亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母の故郷から送ってきた初よもぎの草餅。若草摘み。桑の実。

   

昼休みに家に戻り、リビングに行ったら、
母が、
「岐阜から草餅が届いたわよ」
と、緑色に染まったパックを見せてくれました。

母の故郷に住む弟のお嫁さんが
送ってくれたものです。

市販のそれではなく、ヨモギはもちろん、
あんこも手作りしたものです。

ヨモギは、故郷の実家から少し離れた川の
河原・土手に萌えた今年の初ヨモギ。

その年に出た若芽だけを摘むと、
まさに若草色で柔らかく香り高い
草餅にしあがるんだそう。

濃いめの緑茶を入れ、草餅を頂きながら、
母が故郷にいた頃の春の若草摘みの話を
聞きました。

母の実家は岐阜の市内、街中ですが、
それでも当時は、ほんの少し郊外に出れば、
田んぼ、畑があり、また川の土手もコンクリートに
覆われておらず土だったので、春先になると、
様々な野草がとれたとか。

母はそのお母さんや兄弟達と連れだって、
若草摘みに出かけ、とれたつくし、ヨモギを
卵とじ、草餅にして、食べたそう。

娯楽の少なかった時代、この時期の若草摘みは、
家族にとっての一つの実益を兼ねた
リクリエーションでもあったとか。

この初春の時期の若草摘みの後、
初夏、6月の梅雨入り前の頃には、
桑畑の桑の実を食べるのが楽しみだったそう。

童謡 「赤とんぼ」 の中にも、
「山の畑の 桑の実を 小篭に摘んだは まぼろしか」
と出てきますね。

今、桑の実はマルベリーなどと言われ、
抗酸化作用があるなんてもてはやされたりしている
そうですけれど、母の小さい頃は、食べてはいけない
と親に言われていたとか。

このため親に隠れてこっそりと食べたそう。
しかしあの紫色が舌や服などについてしまうので、
一発で食べたことがばれてしまい、叱られたとも。

昔のことを語る母はなんだか楽しそう。

貧しかったけれど、豊かな体験が
できた時代だったのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

隅田川にカピバラ? 黒柳徹子さんが「世界ふしぎ発見」で発言。ヌートリア、マスクラット。

カピバラという動物をご存じですか? 「ミズブタ」ともいい、ネズミ目カピバラ科。 …

アルツハイマー病の予防効果があるMIND食って何? アメリカの研究チームが発表。

認知症予防にカレーが良い、 ココナッツオイルがよい などと言われています。 認知 …

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

あのプチプチが認知症予防・進行を遅らせるのに効果? 楽しみながらリハビリ「脳活!暇つぶシート 」。

割れ物などを送るときに 包んで割れるのを防ぐ気泡シート。 一般にはプチプチなんて …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

最近、広い空を見ていない。湘南に行って富士山と海と空を見てきました。

毎日、パソコン、タブレットなどの画面を 見続けることが多く、疲れ目、眼精疲労です …

心太には鰹だしという高知県。多様性と柔軟性を学んだ大学1年の夏。

2018年8月、東京は雨続きで、 冷たい物より温かいものという気分です。 暑さが …

平城京に「破斯清通」とのペルシャ人の役人がいた。「波斯」(ペルシャ)の末裔(すえ)」。友達の家の言い伝え。

奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、 「破斯(はし)」という名字を持 …

素人ながら、知人が美術オークションに毎月、参加。会場がわが家の近くでびっくり。

バブルの頃、大量に買った絵画、彫刻類。 それらをどうにかしようと、 知人は、もう …

岐阜の高山の介護施設で3人死亡。怪我も相次ぐ。母が同級生を心配して連絡したら……。

新聞、テレビで詳しく伝えられていますが、 岐阜県高山市の介護老人保健施設で、 7 …