亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ずるい? 機械で筋肉アップ。知合いが通うのはスポーツクラブではなく整骨院。

   

年を取ればとるほど
重要になってくるのが筋肉。

なにもしないと衰える一方。
けれど鍛えれば、何歳になっても
筋力はつく。

自分もそれを信じて、毎日スクワットを
始めとした運動を実行しています。

知合いの男性。
先日、会って近況について
話していたら、お腹の脂肪がとれ、
腹筋が感じられ、しかも脚の筋肉も
ついてきたというではないですか。

思わずなにをやっているのか、
尋ねました。

自分のように家でトレーニングを
しているのか、それともスポーツクラブに
通って、指導を受けているのか?

答えは全く違いました。

週に1度もしくは2度、整骨院に通っているのでした。

そもそもそこは鍼灸も行なっているところ。
ずいぶん前に、骨折か捻挫かで、訪れて以来、
凝り解消のために月に一度、定期的に通っていたそう。

あるとき、そこの先生に、筋肉が落ちてきて
といった悩みを打ち明けたところ、
うちでは、運動をしたのと同じような効果がある
機械をずいぶん以前から導入しているとの答えが。

以前から、家庭用やダイエット、美容用に
販売されている機械は知っていて、
周囲にそうした機械を購入したこともある人も。
けれどうさんくさいと思って、手は出さなかったと。

そこの先生によれば、その機械は、
自分のところや医療機関などで、
骨折、手術などの入院で筋力が落ちたり、
体が動かせない人のリハビリ、治療の
一環で、使われているものなんだとか。

週に一度、20分~30分、その機械にかかる。
かかっている間はたんに寝ているだけ。
しかしお腹の中から筋肉が動かされている感じが
するんだとか。

3ヶ月ほどで自分で体感できる効果が出ると聞いて、
試してみることに。
1回の料金は3000円ほど(回数券もあり、
それだと1割ほど安くなるらしい)

鍼灸治療に加え、その機械の治療を始めて、
この2月が4ヶ月目。
すでに1ヶ月目から、筋肉がつき、
以前に比べ、筋力があがったことを
普段の歩行、階段の上り下りなどで実感したとか。

それが嬉しくなり、自宅でも運動を少し
するようになり、筋力アップが加速したとも。

「自分でも機械で楽にお金をかけて筋力をつける
というのは、ずるい気もするけれど……」
と知合いは言います。

3ヶ月だと、週に1回でも12回となり、
3万円を超える費用がかかります。

せっかくの筋肉・筋力も、
生活自体を改めず、
運動をしないと、また元通り。

知人は、もう少し続けるとのこと。

機械で、きっかけとある程度の効果をもらった
ととらえ、日常の中でも筋肉を落とさないよう
運動をしようと思わせてくれたと
知人は評価しているとのこと。

まだ自分自身は効果を信じられていないのですが、
本物なら文明の利器を利用してみてもいいかなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母がロッカーを整理してみたら、1万円の旅行券が3枚……。整理のご褒美でも記憶の衰えを嘆く母。

大掃除の季節ですね。 わが家はずいぶん前から、 不要なものを捨て、家の中を すっ …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

猫、犬などのペット問題。自分が亡き後、どうするか? 万が一の時のための互助組織、サービス。

知合いの同年代の女性。 どちらも高齢の犬と猫を飼っています。 少し前、その彼女の …

東日本大震災で被災した歌手・クミコさん。心を溶かした場所と言葉は。

「広い川の岸辺」がロングヒットしている歌手のクミコさん。 東北の被災地でのコンサ …

元アナウンサー・山川静夫さん。「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」とは?

10回にわたり朝日新聞夕刊に掲載されていた 山川静夫さんのインタビュー。 最終回 …

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「年俸」の読み方は?

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「減俸」は、給料が減ること。 その反対は …

しばらくぶりの知人・友人の名前が出てこない……。ついにきたか。歯で名前を覚えている歯科医。

あなたは、しばらくびりにあった 知人・取引先の名前を 呼びかけることができますか …

「琴安倍も、私情により引退した」。私情の使い方。「私情により欠席」、使いますか?

2015年5月8日、日刊スポーツの記事の 中で気になった表現・言葉が出てきました …

同い年の友達に去年、赤ちゃんが誕生。涙ぐましい努力。妊活は温活に似ている。

昔は毎日のように会っていたものの、 最近は疎遠となっていた同い年の友達。 先日、 …

夢実現ノート。言語化、視覚化の効果。旅の思い出ノート作りの記事を読んで。

今朝、2016年9月19日の毎日新聞の 《くらしナビ スローライフ》は、 《旅の …