亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ザ!鉄腕!DASH!」で使用した「ネギカッター」売り切れ。業務用ネギを購入しネギ味噌作成の知人は風邪知らず。

   

2017年2月5日放送の「ザ!鉄腕!DASH!」。

番組の中で使った「ネギカッター」が
Amazonで売り切れだそう。

山形の「雪中軟白ねぎ」を調理するのに、
ネギカッターを使って調理する様子が
放映されたみたいですね。

ネギカッター、持っています。

友人の韓国土産でもらいました。
一時期、それを使って、大量の白髪ネギを
作っていました。

もともとネギは好きだったのですが、
そのカッターで作った白髪ネギを
食べてますます好きになりました。

ネギは、風邪予防など、
様々な効能があるとして、
昔から民間予防として使われていますね。

年配の知合いは、大のネギ好き。

以前は近くの八百屋でネギを大量に買い求めて
いたのですが、ネギ味噌、ネギ炒めのために、
大量にネギが必要となり、ネットで業務用の
白髪ネギ、輪切りネギを箱買いするようになったそう。

冬になり、ネギが美味しく、安くなると、
白髪ネギを大量に購入。

それをそのままネギサラダで食べることもあります。

けれど大抵は火を入れてしまいます。

油を敷いたフライパンを熱し、
そこに大量のネギを入れます。

しばらく炒めると、ネギは驚くほど
体積を減らし、くたくたになります。

それをパックに小分けして、冷凍。
または、味噌の中に混ぜ込み、
ネギ味噌を作ることも。
これでもかという位、炒めたネギを
大量にいれるのが、美味しさそして、
効果があるのだとか。

ネギ味噌は、それを使って味噌汁にしたり、
ドレッシングのように、サラダなどに
使ったりも。

ご飯につけて食べる
というシンプルな食べ方もあります。

また長めに切った生のネギを、
ガスコンロの魚焼きコンロにいれて、
弱火でじっくり焼きます。

外は真っ黒になりますが、中はトロトロの状態に。
通常はそこにオリーブオイルと塩をかけて、
たべるのですが、そのかわりに先ほどの、
ネギ炒め、もしくはネギ味噌をつけて
食べてもいけるのだとか。

焼きネギの上に炒めネギ、ネギ味噌。
ネギづくしですね。

他にも様々なネギ料理のレパートリーが
あるそうです。

そうした料理のうちのいくつかは、
自分も連れて行ってもらったことがありますが、
自由が丘、渋谷の「葱や平吉」、
同じく自由が丘の「時代家 旬」、
神楽坂の「葱屋みらくる」、新宿の「おねぎや」
などのネギ料理専門店で食べて、アレンジしたり、
工夫したものだそう。

毎日、大量のネギを食べているせいか、
ここ数年、風邪をひいたり、体調を
崩したりしたことはないとのこと。

自分は自家製ネギ味噌は作ってはいませんが、
自宅でもネギを積極的に食し、
外食でも、ネギメニューがあれば、
必ずとるようにしています。

〇取引先がある幡ヶ谷。
そこにも長ネギ専門店ネギッチンnegi negiが。
(幡ヶ谷と初台の間あたり)
http://neginegi.com/

取引先によれば、
「長ネギの焼きチーズケーキ」
が絶品だそう。
是非、訪れたいものです。

〇昔、長野県南相木郡北相木村に
通っていた頃、冬になると、
ブランドネギとして有名な
下仁田ネギを大量に頂いていました。
なぜなのかと不思議に思っていたのですが、
地図を見て判明。
下仁田ネギの産地、群馬県甘楽郡下仁田町は、
北相木村のお隣といってもいいほど、
すぐ近くなのでした。

下仁田ネギはネギ特有のタンパク質であるミューシンと、
香辛料(硫化アリール)が、一般的な長ネギの
3倍も含まれている上、ビタミンB・Cも豊富なんだそう。
このため生で食べると辛いのですが、加熱すると、
急激に甘く風味が出ます。
地元の人に勧められたのは、上にも書いたように
コンロでじっくりと焼いて、こげた外皮を取り除き、
塩をかけて食べること。
2月頃でシーズンが終わりですが、いやー、
書いていると急に食べたくなりました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不食の本の広告を見て思い出した。「ばあちゃん」から聞いた、不食不老の不思議な女性のお話。

先日来、新聞に、 の広告が掲載されています。 広告、書籍の紹介によれば、著者は、 …

4リットルの焼酎を箱買いしている1人暮らしの女性。大酒豪? おばあちゃんの知恵に学ぶ。

焼酎、お好きですか? 先日といってもずいぶん前ですけれど、 20代の若者たちと居 …

ビタミン類・健康食品の内外価格差にビックリ。日本語が使える海外サイトの利用を教えてくれた知合い。

あなたは、健康のため ビタミン類のサプリメント、 健康食品を取っていますか? こ …

「男性は献血をすると長生きできる?」。「いくつになっても年をとらない新・9つの習慣」

あなたは、献血をされたことがありますか? 献血のことを思い出したのは、 新聞に、 …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

「お金は貯まらないがほこりはすぐたまる」。カバーを変えてほこりを減少。

昔、祖母から言われた言葉で、 今でも頭に残っているものの一つが、 「お金は貯まら …

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

もう一度食べたい食べ物、料理は? 「あけび」と答えた人を思い出す秋の暮。

秋のこの季節になると、 「あけび」とその人のことを思い出します。 「あけび」は、 …

「頭と尻尾はくれてやれ」。近所に住んでいた株式の達人の教えてくれた相場格言を思い出す梅雨の夜。

「頭と尻尾はくれてやれ」。 この言い回しをご存じでしょうか? これは株式相場にま …

中高年男性に服のアドバイスをする女子中学生社長。孫を専属スタイリストにし若返った知合い。

退職すると困ることの一つが、 外出の時や家にいるときに着る 服装だと言います。 …