亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「マラソンは根性では走れません」。東京マラソンを完走した知人の科学的なトレーニング、レース計画。

      2017/02/28

2017年2月27日、東京マラソンが行なわれました。

自宅はコースにぐるりと囲まれています。
歩いて1分もかからないところがマラソンコース。
行きと帰り、2度見ることができます。
さらに10分弱、両国橋を渡って
清澄通りまでいけば、これまた往復2度、選手を
見ることができるのです。

なのに家でじっとテレビ観戦していました。

何人かの取引先や知人が出場しました。
すべての人を確認した訳ではないのですが、
そのうちの1人が、無事、完走したことがわかりました。

事前の目標タイムも上回っていたとのこと。

共通の知合いがメールで速報。
その後、本人からやはりメールで
結果と応援の御礼が届きました。
お祝いのメールを送りました。

その方と以前、このマラソンについて
話したことがあるのですが、その時に
印象に残った言葉があります。

それは精神論・根性論の否定。

昨日もテレビの解説で、
「最後、どれだけ粘れるかです」なんて
根性論・精神論が出てきていますが、
そうした考え方をあっさり否定しています。

「マラソンは根性では走れません」
とはっきり言っていました。

知合いは単なる市民ランナーですけれど、
ともかく「最後は根性を入れて」とか、
「気合いで」といった言葉が大嫌い。

レースで根性や気合いをだした瞬間、
それは自分のレースの取り組みが
失敗したことを意味するのだと。

2017年2月27日、東京マラソン、
42.195キロを〇時間〇分で走る。

そう決めたら、それが実現するための計画を立てる。
その計画の中には「根性・気合い」は入っていません。

3ヶ月ほど前から、トレーニングメニューを決め、
それを着実に実行。
実際に自分の走力を計測し、目標とのずれを認識し、
トレーニングを修正。
それを実行し、結果を測定。そこからさらに……と
続いていきます。

走ることだけでなく、食事面などでも準備。

知合いは、カーボ・ローディングという糖質を事前にとる
というやり方をとっていないそう。
詳しくはわからないのですけれど、脂肪、アミノ酸を
うまく代謝し活用できるような食生活、事前準備をするとのこと。

こうした方法論を聞いていると、
一つのプロジェクトを成功に導くと言う意味で、
ビジネスと全く同じ。

PDCAサイクルという生産管理・品質管理の概念が
ありますが、それをマラソンにも応用していると。

《Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)》

いやー、マラソン・スポーツで、
このPDCAサイクルという言葉が出てくるとは
思いも寄らなかったので、驚いたのです。

こうしたサイクルの中で、記録・データというのは
とても重要になってくるのですが、今時は、
簡単にそうした情報・データを記録できる
スポーツ用の計測グッズがいろいろとあるんだそう。

そうした機器を利用しながら、スマートフォンで
日誌をつけ、トレーニングを積み重ねていくとのこと。

聞いていて、とても興味がわいてきました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

友達がついに靴下問題を解決。さらに進めてスティーブ・ジョブズ化?

服に関して、あなたのストレスに なっていることはありませんか。 自分の場合のそれ …

運動すると体重が減らなくても肝脂肪が減る―筑波大、男性肥満者169名を解析

筑波大学は2015年4月3日、 同大学の研究グループが、 「中高強度の身体活動量 …

広島カープの黒田博樹投手と男気。朝日新聞、耕論で「男気って」で特集。

ニューヨーク・ヤンキースの高額な報酬を捨て、 広島カープに復帰した黒田博樹投手。 …

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

知合いの故郷は長野県。 蔵がある代々続く農家です。 東京に住む知合いのもとに、 …

91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。 始めるきっかけは、映画「最高 …

夏木マリさんのご先祖様はフランス人? わが家の言い伝えも……。

家族の歴史を本人に代わって取材し 紹介するNHKの「ファミリーヒストリー」。 2 …

母の日を前に、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピーク。

2015年は5月10日が母の日。 カーネーションの花が花屋さんにあふれています。 …

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

先日、久しぶりにあった知合い。 日本酒の師匠ともいうべき方です。 新潟のご出身で …

話さず、呼び出し音で、互いの元気を確認。携帯も普及しておらず、通話料も高かった遠い昔の思い出。

2016年6月1日、朝日新聞の外報面に、 キューバの携帯電話事情が出ていました。 …

木の音を聞いたことがありますか? 新芽の季節。1年で一番、音を聞くのに適した時期。

新緑が美しい季節となりました。 この時期に思い出し、実行することがあります。 そ …