亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

   

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。

友人、知人、肉親の方が、
人となりを語っていらっしゃいます。

その中に藤村俊二さんは、
下着は一度着たら捨てる。
ホテルでそうしたら、捨てた下着が戻ってきた
といったエピソードが紹介されていました。

ここから知人と、
どれくらい下着を使い続けるか
など下着の話をしました。

知人は結構早く下着は変えてしまうそう。
使い古した下着はぞうきんや台所の油モノを
吸わせるのに使ったあと、処分するんだとか。

自分の場合、結構長く使う方。
洗濯後の下着を見た母があまりにも
みっともないからと、こっそりと
捨てるなんてこともあるぐらい。

知人は、大きな商談とかプレゼンなど
ここ一番という日は、朝風呂に入り、
新しい下着を身につけていくのだそう。

わが家のご先祖様は、商売をしていたので、
昔から験担ぎというか、運気には
気を遣っていました。

運気をあげることはもちろんですが、
運気を下げることはしてはならないと。

その運気を下げることの一つが、
古いくたびれた下着を使い続けるです。

身につけずとも、捨てないまま
タンス、ロッカーに、古い下着が
たまっていると、持ち主や家族の
幸運を奪っていく。

そう信じていました。

けばだったり、端がほつれたり、
またうすぼんやりと色が変わったりなどする前に、
下着としてではなく、知人のように、
別の用途で使って、モノの命を
全うさせてあげるということが重要と。

知人との会話があった日、
家に帰り、下着を入れたタンスの
引き出しをあけました。

うーん、どう見ても古びた下着がいくつも。
中にはゴムの部分がほころびているモノも。

これはまずい。

めについたものを取り出し、
汚れとり用として、ハサミで小さく
切り分けました。

そうそう、知人はかなり重要な時に
きまって着る下着があるとのこと。

それは赤の下着。
体を温め、体を活活性化してくれるとのこと。

自分も見習って買ってみますか。

まさに「運気アップ(アガるインナー)」という
売り文句の赤い下着が。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

皇后陛下、81歳、半寿。天皇陛下と毎朝、スロージョギング。

2015年10月20日、 皇后陛下が81歳の誕生日を迎えられました。 今日の新聞 …

座りっぱなしは短命。それを防ぐのは、貧乏ゆすり。

毎日、机の前に座るという仕事。 ホワイトカラーの人の多くは、 座っている時間が多 …

筍のアクの取り方。「雨後の筍」の意味をご存じ? 長年の常識でも、なぜと問い続けよと高齢の知合い。

筍を口にすることが多い季節です。 あなたはお好きですか? 先日、高齢の知合いの人 …

歌手の庄野真代さん。病室で記した「やり残しリスト」。

朝日新聞の中高年世代を対象にしたページの 中にある「(Reライフ)人生充実」とい …

あなたの骨密度、血管年齢は? 血管が、実年齢+30歳と言われ、わなないた知人。

2015年7月5日、朝刊のチラシに、 「骨密度 血管年齢 測定会」というものが …

歯、目、耳の総点検。かめなくなると、見えにくくなると、そして聞こえにくくなると認知症発症確率は激増。

何年か前、60歳を迎えたイタリア人の友人。 それを機にかなりのお金をかけたことが …

ホンダが、定年を65歳に延長へ。定年延長すれば60歳以下はさらに厳しい環境に?

最近、60歳を迎えられた先輩がいます。 大きな会社にずっと勤務。 誕生月の末で定 …

「爆買い」中国人でも買わない日本の土産はどんなもの? 中国人に贈らない方がよい日本の物とは。

会社、自宅が浅草橋、東日本橋周辺にあります。 以前からあった外国人向けのビジネス …

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。 キューバ革命から50年あまりにわたり …

高島屋が来日観光客向けに浴衣の着付けレンタルサービス。外国人の浴衣人気。

先日、ミラノ出身の21歳の大学生に会いました。 初来日の彼、東京の後、北海道に行 …