亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

マスク嫌いの知人がマスクを常時着用するように。なぜ? マスク健康法、ダイエット?

   

あなたは、普段マスクをつけていますか?

自分はほとんどしていません。
そういう習慣がないというのが大きな理由です。

同じようにつける習慣のなかった知人が
少し前からマスクを常時つけるようになりました。

なぜなのか?

かかりつけのお医者さんに勧められたから
というのが一番大きな理由のようですが、
さらにある本を読んだのがきっかけとか。

医師から言われたのは、
花粉症などのアレルギーに関しては、
できるだけ花粉などのアレルゲンとなる
物質を取り込まないことが大切。
そのためには、マスクが重要な要素を果たすと。

花粉症の症状に関しては、
減感作療法や薬でかなり症状が
抑えられ、楽になったとのこと。

アレルゲンとなるものを減らすと、
症状は軽くなり、それに伴い
薬の量も減らすことが出来ると。

もう一つのきっかけとなったのは、
知合いよりもむしろ奥さんが
その友人から教えてもらった本だそう。

かなりの微粒子まで防御できる
高機能マスクを長時間着用することで、
呼吸するのに負荷をかけ、
呼吸機能を鍛えるという方法だそう。

高機能マスクは性能がいいのですが、
それで呼吸をするとなると、負荷がかかる。
その負荷が呼吸機能を高める
トレーニングになるとのこと。

知人の奥さんは、マスクで呼吸機能を高め、
それによりダイエットできるということで、
この高機能マスクに着目したようです。

知人は、呼吸機能が高まることで、
体全体に酸素が行き渡るというところに
ひかれたようです。

それぞれ着目点は違いますが、
とまかくもマスクを着用。
試したんですね。

まだ初めて、時間はたっていないのですが、
実感している効果は、
歩いても疲れにくくなったということ。
ただ体重の変化はほとんどないみたいです。

5月ころまでは続けたいとのこと。
その時には少し体重も減っているかもしれません。

〇夜は小林製薬の濡れマスクを着用。
最近、ほかのメーカーから似たようなマスクが
より安く売り出されたとのこと。
朝起きた時、のどの痛さがなくなったとか。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか? 私は知らないのですけれど、 今日、友 …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

「地の塩、世の光」。学校の教え(スクール・モットー)をもとに、毎週1度老人ホームでピアノ演奏のボランティアをする知合い。

ひょんなことから、 ご自宅で塾をしている知合いが、 わが家に来ることになりました …

「40代は急に止まれない」その理由は? 恐ろしい大腿四頭筋の衰え。あなたは? 「緊急体力チェック」。中居正広さんは失格。

今からずいぶん前ですが、 20年ぶりくらいにスキーをしました。 数本、難易度の低 …

「一日一葉」。毎日、何を撮影するのか被写体を選ぶのが楽しみという高齢の女性。

以前、毎日、写真俳句を作っている という高齢の方の話を書きました。 写真俳句は、 …

筋肉は何歳からでも鍛えられる。銭湯友達が100均で夏前に買ったものとは?

行きつけの銭湯にいつもより 早い時間に行ったら、 以前、良く銭湯友達にあいました …

テレビを長く見ると、死亡リスク増と大阪大学の研究チームが発表。1日5時間以上は……。

年を重ねれば、テレビの視聴時間は長くなる。 そんな調査結果をみた覚えがあります。 …

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

顔は実は相当、凝っている。顔凝りほぐしの勧め。

肩、腕、背中、腰、足の凝り。 悩んでいる方、多いと思います。 かくいう自分もそう …