亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

2017年、東京は梅の開花が早い。東京一、梅が早く咲く場所は? タクシー運転手の楽しみ。

   

2017年、早くも1月が過ぎ、2月になりました。

暦だけではなく、今年は、梅の開花も早いようです。

東京では、例年より2週間ほど早く、
1月10日に、梅が開花したそう。

気象庁、《うめの開花日 (2016年-2017年)》
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/phn_000.html

そういえば、1月11日に病院の帰り、タクシーで
新大橋通りを自宅に向かっていました。

茅場町交差点、茅場橋を渡って、
日本橋川を越えた次の信号で止まりました。
左側、川のすぐそばの一角は緑地帯になっていて、
様々な木が植わっています。

ふと眺めていると、川に一番近い木が
花をつけているではありませんか。

思わず運転手さんに、
「もう、梅が咲いてますね」
と話しかけたら、
「ここ、東京で一番早く梅が咲く場所なんですよ」
と。

この運転手さんはかなりのベテランドライバー。
もう長年、タクシーを運転しているそう。
東京のほとんどの所を季節を問わず、
走ってきたと言います。

「花が好きなもので、梅、桜など花が咲く
木がある場所は大概、知っています。
大体の咲く時期も。その経験から言って、
ここが例年、一番早いですね」。

都内でも、湯島天神、六義園、亀戸天神、
小石川後楽園など、観梅の有名な場所は
いくつもあります。

けれどタクシーの運転手の場合は、
わざわざそうした場所の花ではなく、
道路から眺められる場所に1本、2本と
咲いているそれが眺める対象。

そうした場所に、花が咲いていると、
慰められたり、励まされたりするんだそうです。

運転手さんは、そうした梅のある場所を
いくつか教えてくれました。
中には、自宅近くの知っている場所も。

日中、交通量が多い東京は、
きれいになったとはいえ、
まだまだ排気ガスの臭いがします。

けれど運転手さんに言わせると、
交通量が少ない明け方、
休憩のために多くのタクシードライバーが
立ち寄る場所にある梅の下に立つと、
ほんのりですが、梅の香を感じることが
出来るのだそう。

「そんな時は梅から贈り物ををもらったようでね。
あとちょっとだ、頑張ろうってしゃんとします」。

馴染みの近所の白梅も花を咲かせています。
今年は昼過ぎや夜にしか前を通っていないので、
朝早く、その香をかぎに行きたいですね。
〇探梅

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

岐阜の高山の介護施設で3人死亡。怪我も相次ぐ。母が同級生を心配して連絡したら……。

新聞、テレビで詳しく伝えられていますが、 岐阜県高山市の介護老人保健施設で、 7 …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

自転車で真夏の日中走って、「日が入って」しまった。高齢者ほど紫外線対策が必要。

ここ数日は、東京は30度を下回る天気で、 曇ったり、雨が降ったりと暑さが一服して …

「猫用おやつが売れている訳は何だと思う」。知人が自分に聞いた訳は?

つい先日、知人と会ったとき、 こんなことを尋ねられました。 「猫用おやつが売れて …

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …

若者と年配の2人組。若者が「生きている実感がしないんです」と相談。年配の人はどう答えたか。

先日、某所で、今年大学に 入ったばかりの若者(男性)が、 年配の男性に人生相談し …

健康寿命をのばすカギは「庭」? ガーデンセラピー。心身を癒やす自然療法。

先日、近所の家の方が、 夏に向けて、苗を植えていた とのエントリーを書きました。 …

思い込みを捨てる。 成功体験を捨てる。NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」。人口知能が繰り出した奇想天外な初手を見て。

先日、NHKスペシャルでAIの特集がありました。 《人工知能 天使か悪魔か 20 …

「速聴、高速音読」で頭のサビがとれたという知合い。

年とともに衰える記憶力、頭の働き。 ある程度、年齢を重ねた方なら だれでも感じた …