亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

   

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に
関する記事が出ていました。

《出張先で休暇、欧米で広がる 国内企業も奨励の動き
津田六平2017年1月14日16時01分》
http://www.asahi.com/articles/ASJDV6SKCJDVUTIL04W.html

これは会社の出張のついでに休暇を楽しむというもの。
《ビジネス(business)とレジャー(leisure)が
融合した、ブリージャー(bleisure)。》

朝日の記事によれば、
《欧米のビジネス客の間で広がり、新たな客層を取り込もうと、
国内のホテルも改装に乗り出すところが出始めた》とか。

この話を母にしたら、
「その言葉は知らなかったけれど、
おんなじことを昔からやってたわよ」
と言います。

父は会社務めで札幌、名古屋、大阪などの
支社・支所によく出張に行っていました。

母はそれに合わせて出かけて、
仕事が終わった父と合流し、
そこから近くの名所などに行って、
帰ってくるというスタイルです。

もちろん母の分は、会社ではなく自費です。

このおかげで、母は様々な所を体験しています。

ニュースやテレビ番組でどこかが出てくると、
「あ、ここは、〇年頃にお父さんと行った」
などと話します。

このブリージャーだけではありませんが、
休暇を使って、父と日本中、ほとんどの所を
旅行しているので、どんな場所が出てきても、
何らかの体験、感想、知識を披露することができるようです。

またその当時にしては珍しく、海外にも数多く出かけています。

「若くて元気な頃に有り難いことに、景気が良くて、
会社も儲かっていたので、いろいろな所に行くことが出来て、
こうして年取ってからも、その体験を語ることが出来る」と、
感謝の言葉を述べています。

そして付け加えて、子どもや孫(姪っ子)に、
「元気な時に、機会ある時に行っときなさいよ。
年とったら、体に無理が利かず行けなくなる
こともあるからね」と、アドバイスをしています。

もっとも丁度今、台湾一周旅行に出かけている
90歳近くの叔母さんのように、例外はあるけれど
とも付け加えますが。

昔の父との旅行体験を語る母の姿は、
とても生き生きしています。

その姿を間近にみると、母のアドバイスに
説得力があるので、言うことを聞いておこう
という気になります。

ブリージャーに限らず、機会を作って、
積極的に各地に出かけようと決めました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地震、火災など非常時に備えて持つべき意外なグッズとは。

箱根の大涌谷、 2015年5月25日、月曜日。 5月29日、口永良部島の噴火、 …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

最新、小学校の遠足事情。おやつは禁止。「バナナはおやつですか?」の質問はできない?

5月、梅雨前のこの時期、 遠足、行楽にはもってこい。 小学校の遠足の時期なんでし …

ウタマロせっけんをご存じ? 野球少年の家庭の必需品。口コミで広がる人気。

自分が小学生の頃ですから、 今からもうずいぶん前になります。 当時、野球は小学生 …

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

形見分けというのは、 本人が亡くなった後、遺品を遺族、 親戚などが分け合うという …

寝室から電気製品を排除し、健康になったという知合い。

知合いの方から、自宅の寝室から、 ありとあらゆる電気製品を取り除いたところ、 非 …

変化を恐れるのが人間。人は惰性の生き物。

シルバーウィーク。 鎌倉に住んでいる友人を訪ねました。 大いにと刺激を受けたので …

高齢者の新型栄養失調を防ぐためによい食品。シーチキン。糖質制限をしている方にも有効。

高齢者は、ご飯、パン、麺類などの 炭水化物よりも、肉、魚、卵、牛乳などの タンパ …

田中角栄都市伝説。目白の田中角栄邸から新潟県西山町の実家まで3回曲がるだけで着く。神楽坂の逆転一方通行。

「月曜から夜ふかし」という番組の 2015年5月4日放送で、 田中角栄の都市伝説 …

「ジュラシック・ワールド」早くも続編制作決定。興行収入は歴代3位に。もう見たと自慢された……。

「ジュラシック・ワールド」 8月5日、日本で公開されます。 アメリカ、イギリスな …