亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知らない場所に行くのに、Googleマップ、Yahoo!地図などを利用しない知合い。その訳は荘子の「機心」。

   

あなたは、知らない場所に行くとき、
スマートフォンの地図アプリを使いますか?

昔は、新しい知らない場所に行くときは、
地図をコピーしたり、地図を片手に見ながら、
なんとかたどりついたものです。

今は、スマートフォンを片手に
その地図上の点を見て、それに従っている。

そんな方、多いのではないでしょうか?

取引先の知合い。
以前からもそうでしたが、
今もその信念を貫いていることを改めて知りました。

その信念とは、新たな場所に行くときに、
事前にスマホ、パソコンの地図で場所を
確かめるのはいいが、歩きながら地図を見ない。
案内ソフトは使わないというものです。

これは高校時代に漢文だか、倫理社会だかの
授業で習った荘子の「機心」が頭にずっと
残っているからなのだとか。

あなたは、「機心」(きしん)をご存じでしょうか?

辞書を引くと、次のように書かれています。

《機を見てはたらく心。また、はかりごとをめぐらす心。》
https://kotobank.jp/word/%E6%A9%9F%E5%BF%83-240838

そちらではなく、機械に頼る心という意味の方です。
中国の「荘子」が出典です。

孔子の弟子の子貢は、老人が井戸の中に入り、
甕で水をくんでいるのを見て、時代おくれと驚きます。

水をくみ畑に水をまくなら
「はね釣瓶」という便利な機械があるのです。

老人に尋ねた所、知ってはいるが、使わないと。

訳を聞いて心を揺さぶられたのです。

老人は次のように答えました。

「機械を使い出すと、必ず機械に頼る仕事が増える。
そうした仕事が増えると、頼る心=機心が生じ、
とらわれてしまう」。

荘子の「天地篇」の中に
「有機械者、必有機事。有機事者、必有機心」。
これは、
「機械あれば必ず機事あり、機事あれば必ず機心あり」
と読み下されます。

つい先月、日本小児科医会と日本医師会が発表した
ポスターに、
「スマホを使うほど、学力が低下する」
とのフレーズがあり、物議をかもしました。

上のフレーズが果たして事実なのかどうか、
まだ確定的に結論づけられません。

しかしスマートフォンに限らず、
様々な文明の利器は我々の生活に
大きなプラスをもたらしてくれる反面、
もしかしたらそれまで持っていた能力を
衰えさせるといったマイナスの面を
持っているのかもしれません。

古代中国の荘子の機心。

頭に入れて置いた方がよいのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

100歳のスイマー・長岡三重子さん。1500メートル自由形で世界初の完泳。1時間15分54秒39。

長岡三重子さんをご存じでしょうか? これまで何度もテレビ、新聞などで紹介されまし …

古希の祝い。記念の同窓会の人たちの会話を聞いて。

出張先で、ある中学の同窓会の方々が、 記念撮影を行っていました。 撮影が終わった …

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

「モノは言い訳できない」。モノを作る職人の心意気。からくり人形師・九代目玉屋庄兵衛さんの記事を読んで。

2016年5月22日、毎日新聞に、 からくり人形師・九代目玉屋庄兵衛さんの 記事 …

製麺機に負けた蕎麦打ち名人、次はコーヒー豆焙煎機に負ける?

以前、定年前後に始めた蕎麦打ちで、 「名人」と呼ばれるようになった知人が、 ヌー …

懐かしい。「昭和の消えた仕事図鑑」。赤帽、金魚売り、ポン菓子屋、ロボのパン。

自分が小さい頃、夏の暑い自分に、 近所を回ってきたのは、金魚売りでした。 たらい …

友達2人のお母さんたち。同時期に骨折で入院。退院後は施設に。

高齢者が家の中で脚を骨折し入院。 一人暮らしできなくなり、施設に。 そうした話を …

「頭と尻尾はくれてやれ」。近所に住んでいた株式の達人の教えてくれた相場格言を思い出す梅雨の夜。

「頭と尻尾はくれてやれ」。 この言い回しをご存じでしょうか? これは株式相場にま …

老朽化した自宅に住む親を介護付きマンションに体験入居させたら。温度差のない家は寿命を延ばす。

同年代の知り合いと、先日、 雑談していたら、親の話に。 実家は、その知り合いが中 …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …