亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

2017年、東京は梅の開花が早い。東京一、梅が早く咲く場所は? タクシー運転手の楽しみ。

   

2017年、早くも1月が過ぎ、2月になりました。

暦だけではなく、今年は、梅の開花も早いようです。

東京では、例年より2週間ほど早く、
1月10日に、梅が開花したそう。

気象庁、《うめの開花日 (2016年-2017年)》
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/phn_000.html

そういえば、1月11日に病院の帰り、タクシーで
新大橋通りを自宅に向かっていました。

茅場町交差点、茅場橋を渡って、
日本橋川を越えた次の信号で止まりました。
左側、川のすぐそばの一角は緑地帯になっていて、
様々な木が植わっています。

ふと眺めていると、川に一番近い木が
花をつけているではありませんか。

思わず運転手さんに、
「もう、梅が咲いてますね」
と話しかけたら、
「ここ、東京で一番早く梅が咲く場所なんですよ」
と。

この運転手さんはかなりのベテランドライバー。
もう長年、タクシーを運転しているそう。
東京のほとんどの所を季節を問わず、
走ってきたと言います。

「花が好きなもので、梅、桜など花が咲く
木がある場所は大概、知っています。
大体の咲く時期も。その経験から言って、
ここが例年、一番早いですね」。

都内でも、湯島天神、六義園、亀戸天神、
小石川後楽園など、観梅の有名な場所は
いくつもあります。

けれどタクシーの運転手の場合は、
わざわざそうした場所の花ではなく、
道路から眺められる場所に1本、2本と
咲いているそれが眺める対象。

そうした場所に、花が咲いていると、
慰められたり、励まされたりするんだそうです。

運転手さんは、そうした梅のある場所を
いくつか教えてくれました。
中には、自宅近くの知っている場所も。

日中、交通量が多い東京は、
きれいになったとはいえ、
まだまだ排気ガスの臭いがします。

けれど運転手さんに言わせると、
交通量が少ない明け方、
休憩のために多くのタクシードライバーが
立ち寄る場所にある梅の下に立つと、
ほんのりですが、梅の香を感じることが
出来るのだそう。

「そんな時は梅から贈り物ををもらったようでね。
あとちょっとだ、頑張ろうってしゃんとします」。

馴染みの近所の白梅も花を咲かせています。
今年は昼過ぎや夜にしか前を通っていないので、
朝早く、その香をかぎに行きたいですね。
〇探梅

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。 マッサンがブレンドをする姿で、 …

中高年男性に服のアドバイスをする女子中学生社長。孫を専属スタイリストにし若返った知合い。

退職すると困ることの一つが、 外出の時や家にいるときに着る 服装だと言います。 …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …

朗読した後は声と言葉が出やすくなる。魚住式スピーチメソッド。知合いの通訳が仕事前に実行する、あることとは?

日本テレビの元アナウンサーの魚住りえさん。 声、話し方の本を出されており、話題に …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

「ネコライオン」展が開かれている日本橋三越本店に猫おじさん、現れる。ライオン像に猫のせる。

何年か前、銀座、新宿の繁華街の 道端の看板の上やお花見の頃、上野公園の桜の枝に …

「スカブラ」と「要白(ようはく)」。「朝がきた」の炭鉱の怠け者と俵屋宗達の「風神雷神図」。

高い視聴率をあげている連続テレビ小説の 「あさが来た」。 http://www. …

自分にとって男らしさ、大人の象徴は腕相撲だった。あなたは腕相撲、強いですか? 腕相撲道場。

あなたは、最近、腕相撲をしたことがありますか? そんなことを思ったのは、 201 …

高齢の知り合いが、最近、贈られて、本当に役立つと喜んだグッズとは? 贈り物の極意とは?

まもなく敬老の日。 父母また祖父母にプレゼントをと 考えている方も多いことでしょ …

「快気祝い」、誰から誰に贈るもの? ガンから復帰した甘利議員が受け取ったお金の趣旨は「快気祝い」?

東京新聞の 《知りたいコトバ 知っている?言葉》という連載。 校閲部の方がニュー …