亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

必要なのか? 見直した結果、固定電話をやめた知合い。

   

何かをきっかけに生活を見直し、
新しい生き方を始める。

よく聞く話です。

重い病気、肉親の死、定年、転職、進学
といったことをきっかけにして、
見直しが始まり、生活が変わることになる。

ある知合いの場合は、同窓会でした。

彼はすでに何年か前に定年となり、
それまでの会社を退職し、
別の所で働き始めました。

それでも、そんなに大きな
生活の変化はありませんでした。

働く場所と時間が変わっただけ。

ところが、60歳を機に小中高などの
同窓会が相次いでありそれに出席。

そこでかつての同級生と近況を話しあう中で、
いろいろな生活をする仲間を大勢知る事で、
自分の今の暮らしを見直すことを始めたと言います。

同級生の中には、定年前に、
家を売って賃貸に移った人、
車を売って、カーシェアリングにした人、
運転免許を返上した人もいたそう。

自営の会社(商店)をやめ、
完全リタイア生活に入った人も。

大きめの変化は上のようなもの。

同窓会の名簿を見たときに気づいた小さなこと。

それは、固定電話の欄の空白でした。

連絡先の欄は今時らしく、メールアドレス、
LINEのIDなどの項目が。
一方で、固定電話の欄が空白で、
携帯電話の番号しか書いていない人も意外に多かったのです。

学校時代に親しい人もその一人。
その人に固定電話を書いていない理由を
尋ねたところ、
最近、そもそも電話連絡をほとんどしない。
してもほとんどが携帯電話で行う。

かかってくるのは、セールスの電話、
詐欺や怪しい電話、電話アンケートなど
自分にとって不要でうっとうしいものばかり。

固定電話を止めても一向に困らない。
そのように答えてくれたそうです。

知合いは固定電話がなくては、
一般社会人としてちゃんと
していないのではないかと少し悩んだそうですが、
その都度、やはり不要だと思い直し、
結局、固定電話をすっぱり止めたと。

それからもう数ヶ月たつけれど、
今のところなんの問題もないと。

今まで当たり前だと思っていたことでも、
実際、やめたり、変えてみると何の問題もなく、
トラブルにもならない。

固定観念というのは、いかに自分だけではなく、
多くの人を毒しているかを身をもって体験したとも。

固定電話をやめたことで、
ほかの固定概念も見直してみよう
と強く思い始めていると。

知合いの話に感じるところがあって、
自分も凝り固まった考えを見直し、
不要と思ったら、すぐにでも変化を実行したい
と感じました。

あなたはいかがですか?

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

広島カープの黒田博樹投手と男気。朝日新聞、耕論で「男気って」で特集。

ニューヨーク・ヤンキースの高額な報酬を捨て、 広島カープに復帰した黒田博樹投手。 …

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。 夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、 …

豚シャブに使う料理酒とトイレットペーパー。「一度あげた生活レベルを落とすのは難しい」を実感。

わが家でこのところ使っているトイレットペーパー。 ドラッグストアで売られている中 …

「縛りを解き放て」。お孫さんの「なんで」攻撃で悟った知人。

お子さん、お孫さんなど、 家族と一緒に過ごすことが多いお正月。 知人のお孫さんは …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。 キューバ革命から50年あまりにわたり …

人生は脇道、寄り道、曲がり道。

先日、地下鉄の駅から自宅への帰り道にある、 飲み屋の前で、「寄り道セット1000 …

NHKスペシャル「腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~」。慢性腰痛は腰ではなく脳が原因に衝撃。

同級生や同年代の友人・知人で 腰痛に悩んでいる人が多くいます。 自分も日中、座り …