亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

マスク嫌いの知人がマスクを常時着用するように。なぜ? マスク健康法、ダイエット?

   

あなたは、普段マスクをつけていますか?

自分はほとんどしていません。
そういう習慣がないというのが大きな理由です。

同じようにつける習慣のなかった知人が
少し前からマスクを常時つけるようになりました。

なぜなのか?

かかりつけのお医者さんに勧められたから
というのが一番大きな理由のようですが、
さらにある本を読んだのがきっかけとか。

医師から言われたのは、
花粉症などのアレルギーに関しては、
できるだけ花粉などのアレルゲンとなる
物質を取り込まないことが大切。
そのためには、マスクが重要な要素を果たすと。

花粉症の症状に関しては、
減感作療法や薬でかなり症状が
抑えられ、楽になったとのこと。

アレルゲンとなるものを減らすと、
症状は軽くなり、それに伴い
薬の量も減らすことが出来ると。

もう一つのきっかけとなったのは、
知合いよりもむしろ奥さんが
その友人から教えてもらった本だそう。

かなりの微粒子まで防御できる
高機能マスクを長時間着用することで、
呼吸するのに負荷をかけ、
呼吸機能を鍛えるという方法だそう。

高機能マスクは性能がいいのですが、
それで呼吸をするとなると、負荷がかかる。
その負荷が呼吸機能を高める
トレーニングになるとのこと。

知人の奥さんは、マスクで呼吸機能を高め、
それによりダイエットできるということで、
この高機能マスクに着目したようです。

知人は、呼吸機能が高まることで、
体全体に酸素が行き渡るというところに
ひかれたようです。

それぞれ着目点は違いますが、
とまかくもマスクを着用。
試したんですね。

まだ初めて、時間はたっていないのですが、
実感している効果は、
歩いても疲れにくくなったということ。
ただ体重の変化はほとんどないみたいです。

5月ころまでは続けたいとのこと。
その時には少し体重も減っているかもしれません。

〇夜は小林製薬の濡れマスクを着用。
最近、ほかのメーカーから似たようなマスクが
より安く売り出されたとのこと。
朝起きた時、のどの痛さがなくなったとか。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

災害時仕様のバッグの中身。知合いの高齢者の工夫。

東日本大震災の後、しばらく、 外出する時に、災害にあっても困らないように、 様々 …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

トルストイ「人にはどれほどの土地がいるか」。豊臣秀吉「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」。

小さい時によく見た夢の1つ。 次のようなものです。 きれいな水が流れる小川。 よ …

熱中症の診療指針を初めてまとめる。日本救急学会。予防・治療には0.1~0.2%の食塩水を飲むこと。

ゴールデンウィーク。 東京は日差しが夏のようでした。 すでに北海道などで真夏日の …

空に泳がぬこいのぼり。かわいい五月人形。

5月5日、子どもの日、端午の節句。 街中なので、ご近所に鯉のぼりは 空には泳いで …

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

ついこの間、定年になった と思っていた知合い。 先日、あったらもう65歳だそう。 …

「猫用おやつが売れている訳は何だと思う」。知人が自分に聞いた訳は?

つい先日、知人と会ったとき、 こんなことを尋ねられました。 「猫用おやつが売れて …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

真夏時の外回りの営業マン、タクシー運転手のリフレッシュ方法とは?

2017年8月9日、東京は37.1度と 今年の夏一番の暑さでした。 用事があり朝 …

健康寿命をのばすカギは「庭」? ガーデンセラピー。心身を癒やす自然療法。

先日、近所の家の方が、 夏に向けて、苗を植えていた とのエントリーを書きました。 …