亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

   

歴史小説家・山本周五郎。

今なお多くのファンを持つ、
作家の一人です。

2017年2月14日、没後50年の命日です。

読売新聞朝刊のコラム「編集手帳」が、
山本周五郎の人となり、座右の銘について
書いています。

冒頭から紹介されるのは、代表作「樅ノ木は残った」を
新聞連載中に読者からもらった手紙のエピソード。

差出人は、貧乏な学生。
このため新聞を定期購読できないため、
新聞社の支局前に毎朝張り出される紙面で
立ち読みしているとの内容でした。

周五郎は、
「恵まれた境遇にいる読者も大切だけれど、
僕には彼のような読者のほうが、もっと大事に思えるんだ」。

そう文藝評論家の木村久邇典氏に語ったとのこと。

直木賞をはじめとするあらゆる文学賞を
固持した周五郎の、
「魚が売れたからって魚屋が、ほかの魚屋を
集めてお祝いしますか?」との言葉。

最後は、氏の終生変わらぬ座右の銘でもあった
「青べか物語」の主人公がつぶやく
劇作家ストリンドベリの一節を紹介しています。

「苦しみつつ、なおはたらけ、
安住を求めるな、この世は巡礼である」。

山本周五郎は、スウェーデンの
作家ストリンドベリーの箴言集「青巻」の
中のこの言葉を自分に言い聞かせながら、
「青べか物語」を書き綴っていたのでした。

今ではすっかり物語の時の風景とは
変わってしまった浦安。

訪れて、「青べか物語」を読み返したくなりました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

「ポーチおじさんになりなさい」と管理職向けの講座で言われた知り合い。

男性のあなた。 外出するときにバッグの中に ポーチは持っていますか? 中に、汗ふ …

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか? 個人的にすごく思い出のある一冊で …

「お金は寂しがり。友達が多いところに行く」。祖母のお金の教え。

今日のお昼、外食をして 支払いをするためにレジに。 前のお客さんがポケットから …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

銭湯で見た紐付きへちまたわし。夏休みの宿題、ヘチマたわし作り。

銭湯によく通っています。 先日、訪れた時に、懐かしい気持ちになりました。 それは …

風邪、インフルエンザの睡眠中の対策。ぬれマスク効果絶大。加湿と保温。

全国的にインフルエンザの流行が見られるようです。 インフルエンザにかかっている人 …

腰によいという馬具座椅子を買ってみた。その効果は? 30年物のへたったソファを交換。

気付けばテレビの前に置いてある ソファは、30年近く使い続けています。 イデー製 …