亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知合いが、泣きながら食べたコッペパン。思い出料理人。

   

昨日、2017年3月1日、
浅草橋の福井町通りを歩いていたら、
《コッペパンカフェ イコール》という
コッペパン専門店を見つけました。

以前、そこにあったのは、
カフェとマッサージ店。
いつの間にか変わったようです。

そういえば、少し前、近所の人が
こちらの卵焼きをはさんだコッペパンに
ついて話してくれた覚えが。

ここだったんだと確認しました。

今、この浅草橋のお店に限らず、
あちこちにコッペパンの専門店が出来て、
どこも人気があるみたいですね。

自分より少し年上の知合いが、
去年暮れ、やはり近所にコッペパンの
専門店が出来て、そこで家族が買って
きてくれたコッペパンを食べたときの
話をしてくれました。

土曜日のお昼、その方は自宅のリビングで、
テレビを見ながら、コッペパンにほおばった。

バターナイフで上から縦半分に切れ目を入れ、
バターではなく、マーガリンそして缶詰の
粒あんをたっぷりとはさんで、ほおばった。

飲み物はマグカップにはいったホットミルク。

がぶりとコッペパンにかぶりつく。
小麦粉の香りとマーガリンの油っぽさと、
粒あんの甘さ。

それらが一体となって、口の中からのどに
通り過ぎていく。

もう一口、次のパンを入れて、かんだら、
今度はホットミルクで流し込む。

食べていたら、なんだかボロボロと
涙が出てきたといいます。

小学校の時を強烈に思い出したと言います。

彼のお宅では、
お母さんも働いていて、
土曜日もいない。

半ドンの学校から帰ってきた昼は、
大抵、お母さんが置いていったコッペパン。

そこに自分でマーガリンを塗って、
あんこやジャムなどをさらにはさんで
小さなミルクパンでミルクを温めて、
一緒に食べていたんだそう。

そんな小学生の時の風景の記憶が
鮮やかに蘇ったといいます。

「自分でもなんで涙があふれてきたか
わからない」。

そう知人は言いました。

人によって違うと思いますが、
多くの人には、思い出の引き金となる
食べ物があるのではないでしょうか。

知人にとってのそれは、コッペパンだった。

そういえば数日前、フジテレビで
テレビ西日本制作の
《「こんな仕事があったんだ」2》
という番組が放送されました。
http://www.tnc.co.jp/wonderfuljob/

その中に、
《それぞれの記憶の中の“思い出の味”を再現する
「思い出料理人」の宗河美幸さん》が紹介されていました。
http://miyuki-cooking.com/

番組では、香川県の女性が、小さい頃、
父親に作ってもらった鮒料理「てっぱい」。

そして番組MCの博多華丸が、
小学生の頃に食べていた
今はもう無くなった福岡県民プール前に
出ていたワゴン車で売っていたホットドッグ。

この2つを再現していました。

「てっぱい」は、香川県に多いため池に生息する鮒を
薄切りにして塩をして、短冊にした大根、人参と一緒に
酢味噌であえた料理。

宗河さんは、依頼人の娘さんの話を聞き、
一緒に地元のスーパーを回りながら、
お父さんが使っていたであろう味噌を探したり、
鮒を取り寄せたりして、何度も試作を繰り返して、
思い出の料理を再現していました。

ホットドッグの方は、華丸が覚えている
細長い真っ赤なソーセージは、
今はもう作られていないので、メーカーに
特注してつくってもらっったとか。
(このホットドッグのパンはコッペパンのよう)

香川県の女性も華丸も、再現してもらった
料理を食べると、涙をあふれさせ感激していたのが、
とても印象的でした。

食べ物の思い出というのは、
人間の本能に訴えるところがあるようです。

そういえば、小説が原作の
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388334
「鴨川食堂」というドラマが、
1年ほど前にNHKーBSプレミアムで放送されました。
http://www.nhk.or.jp/pd/kamogawa/
これも思い出の味を捜す、再現する
という料理人の物語でした。

これも思い出の料理の再現を頼む
依頼人にとても共感するドラマでした。


ドラマの時は、鴨川流に、
そして今回の番組だったら、宗河さんに、
何を依頼するかなーと思って見ていました。

あなたが再現してもらいたい料理は何ですか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手作り豆腐に凝っている知合い。今年は大豆も自分でと張り切る。

お豆腐、お好きですか? 大好きですが、 知合いに言わせると、 買った豆腐を食べて …

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

あなたは、 「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」) という …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。green card~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 green card グリーンカー …

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

還暦を過ぎた知人。 何年か前にスマートフォンデビューをして、 今ではすっかり使い …

家庭内の投票の秘密。夫と妻、親など家族のの投票先を知っていますか?

明日、2017年10月22日は衆議院選挙ですね。 全国的に天気が悪い予想が出てお …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …

代官山モトベロの電動アシスト自転車「BESV PS-1」に人だかりが出来ていた訳。

先日、東京の代官山T-SITEプロジェクト内にある 電動アシスト自転車専門店モト …

菊見、菊見酒。菊祭り。父の菊作りから知った一輪を愛でるまでの手間と苦労。

先日、浅草の仲見世の近くに行ったとき、 浅草寺で毎年恒例の「浅草菊花展」が 開催 …