亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母の故郷から送ってきた初よもぎの草餅。若草摘み。桑の実。

   

昼休みに家に戻り、リビングに行ったら、
母が、
「岐阜から草餅が届いたわよ」
と、緑色に染まったパックを見せてくれました。

母の故郷に住む弟のお嫁さんが
送ってくれたものです。

市販のそれではなく、ヨモギはもちろん、
あんこも手作りしたものです。

ヨモギは、故郷の実家から少し離れた川の
河原・土手に萌えた今年の初ヨモギ。

その年に出た若芽だけを摘むと、
まさに若草色で柔らかく香り高い
草餅にしあがるんだそう。

濃いめの緑茶を入れ、草餅を頂きながら、
母が故郷にいた頃の春の若草摘みの話を
聞きました。

母の実家は岐阜の市内、街中ですが、
それでも当時は、ほんの少し郊外に出れば、
田んぼ、畑があり、また川の土手もコンクリートに
覆われておらず土だったので、春先になると、
様々な野草がとれたとか。

母はそのお母さんや兄弟達と連れだって、
若草摘みに出かけ、とれたつくし、ヨモギを
卵とじ、草餅にして、食べたそう。

娯楽の少なかった時代、この時期の若草摘みは、
家族にとっての一つの実益を兼ねた
リクリエーションでもあったとか。

この初春の時期の若草摘みの後、
初夏、6月の梅雨入り前の頃には、
桑畑の桑の実を食べるのが楽しみだったそう。

童謡 「赤とんぼ」 の中にも、
「山の畑の 桑の実を 小篭に摘んだは まぼろしか」
と出てきますね。

今、桑の実はマルベリーなどと言われ、
抗酸化作用があるなんてもてはやされたりしている
そうですけれど、母の小さい頃は、食べてはいけない
と親に言われていたとか。

このため親に隠れてこっそりと食べたそう。
しかしあの紫色が舌や服などについてしまうので、
一発で食べたことがばれてしまい、叱られたとも。

昔のことを語る母はなんだか楽しそう。

貧しかったけれど、豊かな体験が
できた時代だったのかもしれません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

伊豆・宇佐美のペンションから、ホタル観賞のお誘いが来たが。

静岡県伊東市の宇佐美にあるペンション。 もう10年ほど前になりますが、 定期的に …

90歳近いのに、夏でも外を歩き回る叔母さんの元気のもとは、ミルク粥。

日曜日のお昼前、家にいたら、 勝手口のインターフォンが鳴りました。 誰だろうと思 …

出会いの春。凶という名前の方と知り合う。その命名の由来は?

4月、新年度。 出会いの季節です。 新たに多くの方と知り合いますね。 自己紹介し …

自分はどこで亡くなりたいか? 自宅それとも?

先日、ある病院に行ったときのこと。 80代とおぼしき女性二人が話をしていました。 …

月待ち、スーパームーンの中秋の名月、そしての後の月。三夜の月見。

2015年9月27日、明日は、旧暦の8月15日、 中秋の名月ですね。 東京地方は …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …

「おいど(お尻)をしめなさい」。元気、精気を逃がさず。心も安定。

先日、テレビを見ていたら、 京都の祇園が特集されていました。 (再放送) 新日本 …

「清水の舞台から飛び降りる」。これまで飛び降りた人は234人。「清水寺 成就院日記」発刊。

「清水の舞台から飛び降りる」 という言い回しがあります。 成功しないのはもともと …

定年後、エキストラに精を出す知合い。

先日、久しぶりに会った友達。 大学生の息子さんが、あるテレビドラマの 最終回のエ …