うんうん」の連声(れんじょう)から出た言葉とか。

「連声」とは二つの語が連続するときに生じる音変化の一つ。
後ろの「う」が転じて「ぬ」になっています。

「云々」のほかの読み方をごぞんじでしょうか?

具体的に述べたり、文章を繰り返したり
することを省略する場合に使われる語なんですが、
「しかじか」です。

まあ「しかじか」の場合、「然然」
と書くことが多いかもしれません。

「云」という漢字の音読みは「ウン」、
訓読みは、「い」「う」。
「言・云・謂」がほぼ同じ意味、読みですね。

「伝」は「デン」と読むので、それで間違えて
しまったのかもしれませんね。

〇麻生元総理も、「未曾有(みぞう)」を
「みぞうゆう」と読み間違えました。

人のことは笑えません。

これまで企画会議、プレゼンなどの場で
何度、読み間違えをしてきたことか。

人前で読まないと、読みの間違いって
なかなか気づきませんよね。

以下は、読み間違いやすいランキングの上位から
並べたもの。どれほど読めるかお確かめください。

《実は読み間違えている漢字ランキング》
https://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/015/NtD7fOlNVT40/
乳離れ、貼付、 続柄、礼賛、依存心、
漸く、早急、間髪、 代替、 一段落、御来迎
手繰る、出生率、他人事、代替機、あり得る
美人局、角地、琴線、逝去、凡例、所謂
遵守、古文書、粗利益、汎用、進捗 出納
肉汁、相殺、疾病、巣窟、廉価、大舞台
各々、訃報、何卒、茨城、雰囲気、異名、
発足、更迭、割愛、首相、蔓延、添付
用いる、該当

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ながら」を止めてみてわかったこと。一つ一つに丁寧に向き合う大切さ。

2016年12月に、 《「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさ …

久しぶりに聞いた「運鈍根」という言葉。運のよい人、ツキがある人になるためには。

「運鈍根(うんどんこん)」という言葉を 聞いた事がありますか? これは成功するに …

広島カープの黒田博樹投手と男気。朝日新聞、耕論で「男気って」で特集。

ニューヨーク・ヤンキースの高額な報酬を捨て、 広島カープに復帰した黒田博樹投手。 …

ノートパソコンの故障で反省。モノへの感謝の気持ち、忘れていなかったか。故障はあなたの身代わり。

2016年7月16日、毎日、メインで使っている ノートパソコン、レッツノートが突 …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

鉄分と認知症の関係。あさりの水煮缶を愛用する知人。

先日、知合いとの雑談の中で、 認知症と鉄分の関係の話が出ました。 自分は知らなか …

お釣りを4万5000円、多く受け取った女性が詐欺で逮捕される。支払い額は10万2000円。出したお金は10万5000円、お釣りは4万8000円。

釣り銭詐欺のニュースが伝えられていました。 2015年3月22日の宮城県石巻市の …

「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

新聞の書籍広告に、 「雨のことば辞典」が出ていました。 《雨づくしの一二〇〇語》 …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …