亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

   

大昔、幼稚園に通っていた頃、
冬の季節、登園して、みんなが集まると、
部屋に広がって、行ったのは、乾布摩擦。

上半身だけ裸になって、
家からもってきたハンドタオルで、
腕、お腹、そして背中をこすったものです。

その効果のせいか、風邪をひかず、
元気に過ごせたと思います。

また家の近所では、冬でも天気のいい日は、
通りに出て、上半身裸で乾布摩擦をしている
おじいさんがいました。

結構、強めにごしごしこするので、
終わる頃には、お腹も背中も真っ赤に
なっていました。

先日、知合いにあった時に、
いろいろ話をした中で、
知合いがこの乾布摩擦を
やっていることがわかりました。

皮膚が乾燥気味なので、とても柔らかいタオル、
綿100%の日本手ぬぐい、細長い絹100%の背中すり
などを使って、日によって、気分によって
使い分けているそう。

中でも一番のお気に入りは、絹の背中すり。
本来は、ここに石けんやボディソープをつけて、
体を洗うものですが、それらをつけず、乾いたままで
使うとのこと。

ナイロン製とはちがって天然繊維100%で
織り方も皮膚を余り刺激しないモノなので、
乾いたまま使っても皮膚が荒れたりはしないそう。

これで上半身の乾布摩擦を、朝と夕方(風呂に入る前)に
すこしづつ行ったところ、皮膚につやがでてきて、
血行がよくなり、さらにそのせいか、肩・背中の凝りが
ほぐれたそう。

さらに乾布摩擦にくわえ、タオルを使って、
体を回したり、腕を回すなど、ストレッチも
おこなっているので、関節、体も柔軟になったとのこと。

今まで家にあったものを使っているので、
特に新たな費用はかかっておらず、健康になれるので、
是非、乾布摩擦をやりなさいと勧められました。

古くさいと思われた乾布摩擦ですが、
知合いのように、タオルストレッチと
組み合わせるなどして、やると良い結果が出そうですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

同年代の友達と知合い。病院、薬の話題ばかりに。

同窓会で、集まると、どんな話題になるか。 恋愛、就職、結婚、子ども。 若い時はそ …

全日空、日本航空。2016年4月発券分から、燃油サーチャージがゼロに。6年半ぶり。

原油が値下がりしています。 ガソリンは、東京でも リッター100円を切るところも …

小池都知事が新党「希望の党」立ち上げ、代表就任を表明。最後に残ったのは希望でした。「パンドラの箱」。

小池百合子東京都知事が2017年9月25日、 自らが党首となる新党「希望の党」の …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

鎌倉大仏。2016年1月~3月、調査のため、拝観できず。

去年、本当に久しぶりに長谷寺と 鎌倉大仏を訪れました。 鎌倉大仏では、胎内巡りも …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

友達の会社の同僚が「てるみくらぶ」で被害。トラブル防止法。海外でトラブルに遭ったらどうする?

「てるみくらぶ」が倒産し、 大きな被害が出ているようです。 現在、この会社のツア …