亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

   

知合いの故郷は長野県。

蔵がある代々続く農家です。

東京に住む知合いのもとに、
故郷に住む親御さんから、
荷物が届きました。

あけて見ると、
味噌と梅干しが入っていました。

味噌を入れた容器には、
10年前の日付が書かれてあったそうです。

その日付を見て、
不意に記憶が蘇ったといいます。

知人が10年前に帰省した時に、
一家親戚総出で仕込んだ
味噌だったんですね。

梅干しも下の日付は違っていましたが、
同じ年に漬けたモノ。

そうどちらも十年物ということになります。

ご飯を炊いて、味噌汁をこしらえて、
おかずは梅干しのみの朝食をとったとのこと。

懐かしい故郷、というより
まさに実家の味を堪能したのでした。

自然に故郷の両親のこと、
田んぼ・畑のことなどを
考えたといいます。

十年前は元気だったご両親。
十年の間に、お母さんは亡くなり、
お父さんも小さく老いてしまいました。

お子さんはみな、
都会や長野の他の市町村で
暮らしているため、
広い家にはお父さん1人。

1人になってからも、
米作りは近所の親戚の力を借りながら
続けていますが、味噌造りも
梅干しを漬けるのも止めたんだそう。

家で使う味噌はずっと自家製。
古いものから順に使います。

けれど一緒に暮らす家族が少なくなったので、
味噌はちっとも減りません。

それでも毎日毎日、少しずつでも使い続け、
2017年の冬、ようやく10年前まで
来たんですね。

知合いは、それを悟りました。
そしてこらから将来のことに
思いをはせたといいます。

80代半ばのお父さん。
あと何年、元気で米を作り続けることが
出来るだろうか。

もう味噌は造っていないので、
後は仕込んだ分を消費するのみ。

お父さんは、亡くなるまで、
おそらく自家製味噌を食べ続けることが
できるだろうけれど、自分たちは、いつか
親が残してくれた自家製味噌を
食べ尽くす日がきてしまう。

そんなことを考えているうちに、
味噌以外の塩味を感じてしまったと言います。

話を聞いている内に、
こちらもぐっと胸が詰まって
返事もできなくなってしまいました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

町内のお稲荷様の初午祭。町会からお赤飯をいただく。初午詣で。落語「明烏(あけがらす)」。

2016年2月19日、お昼ご飯を家で食べていたら、 町会の人が訪ねてきました。 …

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

形見分けというのは、 本人が亡くなった後、遺品を遺族、 親戚などが分け合うという …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

残念。村上春樹さん、2015年ノーベル文学賞を逃す。ベラルーシのスヴェトラーナさんに栄冠。

村上春樹さん、 2015年ノーベル文学賞を逃しました。 先ほどスウェーデン・アカ …

知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

あなたは、知らない場所に行くとき、 スマートフォンの地図アプリを使いますか? 昔 …

熱中症の診療指針を初めてまとめる。日本救急学会。予防・治療には0.1~0.2%の食塩水を飲むこと。

ゴールデンウィーク。 東京は日差しが夏のようでした。 すでに北海道などで真夏日の …

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

すでに2週間ほど前の話題となります。 2015年4月16日、アメリカの雑誌TIM …

岐阜の伯母からお別れ会のお知らせ。

岐阜に住む母の姉すなわち伯母から 先日、母に電話がありました。 秋になって気候が …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …