亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

秘密のお米結社から、ブランド米の贈り物。今日は龍の瞳、昨日はなすひかり。

   

最近、日本各地で様々なブランド米が
誕生し、販売されていますね。

北海道のななつぼし、ゆめぴりか、
山形・宮城のつや姫、
栃木のなすひかり、栃木の星、
鹿児島のあきほなみ、
青森の青天の霹靂などなど。

皆様は、召しあがったことはありますか?

わが家は、このところ様々な種類の
日本中のブランド米を頂いています。

今日は岐阜の龍の瞳、
昨日は栃木のなすひかり、
少し前までは、新潟の新之助を。

なぜ、こんなにたくさんの種類を?

最近は、お店によって1合とか1キロ単位で
精米してくれたり、500ミリリットルの
ペットボトル単位で販売していたりします。

ですが、それを利用している訳ではありません。

実は上のお米の中で、
わが家で買ったのは、新之助のみ。
あとは叔母さんから頂いたものです。

叔母さんが属している秘密のお米結社から……。

おばさんは、仲の良い人たちとグループを作り、
それぞれ別の種類のお米を買ってそれを交換
しているんだそう。

わが家はそのおこぼれの一部を頂いたという訳です。

なぜ叔母さんはそんなことをしているのか?

それは味を落とさず、多くの種類のお米を味わいたいから。

一家族では、食べる量が限られ、小さな袋を買えば、
古くなって味が落ちるのを防げますが、
大袋に比べて単価が高い。
大袋の場合は、単価が高いが、多いので
短期間で食べきれず、味が落ちてしまう。

またデパートやお米専門店でも最近は、
少量で何種類ものお米の詰め合わせを
販売しています。

しかしそれらは、すべてが必ずしも食べたいもの
ばかりではなく、単品で買うより単価が高い。

これらの欠点を解決する手段として、
何人かの仲間でグループ(結社)を作り、
その間でお米を分配・交換しているんですね。

お米を分けて、容器に入れ、それを交換というのは、
手間がかかりますが、集まって交換会をすることが、
逆に楽しみとなっているそう。

集まって交換会を行えば、
顔を合わせて話ができる。
情報交換になり、いろんなことを話しあえる。
それが良いんだとか。

この会は、以前、業務用スーパー、卸売りセンターなどで、
業務用の品を、代表ほか数名が買いに行って、それを分ける
といったこともやっていたこともあるんだそう。

なので、今のお米結社もその流れなんですね。

この話を聞いて、思ったのは、年をとって、
周囲にこうした集団、仲間がいるということは、
とても貴重な財産だということ。

まるで餅米のようなもちもちした、
龍の目をかみしめながら、自分も
友達、仲間を大事にしなくてはと、
思ったのでした。

〇ネットの共同購入サイトが、
集団の力を生かした新しい形かも。
http://www.qoo10.jp/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手ぶらで重さも感じにくい、仕分けしてたくさん入る。いざという時のために、フィッシングベストを防災ベストに。

ずいぶん前になりますが、 取引先の人で、カバンやバッグを 持つのが嫌いな人がいま …

年齢を重ねても骨折知らずの叔母さんのお土産はワカサギの唐揚。一物全体。食材はまるごと食べる。

先日、90歳近くに成っても元気に動き回る 叔母さんが久しぶりにわが家にやってきた …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん。94歳で亡くなる。中村屋を三代にわたり支える。

現役最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん(なかむら・こさんざ)さんが 2015年4 …

日めくりは嫌いという高齢の知り合い。12月3日はカレンダーの日。

12月になりました。 明日12月3日は、カレンダーの日だそう。 全国団扇扇子カレ …

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。 法律によれば、その趣旨は、 「勤労をたつ …

握力が強い人は、長生き。脳卒中、認知症のリスクが少ない。

少し前から母が、 親指の力が入りにくい と訴えていました。 かかりつけのお医者さ …

女優の田畑智子さん、カボチャを切り損ねて手首を切って救急搬送。カボチャの上手な切り方。

女優の田畑智子さんが、左手首を切り、 救急搬送されたと報じられました。 事務所が …

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

「春冷えに用心」。知人の男性の対策は、薄手の登山用下着。

お花見頃の冷えを「花冷え」なんていいます。 冬から春にかけては、暖かくなったと思 …