亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

   

童話作家の佐藤さとるさんが、
お亡くなりになりました。

89歳でした。

佐藤さとるさん。
とても懐かしい名前です。

小学校の図書室に置かれていたのが、
「だれも知らない小さな国」「豆つぶほどの小さないぬ」
などの佐藤さんのコロボックルに関する作品です。

なんの思い入れももたず、
タイトルに引かれて、
手にとって「だれも知らない小さな国」を
読み始めました。

「ぼく」が美しい小山に通ううちに、
「小法師さま」の不思議な伝説を聞きます。

昔から伝わる小山に住む小さな人の話です。

「ぼく」は、小学4年生のときに、自分に手を振る
小人たちを目撃したのでした。

不思議な、でもありそうな世界。
主人公と年も近かったせいもあり、
すぐ物語に引き込まれていき、
次々と本を読み進んでいったのでした。

自分が読んだのは、「ふしぎな目をした男の子」まで。

その後、完結編「小さな国のつづきの話」、
そして「コロボックルむかしむかし」が出されているのを
知りませんでした。

そして何年か前、新聞かネットで、
コロボックルの大ファンである作家の
有川浩さんが、この物語を佐藤さんに
勧められて書き継ぐという記事を読んだのでした。

そして2014年、有川浩さんの
「コロボックル物語」が
出版されたとのこと。

「コロボックル物語」特設ページ
http://kodanshabunko.com/colobockle.html

このサイト内の、佐藤さとるさんの挨拶に、
「くれぐれも霊前にそなえるような真似はしないでほしいな」
とありますが、有川浩さんの作品は、十分、間に合ったようです。

佐藤さんの訃報に接し、
もう一度、読み返し、
小さい時の自分をワクワクさせてくれた
あのコロボックルの世界にひたりたいと思います。

佐藤さとるさん、ありがとうございました。

公式サイト
https://www.k-akatsuki.jp/

2016年3月に自伝小説が発表されています。
朝日新聞のインタビューを読み、
お元気そうだと思っていたのに……。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「人生最後のご馳走」。淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院の取り組み。ガン患者の食の願いをかなえる。

「人生最後に何を食べたいか」。 よくこんな質問がされ、答えます。 あなたは最後は …

60歳を超えた従兄弟が始めた趣味は、義太夫、浮世絵そして街道巡り。定年後の趣味の始め方のアドバイス。

先日、久しぶりに従兄弟に会いました。 結構、年が離れているのですが、 アパレル関 …

ふるさと納税で楽天スーパーポイントを付与。楽天がサイトを開設。

「ふるさと納税」。 人気ですね。 多くの人がふるさと納税を行い、 実質的な手取り …

すま餅、三個で3軒の家を持つはずが……。35歳で35年ローン。老後の金銭収支をしてみたら……。

あなたは「隅餅(すまもち、すみもち)」という 言葉をご存じでしょうか? 一戸建て …

カマンベールチーズを食べると認知症を予防する?

わが家の80歳を超える母は、 以前、医者に骨粗しょう症予防のため、 毎日、牛乳・ …

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

あなたは自分の体の癖・特徴をご存じですか? 長年の生活習慣、使い方などでひずみが。

あなたは、自分の体の癖、特徴をご存じですか? 以前、プロフィール写真を撮影したカ …

高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

岐阜県高山市に住む母の同級生から、 母に、2015年11月14日、電話があったそ …

幸せの4つの法則。ご存じでしょうか? やってみよう。ありがとう。なんとかなる。そして……。

幸せの法則。 それは、「四つ葉のクローバー」で 表せるのだとか。 そう唱えている …

年を取ると、味覚は子どもの頃に戻るのか? 甘くないみたらし団子を食べたいと岐阜出身の母が言い出す。

お昼過ぎ、家に帰ると、母が、 「お団子が食べたい。お醤油味の」 と言い出しました …