亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

   

童話作家の佐藤さとるさんが、
お亡くなりになりました。

89歳でした。

佐藤さとるさん。
とても懐かしい名前です。

小学校の図書室に置かれていたのが、
「だれも知らない小さな国」「豆つぶほどの小さないぬ」
などの佐藤さんのコロボックルに関する作品です。

なんの思い入れももたず、
タイトルに引かれて、
手にとって「だれも知らない小さな国」を
読み始めました。

「ぼく」が美しい小山に通ううちに、
「小法師さま」の不思議な伝説を聞きます。

昔から伝わる小山に住む小さな人の話です。

「ぼく」は、小学4年生のときに、自分に手を振る
小人たちを目撃したのでした。

不思議な、でもありそうな世界。
主人公と年も近かったせいもあり、
すぐ物語に引き込まれていき、
次々と本を読み進んでいったのでした。

自分が読んだのは、「ふしぎな目をした男の子」まで。

その後、完結編「小さな国のつづきの話」、
そして「コロボックルむかしむかし」が出されているのを
知りませんでした。

そして何年か前、新聞かネットで、
コロボックルの大ファンである作家の
有川浩さんが、この物語を佐藤さんに
勧められて書き継ぐという記事を読んだのでした。

そして2014年、有川浩さんの
「コロボックル物語」が
出版されたとのこと。

「コロボックル物語」特設ページ
http://kodanshabunko.com/colobockle.html

このサイト内の、佐藤さとるさんの挨拶に、
「くれぐれも霊前にそなえるような真似はしないでほしいな」
とありますが、有川浩さんの作品は、十分、間に合ったようです。

佐藤さんの訃報に接し、
もう一度、読み返し、
小さい時の自分をワクワクさせてくれた
あのコロボックルの世界にひたりたいと思います。

佐藤さとるさん、ありがとうございました。

公式サイト
https://www.k-akatsuki.jp/

2016年3月に自伝小説が発表されています。
朝日新聞のインタビューを読み、
お元気そうだと思っていたのに……。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2015年上半期 キラキラネームランキングのベスト3は? 「苺愛」「皇帝」「黄熊」。読めます?

キラキラネーム。 今や当たり前のようになっているようです。 2015年上半期のキ …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …

2016年は60年に一度のお遍路、逆打ちの好機。閏年、丙申(ひのえさる)。

お遍路は春の季語。 この時期、四国八十八ヵ所は、 お遍路さんの姿を多く見かけます …

YouTubeの「マイミックスリスト」。履歴から判断したリストが好みすぎてYouTube漬け。

動画サイトのYouTube。 テレビ、新聞、雑誌などでも 盛んに紹介されています …

田中角栄都市伝説。目白の田中角栄邸から新潟県西山町の実家まで3回曲がるだけで着く。神楽坂の逆転一方通行。

「月曜から夜ふかし」という番組の 2015年5月4日放送で、 田中角栄の都市伝説 …

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

還暦を過ぎた知人。 何年か前にスマートフォンデビューをして、 今ではすっかり使い …

実写版ディズニー映画「美女と野獣」を母が見たがる。戦後、1948年に故郷で見たコクトー版「美女と野獣」の感激をもう一度。

2017年4月21日から、ディズニーの 実写版「美女と野獣」が公開になります。 …

銀行預金を、スーパーのレジでも引き出せるように。金融庁が規制緩和へ。

昔、イギリスに駐在していた高校時代の友達が、 日本にはない、スーパーでのサービス …

お盆の思い出。懐かしの駄菓子ストロー寒天を発見した従兄弟から、メールが来る。

あなたはストロー寒天という駄菓子を ご存じでしょうか。 ストローの中に色つき(赤 …

長嶋茂雄さん「人生は習慣の織物である」。アナウンサー中井美穂さんが30歳の時に贈った色紙の言葉。

2016年7月30日読売新聞に、 第22回口腔保健シンポジウムの様子が 2ページ …