亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「運気が下がることをするな」。知人の古い下着の話で思い出したわが家の教え。

   

藤村俊二さんが先日、亡くなられました。

友人、知人、肉親の方が、
人となりを語っていらっしゃいます。

その中に藤村俊二さんは、
下着は一度着たら捨てる。
ホテルでそうしたら、捨てた下着が戻ってきた
といったエピソードが紹介されていました。

ここから知人と、
どれくらい下着を使い続けるか
など下着の話をしました。

知人は結構早く下着は変えてしまうそう。
使い古した下着はぞうきんや台所の油モノを
吸わせるのに使ったあと、処分するんだとか。

自分の場合、結構長く使う方。
洗濯後の下着を見た母があまりにも
みっともないからと、こっそりと
捨てるなんてこともあるぐらい。

知人は、大きな商談とかプレゼンなど
ここ一番という日は、朝風呂に入り、
新しい下着を身につけていくのだそう。

わが家のご先祖様は、商売をしていたので、
昔から験担ぎというか、運気には
気を遣っていました。

運気をあげることはもちろんですが、
運気を下げることはしてはならないと。

その運気を下げることの一つが、
古いくたびれた下着を使い続けるです。

身につけずとも、捨てないまま
タンス、ロッカーに、古い下着が
たまっていると、持ち主や家族の
幸運を奪っていく。

そう信じていました。

けばだったり、端がほつれたり、
またうすぼんやりと色が変わったりなどする前に、
下着としてではなく、知人のように、
別の用途で使って、モノの命を
全うさせてあげるということが重要と。

知人との会話があった日、
家に帰り、下着を入れたタンスの
引き出しをあけました。

うーん、どう見ても古びた下着がいくつも。
中にはゴムの部分がほころびているモノも。

これはまずい。

めについたものを取り出し、
汚れとり用として、ハサミで小さく
切り分けました。

そうそう、知人はかなり重要な時に
きまって着る下着があるとのこと。

それは赤の下着。
体を温め、体を活活性化してくれるとのこと。

自分も見習って買ってみますか。

まさに「運気アップ(アガるインナー)」という
売り文句の赤い下着が。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

言い訳をやめてみるとあなたはどうなるか。「お金が……」「時間が……」「あの人が……」。

ある年上の方。 現役時代はいつも仕事、時間に追われた 忙しい毎日を過ごしていたそ …

県庁所在地、言えますか? 森高千里の「ロックンロール県庁所在地」、埼玉県は? 大阪府都構想の住民投票、反対多数。

2015年5月17日、大阪府都構想の住民投票は、 反対が多数となり、否決されまし …

「老けない体をつくる生活習慣」。知人が実行しているのは、朝日を浴びる。納豆、早歩き。

年齢、時の経過は誰にも平等。 そのはずなんですが、 同じ年齢でも見た目は違います …

やっぱりすごい効果ありかも。足裏とふくらはぎマッサージ。

もうずいぶん昔になりますが、 近所のおじさん、おばさんから、 健康の秘訣として「 …

あなたの骨密度、血管年齢は? 血管が、実年齢+30歳と言われ、わなないた知人。

2015年7月5日、朝刊のチラシに、 「骨密度 血管年齢 測定会」というものが …

春は名札の季節? 知合いの高齢者が便利という連作先名札アイロンプリント。

小学校にあがるとき、制服やカバンはもちろん、 道具箱、体操着、教科書などなどに名 …

お盆の思い出。懐かしの駄菓子ストロー寒天を発見した従兄弟から、メールが来る。

あなたはストロー寒天という駄菓子を ご存じでしょうか。 ストローの中に色つき(赤 …

1日の歩行時間30分未満は糖尿病のリスク2割増。国立がんセンターが調査結果発表。モールウォーキング。

あなたは、1日どれくらい歩いていますか? 1日30分未満の方、要注意です。 糖尿 …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

日本人初の100メートル9秒台の桐生選手と自分の共通点。弱点は実は利点。

日本人で初めて男子100メートル走で 10秒の壁を破った桐生選手。 その快挙を伝 …