亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

年配の知り合いが、かかりつけの医師から飲むように言われた意外なものとは?

   

年配の知り合いが、
先日、かかりつけのお医者さんのところに。

持病があり、定期的に通院し、
診察をしてもらい、薬を処方してもらっています。

先日、訪れたときに、
「最近、咳に痰がからまりやすくなって……」
と相談しました。

お医者さんは、手の甲を指でつまんだり、
脇、膝など全身をくまなく、触診した後、
一日の食事、飲み物の量、小水の回数、量を
尋ねた後、次のように言ったとか。

あなたはどんなことを言われたと思いますか?

「脱水症状気味ですね。少しずつで
いいので水をこまめに飲んでください。
お茶、珈琲、紅茶、牛乳、
ジュースではなくお水を飲んでください」

脱水気味かどうか、簡単に確かめる方法の一つ。

それが、手の甲の皮膚を指でつまんで、
ゆっくりとすぐに戻るかどうか調べる方法。

戻らないようだと脱水気味。

また知り合いが訴えた痰が絡むというのも
脱水症状の一つとか。

高齢者は、若い人に比べ、体の中の水分量が少なく、
また水分を保持する力が衰える。
またトイレに通うのを気にして、水分を控える傾向にある。
またのどの渇きも感じにくくなるので、どうしても
水分補給が遅れがちになる。

また薬を飲んでいる高齢者は多いのですが、
その中には、利尿作用があるものもあり、
そうした薬を飲んでいる人は、より脱水症状の
危険性が増します。

自分は水分をとっている
と思っている年配の方も多いですが、
それが緑茶(コーヒーでも同様)の場合、
カフェインが含まれており、その利尿作用により、
水分補給としては十分でないことがあるそう。

なので、水をとる必要があるのですね。

知り合いのかかりつけのお医者さん曰く、
朝起きたら、水を飲む。
コーヒー、紅茶などを飲むときは、お冷やも一緒に。
外出前、帰宅したら水を補給。
小さなペットボトル(350ミリリットル)を持って外出。
お風呂前にコップ一杯の水。
寝る前にもコップ一杯の水。

コップ一杯の水を一気に飲むことが難しければ、
何回かに分けて、少しずつとる。
冷たすぎると体を冷やすので、常温。
もしくは湯冷ましでもよい。

〇水分が不足すると様々な不具合が起こる。
たとえば、熱中症、脳梗塞。

〇腎臓、心臓などに不具合があり、
医師から水分制限の指示がある場合は、
指示に従うこと。

厚生労働省のサイト、《「健康のため水を飲もう」推進運動》
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、木堂が演説は霜夜に松籟を聞く」とは?

2015年4月28日、読売新聞の編集手帳。 同紙に掲載された小学4年生の 「右側 …

タンパク質1日体重1キロあたり1グラム。高齢者はそれ以上。1日肉・魚など250グラム作戦。ロコモ予防。

高齢の母がいます。 かかりつけの先生から、 いろいろと医療知識を仕入れてきて、 …

挿架(そうか)、目片口(めかたくち)。最近、初めて出会った言葉。

昔、近所に国鉄を定年退職したおじさんがいました。 そこによく遊びに行っていたので …

小池都知事が新党「希望の党」立ち上げ、代表就任を表明。最後に残ったのは希望でした。「パンドラの箱」。

小池百合子東京都知事が2017年9月25日、 自らが党首となる新党「希望の党」の …

特製手帳リフィル1万枚を使い切った知合い。さて追加のリフィルを何枚、注文するか?

あなたは手帳をお使いですか? スケジュール、メモなどは 紙ではなく、スマートフォ …

玄関の鍵穴近くに貼り紙。「カギをお預かりしています」。一体、何が起こった?

ご近所に高齢のご夫婦二人暮らしの家庭があります。 長年の知合いです。 その旦那さ …

酢飯のカレー販売。くら寿司。薬味はガリ。何にカレーのルーをかける?

無添加寿司で知られるくら寿司。 寿司の他にラーメン、うな丼など いろいろなメニュ …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …